5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
夫の足元を見てびっくりした。
JRの仕事をしているころ、安全靴を履く時に
使っていた登山用の毛糸の靴下を履いていたから…
寒いの?と聞くと、「あゝ、これが暖かいから…」と
神様は本当に心も体も弱く弱くされているようだ。
男は弱さを見せるもんじゃない!と言っていた夫に
神様は弱さをみせ自分も弱い者である事を教えておられる。
人は自分の弱さを知り、どうにもできなくなって始めて
自分の傲慢さを知り、神様から離れて生きていた事を知り
神の愛に触れ、悔い改めがおき主を「我が主」としていく。
心も弱くされている夫はテレビをみながら涙を流している
本当に悲しい時苦しい時は、涙も出てこない。
泣くことで心の癒しも始まっている。
結婚当初、出航前に大きなお腹を抱え不安で涙ぐんだ私を見て
「漁師の妻が、泣くな!」と一喝された。
イエス・キリストを信じてからだんだん悲しい時より主の愛に
触れ、涙が流れる時の方が多くなってきたように思う。
イエス・キリストの深い深い十字架の愛に気づいた時
夫はどうするだろうか? 時が近づいている。
スポンサーサイト

【2013/01/31 09:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日は教会を出て、市民FMともう1軒いかなければならない所があり、
その用を済ませて家に帰った。まだ7時前だったと思う。
お腹がすいて待てなかったのか自分で卵焼きを作って食事の
真っ最中だった。「遅くなって ごめんなさい。」と言いつつ
急いでもう一品おかずを作り出した。
本当に変った。今迄なら怒るか、おかずを出しても食べなかった。
何も言わずに食べて普段どおりに話してくれる。
神様への感謝の気持ちと自分も教会に行くようになり
妻の私が教会で何をしているかがわかってきたからだと思う。
真に生きる目的が夫自身に開かれるように。
イエス様を愛し喜んで従えるように祈っている。

【2013/01/30 00:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日、ずいぶん咳こんでいた。
今インフルエンザが流行っている。気をつけなければ…今朝は咳も止まっていた感謝です。歳と共に体力も弱まってきた。特に病気をしてからは靴下を履いて寝るようになった。以前では考えられない事である。しかし主に期待して祈っている。
「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」二コリント5:17 肉体は滅びに向かっても、霊を日々新しくして下さる主に向かって祈ります。

【2013/01/29 09:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
日曜日には礼拝に行くと自分なりに決めているようで、今日は連絡を
入れなくても自分から来た。私が5時過ぎに家を出る時はまだ寝ていたので
どうかな?と思っていた。今日はメッセージからも、聖書の学びからも
イエス・キリストの十字架が語られた。聖書の学びから……
イエス・キリストが十字架にかかられ始めての言われた言は
「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分で
わからないのです。」と祈られたと……
この事を夫はどういう風に聞いただろうか?
自分のものとして受け取れたのだろうか?
主よ。イエス様の十字架の愛が深い愛が 霊の深い深い所に染み込んで
信じる者と、従う者となりますように。

【2013/01/28 05:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
礼拝に来るようになり、5ヶ月になろうとしている。
教会では、受洗できるようにと祈られている。
何が隔てているのか、招きの祈 救いの祈りになると、
するっと抜けていく感じだ。
しかし主はすでに捉えて下さっている。
焦る事なく主を信頼して 待ち望もう。

【2013/01/26 07:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日は安息日。
家事を済ませ、外出しなければならない用があり
「水道局に行って、買い物も済ませてきます。」と夫に
いい家を出た。お昼過ぎには帰る予定でいたのだが、
教会、西坂、水道局と行き、買い物をしていたら1時過ぎに
なってしまった。お腹すかしているだろうなと思いながら
怒鳴られるのを覚悟で「ただいま。遅くなってごめんなさい。」
と言うと、怒鳴ることなく黙っていた。
すぐ準備してお昼ご飯をだすと、いつもの感じで食べている。
本当に怒らなくなった。こっちが拍子抜けするくらい…
感謝です。

【2013/01/25 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
ついこの間まで、夫は私を呼ぶ時「おい!」と呼んでいた。
それで、以前飼っていたハムスターに夫が「おい!」と呼び
隣の部屋にいた私は自分を呼んだと勘違いして「はい。」と
返事したことがあり、私はハムスターのポーちゃんと同じレベルかい?
と笑った事があった。病気をして退院してきた頃から
「おい!」が「あんたは」とか「あんたさぁ」とかに変ったような
気がする。何故変ったかその心の変化はわからないけど
「おい!」と呼ばれるよりは「あんた」の方が柔らかい響きで入って
くるのでいいかな?

