FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190424203819c64.jpeg


光はやみの中に輝いている。
やみはこれに打ち勝たなかった。
ヨハネの福音書1章5節

どんな小さな光でも、闇の中では輝きます。
その小さな光で周りを照らします。
闇は光には打ち勝てないのです。
光が必ず闇に勝利します。

私たちの人生にも真っ暗な闇の中を
歩いているように思える時があります。

でも、
イエス・キリストは光そのものです。
この方には命があり、この命は人の光なのです。

イエス・キリストという光を
あなたが心の中に持つ時、
あなたの心の中から、
そしてあなたの人生から闇は消えていきます。

人は罪という闇を持っていますが、
イエス・キリストは、
その私たちの罪という闇の身代わりになって
十字架にかかり、よみ、地獄に行き、
地獄の闇の力を打ち砕いて
復活され勝利されたのです。

ですから、
あなたも、
この方を信じて心にお迎えする時、
あなたの心にキリストという光が来られ、
勝利の人生が始まります。


「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト

【2019/04/24 20:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190418085250ee6.jpeg


私たちの主イエス・キリストと、

私たちの父なる神、

すなわち、私たちを愛し、

恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを

与えてくださった方ご自身が

あらゆる良いわざとことばとに進むよう、

あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。

II テサロニケ 2 : 16 ~ 17

今朝のデボーションより

【2019/04/24 17:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190424052237778.jpeg


行きなさい。あの人はわたしの名を、
異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運ぶ、
わたしの選びの器です。
            使徒の働き9章5節

光に照らされ倒れたサウロは、
何も見えなくなり、
人々がその手を引いて、
ダマスコへ連れて行きました。
彼は三日の間、目が見えず、
また飲み食いもしなませんでした。

主は、サウロの目を開き、
神の器として用いるために、
ダマスコにいたアナニヤという弟子に命じられます。
サウロを訪ね手を置いて祈りなさいと。
サウロは迫害者として有名だったので、
アナニヤはためらいますが、
主はこう言われました。
「行きなさい。
 あの人はわたしの名を、
 異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運ぶ、
 わたしの選びの器です。
 彼がわたしの名のために、
 どんなに苦しまなければならないかを、
 わたしは彼に示すつもりです」と。

そこでアナニヤは出かけて行って、
その家にはいり、
サウロの上に手を置いてこう言いました。
「兄弟サウロ。
 あなたが来る途中でお現われになった主イエスが、
 私を遣わされました。
 あなたが再び見えるようになり、
 聖霊に満たされるためです」
するとただちに、
サウロの目からうろこのような物が落ちて、
目が見えるようになり、
彼は立ち上がって、バプテスマを受け、食事をします。

元気づいた彼は、数日間、
ダマスコの弟子たちとともにいた後に、
ただちに、諸会堂で、
イエスは神の子であると宣べ伝え始めるのです。

サウロを用いるために、
ダマスコにいたアナニヤという弟子を、
主イエスは用いられました。

光を照らされた主は、
直接サウロに触れることが
お出来になりました。
しかし、
アナニヤを用いられたのです。

神様は、この時代にも、
直接ご自身を現すことはお出来になります。
しかし、
あなたを、
私を用いて、
人々にふれ、
イエス・キリストが
今も生きて働いておられ、
どんなにその人を愛しておられるかを
現してくださるのです。

何という恵みでしょうか。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/04/24 08:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190418085252e94.jpeg


今日はディサービスの日です。
いつもは私が何回、言ってもオムツを
「うるさい!いいってや!」と言い
取り換えるのを嫌がりますが
今朝は自分からかえるといい
取り換えました。

【2019/04/24 05:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
201904240522362c4.jpeg


彼が「主よ。あなたはどなたですか。」と言うと、
お答えがあった。
「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」
             使徒の働き9章5節

クリスチャンを捕らえ殺すことに賛成していたサウロは、
クリスチャン迫害に燃えてダマスコに向かいます。
ところが、その道の途中で光に照らされ、彼は地に倒れて
「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」
という声を聞きます。

彼が「主よ。あなたはどなたですか」と聞くと
「わたしはあなたが迫害しているイエスである」
と答えがありました。
この後、サウロは救われ、パウロと変えられて
イエス・キリストを全世界に宣べ伝える使徒となります。

この時、サウロが迫害していたのはクリスチャンでした。
ところが、主イエスは、
あなたが迫害しているイエスであると答えられました。
つまり、クリスチャンを迫害することは、
イエス・キリストを迫害していることなのです。
それはクリスチャンの中に、
イエス・キリストが生きておられるからです。

あなたがイエス・キリストを信じて心に迎える時、
イエス・キリストは
あなたの中に来られ、生きて働かれます。

イエス・キリストは
あなたと共に永遠にいてくださるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/04/24 05:24】 | 未分類
トラックバック(0) |