FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20181019164940c74.jpeg


本当に主に感謝します。
16日は夫を大学病院に連れて行かなくては
いかなくて、抜けられない教会の奉仕があり、
18日がお休みの日でこの日しかないと
思っていたら、

病気の姉もちょっと落ち着いて来ているので
若松の方に転院が決まり、なんと19日に
転院となったのだそうです。
主の導きと守りを感謝します。

姉は日曜日までいて、転院先にも
行くようです。
田舎の姉は、やはり看護師をしていただけあって
姉の足をマッサージしたり、オイルもワゼリンも
準備してきて爪切りまで準備してきていて
爪も切ってくれていました。

私は家もあけられないので
姪っ子に駅まで送ってもらい車の中で
色々話せました。
この姪っ子とも20~23年ぶりくらいの再開です。

病気お見舞いがいろんな人との
再会の時となりました。

折尾駅から博多へは乗ってるだけでつくのですが
博多バスターミナルへ移動するのがちょっと大変でした。
何しろ始めてですので何がどうなっているのか
???マークだらけでしたが、祈りつつ人に聞きつつ
ターミナルの中の長崎乗車口まて辿り着きました。

しかし、残念!ノンストップ便が2分前くらいに
出た後でした。
感謝します。
長崎空港回りに乗らないといけなくなってしまいました。
感謝です。
家に着いたのが10時過ぎになってしまいました。

しかし、本当に行って良かったです。
近いうちに、又転院した病院にも行けますように。
姉がイエス様を信じて癒されますように。
姉達と弟も救われ、なかなか会えない兄も救われ
癒され、解放され、天においても兄弟、姉妹と
なれますように。
スポンサーサイト

【2018/10/19 18:27】 | 未分類
トラックバック(0) |
20181019164940c74.jpeg


姉の病室で昔話に花を咲かせている
私たちに素晴らしい事がありました。
私たちには弟が一人いるのですが、
なかなか連絡も取れなくて
会ってもいませんでした。

田舎の姉には毎年、年賀状だけは
来ていたらしいですが今年は来なかったと
どうしていのかな?
元気なのかな?
と言うことになり、上の姉が電話してみると・・
いつもなかなか繋がらないのよねと言いながら
しばらくすると出ました。

弟も私たちが三人揃っている事に
びっくりして
「あんたらどうしたん?
何かあったん?」と・・・
姉の病気の事を知らせてなかったので・・・
それぞれ弟と話し、上の姉が自分の病気の事も
話してました。
11月になったら時間が取れるから来るような事を
言っていたそうです。

姉は辛い思いをしてますが
しかし姉の病気を通して兄妹を(姉と弟ですが)
会わせて下さいました。
姉が救われて癒されますように。

【2018/10/19 17:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
20181019164940c74.jpeg


それから、博多駅から折尾までJRで
産業医科大学病院の方へ向かいました。
12時ちょっと過ぎ病院へ到着。

しかし面会時間が1時からのため
姉が作って来てくれたお弁当を
病院のラウンジで食べて姉の為に祈って
病室に・・・

大変な病気なので覚悟して行ったのですが
とても痩せてはいましたけど、意外と元気で
目にも活力があり食事も完食したとの事で
嬉しいでした。

私が入って来た時、一瞬、○オ○が来ると
わかっているのに「母ちゃんが来た」と
思ったそうです。

それくらい私が亡くなった母に、似ているそうです。
しかし三人並べばそっくりで・・と言うことは
三人とも母に似ていると言うことです。

昔話に花が咲き、姉が笑い声を立てています。
まるで病気ではないようでした。
もともとおっとりした姉でしたが・・・


花の写真に、み言葉の書いてある
小冊子を2冊渡すと、これいいねと読んでいます。
本の好きな姉でしたから、これから読むたびに
主が働いて下さいますように。


イエス様の事を語り祈りました。
救いまでには至りませんでしたが
又、引き続き祈っていきます。





【2018/10/19 17:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
20181019164940c74.jpeg


昨日は一番上の姉が病気で入院していると聞き
田舎にいる姉と福岡の方へお見舞いに
行ってきました。

朝、7時過ぎに家を出て、高速バスで福岡へ
姉と博多駅の正面玄関で待ち合わせていたので
バスが10分くらい遅れて着いたので
待ち合わせ場所に急いで横断歩道を渡っていたら
突然「○オ○!」とわたしを呼ぶ声が・・・
えっ!と後がえると・・・
横の地下道から階段を上がってくる姉が・・

聞くと携帯を忘れて来て、私とどうやって
連絡を取ろうかと思ってバスの時刻をきいたら
少し遅れて着くと言われ・・・・
「神様!神様!」と神様に助けを求めて
階段を上がっていたら、目の前の横断歩道を
歩いている私を見つけ「○オ○!」と呼んだと・・

お互いに主に感謝しました。
田舎者のおばちゃん二人が迷わずに出会えました。




【2018/10/19 16:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
20181011084009b36.jpeg


聖書の中に

「私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。

もし、ことばで失敗をしない人がいたら、

その人は、からだ全体も

りっぱに制御できる完全な人です。」 ヤコブ 3 : 2


とあります。
本当に語る言葉によって失敗しやすいものです。
今朝、私も失敗してしまいました。

今朝、夫は朝食を5時にしました。
私が早天祈祷から帰ると
7時40分フレンチトーストを2枚食べてました。
8時30分又、御飯を食べようとして温めて欲しいと
言うのです。
その前に小さなケーキ三切れ食べています。

思わず「えっ!お父さん、もう3食目だよ。
食べることしか楽しみがない事わかるけど、
ちょつと、食べすぎだと思う」と言ってしまいました。

夫は「よかたっが!」と怒りましたが
私は心の中で「よかたっがと言ってもお腹を壊して
後始末をしなければならないのはこっちなんだけど・・・」と
心の中でつぶやいてしまいました。

言葉に敏感な夫なので、きっと私が言った
食べることしか楽しみがないのはわかるけどと言う言葉や
口に出さなくても私が心に思っている事を感じ取ったのだと
思います。

もっと違ういい方をしたら怒り出す事もなかったのだと
思います。
心をいつも主に向けておかなければ本当に失敗します。
主よ。まずすぐに感謝出来ますように。
そして必要な言葉を発することが出来ますように。



【2018/10/17 09:54】 | 未分類
トラックバック(0) |