【2013/01/24 11:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
今年も殉教聖会が近づいてきた。
1997年2月5日に始めての殉教記念聖会が開かれ
今年で15回目?神様は真実なお方。
その時は私はまだ鹿児島にいたので「主よ。どうぞ
毎年来れますように。休みと費用を与えて下さい。と祈った。
神様は真実なるお方。それから毎年参加出来た。
夫も長崎に行きたいというと、何故か不思議に送り出してくれた。
本当に感謝している。2006年の12月に長崎教会に転会したので
2007年浦上天主堂で殉教記念聖会の時から長崎教会員として
奉仕させてもらっている。
昨年から西坂が開かれた。昨年は2月5日が日曜日だったので2月6日月曜日になった。
2月5日の西坂での殉教記念聖会夫も共に、喜びの声を、賛美の声をあげられますように。

【2013/01/23 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

殉教聖会が近づいてきた。
毎週礼拝に来ている夫は、殉教聖会の
事が語られているので心に残っていたのだろうか? 何かの番組で西坂の26聖人のレリーフをテレビで写し出していた。すると「あんなかに、子供も交じっているんやろ。」と…
「そう。12才、13才、16才と三人いる。その事を書いた殉教という本があるけど読んでみる?」と聞くと「ああ」という、本を出して家を出た。
夕方帰って「読んだ?」と聞いてみるとまだ全部は読んでいないがルドビゴ茨木少年の所までは読んだようだ。
本当に神様は不思議をなさる方。
神様の方法をもって近づいて来て下さる。この本を通して主は何を夫に語って下さるのだろうか。
又私達家族にとって夫が殉教の本を読むなんて「奇跡」と言えるよぅな出来事である。子供達もびっくりするだろう。神様は新しい事を次々としてくださる。感謝です。

【2013/01/22 08:59】 | 未分類
トラックバック(0) |

教会の方で、豆腐製品を扱っておられる方がいて皆さんから おからまんじゅうが凄く美味しいと聞いたので一度食べてみようと思い買って帰った。
レンジで温め夫にだして、「どぅお?」と聞くと「まあ、ダイエットの人にはいいだろうが俺はいつものスーパーの甘い方がいい」と…
思わず吹き出してしまった。夫にはダイエットしなければいけないという思いすらないようだ。散歩して体重を落とすしかない…でも確かに おからまんじゅうは美味しかった。
早く暖かくなり二人で散歩しながら、
賛美したり祈れたらいいなあ…
神様に不可能はない。祈っていこう…

【2013/01/21 08:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日チャペルコンサートがあり、非常に祝福の時でした。
朝、「コンサートにくる?」と言うと「いや、寒いからいかん」と....
教会でコンサートの準備をしながら何気なく会堂に目をやると、
アレッ!来てる。いつものソファーに座っていた。
主は思いをも変えてくださりコンサートに来れるようにして下った。
終わってからもいろんな人と話して楽しそうだった。
思いを変えて下さった主よ。心から感謝します。

【2013/01/20 09:49】 | 未分類
トラックバック(0) |

昨夜の献立は冷蔵庫の残り物を使って
シーチキンカレーとりんごとレーズンサラダ。子供達は何故かレーズンが大嫌い。何に入っていても絶対食べなかった。それが三人とも......
その事を夫に話すと笑いながら言った事がある。
「それは俺のせいかもしれない」と…聞くと小学生の頃、近くにレーズンの袋づめをしている所でアルバイト?をした事がある。そこの社長が「T。食べ
たかったら腹一杯食べていいんだぞ。
食べてからはじめろ。」と…
その時もう嫌だという程食べた。それが子供達に反映しているかな?と.....
小さい時から家族の助けをしていた夫です。

