FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
316C07EF-4E8E-4606-AEB0-76F20EA5BA58.jpeg


今日は主日礼拝。
朝から雨が降っていたのですが
「主よ。夫が礼拝に行く時、雨から守られますように」
と一言祈りました。

本当に感謝です。
行きも帰りも守られました。
車の乗り降りが守られました。
スポンサーサイト




【2020/07/12 13:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
5DD22538-76E2-4533-BF33-B98C230CF3A1.jpeg


『人はパンだけで生きるのではなく、
  神の口から出る一つ一つのことばによる。』
 と書いてある。」

           マタイの福音書4章4節



御霊に、つまり神に導かれて、
ユダの荒野に上って行かれたイエスは、
40日40夜断食をされました。

その後で、空腹を覚えられるのです。
おもしろいのは、
断食中ではなく、
40日40夜断食したあとで、
空腹を覚えられたことです。

もちろん、
断食中も空腹ではあったと思います。

しかし、断食した後が、
とても大切なのですね。

今は、もう天国に帰られましたが、
韓国の純福音教会の牧師で、
断食では、世界的にも有名であった
崔子実(趙 鏞基牧師の妻の母)牧師は
「断食の後は紳士淑女になりなさい」
といつも言われていました。

断食の後に、
神は多くのことを語られます。
その時に、多くの示しを受けるのです。

だから断食の後は、とても大切なのです。

だからこそ逆に、
断食の後に、
悪魔は私たちから
神のことばを奪うために、
誘惑をしてくるのです。

空腹を覚えておられたイエス・キリストに、
試みるものである悪魔は
近づいてきて言いました。

「あなたが神の子なら、
 この石がパンになるように命じなさい」

これは、
イエス・キリストにとっては誘惑でした。
なぜなら、
イエス・キリストが、
石に「パンになれ」と命じるなら、
即座に石はパンになるからです。
しかもこの時、
イエス・キリストは
空腹を覚えておられたのです。
そして、もう断食は終わったのです。

ところが、
イエスは悪魔に向かって、
こう答えて言われたのです。

「『人はパンだけで生きるのではなく、
  神の口から出る一つ一つの言葉による。』
 と書いてある。」

確かにパンは必要です。
この地上で生きていくためには、
パンがなくてはならないでしょう。
しかしパンだけで
生きているのではありません。

肉の糧であるパンよりも、
もっと大切なものがあるのです。

それは、神のことば、御言葉です。

神のことばが、
私たちを生かし、
生きる力を与え、
輝かせてくれるのです。

この時は、断食した後で、
まさに、神のことば、
御言葉を聞く時でした。

イエス・キリストは、
そのことを知っておられ、
肉の欲求ではなく、
一番大切なもの、霊の糧であり、
真に人を生かす神のことば、
つまり御言葉を選ばれ、求められたのです。


私たちも、
もし断食に導かれたなら、
断食した後を大切にしましょう。

一気にたくさん食べてしまって、
お腹を壊したり、
せっかく神さまが
あなたに語ろうとされている
大切な神のことばがあるのに、
それを見失い、
聞き落とさないようにしましょう。

悪魔であるサタンに
神のことばを
奪われないようにしましょう。

イエス・キリストにすがり、
聖霊の助けをいただいて、
断食の後は紳士淑女となって、
神のことば、御言葉に聞き入りましょう。

人はパンだけで生きるのではなく、
神の口から出る
一つ一つのことばによって生きるのだから。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/07/11 17:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
26E7D648-A4C6-4F78-97E4-0BE26BC65206.jpeg

4A13FDEA-B6ED-4A8D-93D6-6B26027BC86D.jpeg
「フウラン」風蘭


雨続きですが夫も私も元気です。
主に感謝です。

【2020/07/11 17:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
02ADED23-BEA4-4B8A-A066-E0FB3405F090.jpeg


イエスは、悪魔の試みを受けるため、

御霊に導かれて荒野に上って行かれた。

マタイの福音書4章1節



イエス・キリストは、30歳まで、
両親に仕え、大工として人々に仕えられました。

そして、30歳になったとき、
公生涯と呼ばれている本来の使命、
つまり福音を宣べ伝え、病をいやし、
サタンから人々を解放するという
神様の愛を伝える直接の奉仕へ入られました。

まず最初に、
バプテスマのヨハネから
バプテスマ、つまり洗礼を受け、
そして、最初に行かれたところは、
ユダの荒野でした。

なぜ荒野に行ったかというと、
悪魔の試み、つまり悪魔である
サタンの誘惑を受けるためでした。

しかも、御霊に導かれて行かれたのです。
つまり神さまに導かれて、
イエス・キリストは、荒野に、
悪魔の試み、誘惑を受けるために行かれたのです。

どうして、働きを始めるその前に
イエス・キリストは、荒野で悪魔の試みを
受けなければならなかったのでしょうか。

それはイエス・キリストが
私たち、人間の通る全ての道を通られるためでした。

悪魔はイエス・キリストが、
神さまの働きにつくのを妨害し妨げてきました。
何とかして、その使命を奪おうとしたのです。
神さまも悪魔に
イエスを誘惑することを許されました。

それは、私たち人間が皆、
必ず悪魔の試み、誘惑を受けるからです。

特に神様の働きをしようとする者は、
決して避けられません。
神さまは、イエス・キリストに
私たちの通る道を通させ、
私たちが悪魔に打ち勝つ者となるための道を、
まず作られ進んでいかれたのです。

イエス・キリストは
悪魔の試み、誘惑に勝利されました。

私たちも、
このイエス・キリストの後に
従っていくならば、
どのような悪魔の試み、誘惑にあおうとも
必ず勝利できるのです。

イエス・キリストが、あなたを愛しておられるからです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/07/11 17:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
1DD71E14-4168-4BEA-8678-CDDEAA465EF8.jpeg

92EBADC2-7BDC-4AEF-8422-24CCFDB1BF9E.jpeg

4A06B71F-C290-4670-8AD3-125ED6817E57.jpeg


雨が降り続いています。
あちこちで多くの被害が出ていますが
これ以上広がる事がないように。

雨あがりの花に蝶々が・・・
ポーチュラカという花だそうです。

【2020/07/11 16:57】 | 未分類
トラックバック(0) |