【2013/01/19 08:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日はお休みの日だった。
夫の髪が伸びて気になっていたので散髪する事にした。
すぐ入れるようにお風呂をわかして散髪を始めた。
夫が坊主頭であることに感謝。そうでなければ散髪など
できない。上手く刈れなかったけど良しとしておこう。
教会に行くようになり、顔つきも柔らかになり、坊主頭でも
怖くなくなったけど以前は、皆すれ違う人は避けて歩いていた。
教会にいるだけでどんどん柔和して下さってる主に感謝です。

【2013/01/18 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今月の月刊誌「雲の間にある虹」にS牧師夫人の証が出ていた。
以前長崎にいた方なので、夫も顔見知りの人なので、
「お父さん。ほら、この間結婚のため東京に行ったSさんの記事が
出ているよ。読んでみる?」と言うと素直に受け取り読んでいる。
まだ夫が船に乗っていた頃、出航前に荷物を準備する時、バッグの底に
み声新聞、月刊誌、聖書を気づかれないように入れていた。
帰ってきて「余計なものは入れるな!」と怒られた。
新聞と月刊誌は捨てたのだろうか?なかったがさすがに
聖書は捨てられなかったのだろう持ち帰っていた。
今、余計なものといった月刊誌を読んでいる。
聖書も自ら進んで読む時が近づいている。
神様のあわれみと愛に感謝です。

【2013/01/17 09:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝も、早い時間に朝食をとっています。
以前は私が早天祈祷に行く前に準備していくと
7時前後に食べていましたが脳梗塞を起こし退院してからは
早天祈祷に行く前に食べるようになりました。
早天から帰り朝食をとっている私の横で、夫はコーヒーとパンを
食べています。二度目の朝食?
太った原因のひとつかもしれません。若い時、仕事をしていた時は
丼でご飯を五杯は食べていたというのですから驚きです。
胃が大きくなっているのでしようか......
主よ。夫と共に早天祈祷に行き、共に祈り、共に聖書を読めますように。

【2013/01/16 08:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
教会の玄関に12月の末に生けた桜の枝?とカサブランカと水仙の花がまだまだ生き生きとしている。
よく見ると桜の蕾みたいなものが出てきて少し膨らんでいるのを見つけた。ただただ堅い枝と思っていたけど、こうして蕾がつくなんてびっくりです。この桜も教会の恵を受けて蕾が出てきたかな? 教会に対して硬かった夫が礼拝に来るょうになって柔らかな心になったょうに......

【2013/01/14 15:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日、娘が持ってきてくれたパンを
食べながら、夫が「これは美味しい。
おまえが買ってきたパンとは大違いだ」と... 私は「そりゃ!お父さんあの子が持って来るのは、ホテルパンだよ。私が買って来るのは¥147のパンだよ」と言うとゲラゲラ笑い出した。A、
美味しいパンをありがとう。



【2013/01/13 09:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日は非常に冷え込み寒い日だった。
しかし風は冷たかったが午後からは暖かい日差しが注がれていた。
病院へ行く日だったので二人でバスで出かけた。
いつも家ばかりの夫にとって寒くてもこうして外気にふれ
周りを見渡すことも気分転換となってとてもいいのでは…
診察の結果、又体重が増え、血圧も少し上がっていた。
医師が笑いながら、散歩に引っ張り出して下さいと言われた。
言っても動かない頑固な山をどうやって動かしましょうか?
少しずつでも散歩に行き体重も減りますよぅに。

【2013/01/12 15:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
娘がパンを持ってきてくれた。
私がちょうど電話があり話し中だったので、
娘もすぐ夫の所にいき二人でいろいろ話していた。
夫も嬉しそうだ。声が弾んでいる。
夫は何も言わないけど長女にも会いたいだろうなあ…
近いうちに長女も帰って来れますよぅに。

【2013/01/11 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
いつも家に居る夫にとってテレビは欠かせないもの。
夫と私は見たいものが違う…当然ではあるが又殆ど昼間は
私がいないので付けっ放しが多い。
共に見るものはNHKの朝の連続ドラマ、わたしは朝食をとりながら
(夫は私が早天祈祷に行く前にすませている)いろいろ教えられる事がある。
共感するものがもっともっとふえますよぅに。
特に共に聖書を読み、共に祈る事ができるよぅに。
この家に最初入った時、真っ白な壁を見ながら「ここで家庭礼拝ができたら
いいね。」と娘と話した…今は煙草のヤニで真っ黄色だけど…
神に不可能はない!共に聖書を読む時が、祈る時がきます。
主に期待して祈っています。

【2013/01/10 09:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
此の頃寒いといい殆んど散歩に行かなくなり体重が増え
ズボンが入らなくなった。靴下を履くのさえきつそうである。
お腹がつっかえて…とうとうLLサイズになってしまった。
体重の事は夫に大きな事は言えない私もそうだから…
殆んどバイクで移動している私も運動不足である。
家の中に大きいダルマと小さいダルマがふたつ?
早く暖かになり二人で散歩にいけますように…
神の言が深く深く入っていき注がれている十字架の愛のなかで
生かされている事に氣づきますように。

【2013/01/09 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
夕食
月曜礼拝が終わり後片付けを済ませて家に帰ってみると
珍しくまだ昼食を済ませていなかった。
いつもは私が遅い時はパンを食べていたり、昨夜の残り物を食べていたり
して済ませていた。大急ぎで準備をして昼食を出した。
3時から殉教聖会の為の祈があったので夕食の準備をする。
今日の夕食は頂いていた海苔があったので巻き寿司と高野豆腐のお煮付け。
高野豆腐はあまり使ったことがないけど食べてくれるかな?


追記を閉じる▲

【2013/01/08 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
月曜礼拝が終わり後片付けを済ませ家に帰ってみると
珍しくまだ昼食を食べていなかった。
いつもは私の帰りが遅い時はパンを食べたり昨夜の残り物を
食べて済ませていた。大急ぎで準備をして出した。
3時から殉教聖会の為の祈があるので夕食の準備に取りかかった。
今夜は頂き物の海苔があったので巻き寿司と高野豆腐のお煮付けにした。
高野豆腐はあまり使わないので食べるかな?

【2013/01/08 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日は第一礼拝が終わり電話すると起きていた。
気をつけて来てね。(礼拝に)というと「ああ」と返事があった
そして早目にきた。礼拝が終わり此の頃は聖書の学びを
せずに帰ってしまう。昨日も帰るというので「聖書の学びをして
帰ったら」と言うと、「いや、今日は帰る。足が痛くなる」と言う
まあ、今のとこは礼拝に一人でバスを使って来るだけでも良しかな?
慌てないで、神の時を待とう。
夜9時過ぎまで一人で過ごす夫を、主よ、守って下さい。

【2013/01/07 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
休暇で帰って来ていた息子が昨夜再び愛知へと向かった。
こころなしかさみしそう………
そりゃあそうだろう、男同士の話があるだろうし
スポーツの話だって私にはチンプンカンプンなのだから、
昨日も夫が言っていた「二人で(息子)テレビを見ていたらまぐろが
2億で競り落とされたと聞いて思わず顔を見合せた」と……
「俺らが乗っていた時、1千万で競り落とされたまぐろがあり
それでもびっくりしたが、まぐろが2億とは何かおかしくなっとる」と…
男同士でしかわからないことがあり、
二人にしかわからない船の世界がある。
主よ。男同士だけでなく皆で信仰の話ができますように。

【2013/01/06 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日、教会に来ている女子高生といろいろ話す時があり
家族の事をいろいろ話してくれた。そのなかで父親の話しになり
父親にとって娘は特別の存在だからと言うと、そうなんですか…
と言っていた。そして想い出した。
まだ私達が鹿児島にいた頃、高校卒業して長崎に来ていた次女から
父の日に手紙とプレゼントが届いた。その手紙を読んで「あいつから
こんな手紙を貰うなんて思わんかった」と涙ぐんでいた。
「見せて…」と言うと「いや、見せられん。これは俺の宝物だ」と
しまいこんだ。とても嬉しかったのだと思う
暫らくしてその事も忘れた頃、タンスの中を整理していたら
そのタンスの中の衣類の下にいれてあった。今一度
夫も次女も初めの愛に帰れますように。

【2013/01/05 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
息子とソフトバンクシヨップから帰って来ると
夫が「お前ら、何を買ってきたんか?」と言う。
アイパッドを買ってきた事を話し(とても安く手に入った)
息子が笑いながら、「おふくろ、このアイパッドをAがめっちゃ
欲しがって
いたから、持っていかれんようにせんと」と言うと、夫が
ゲラゲラ笑いながら、「そりやぁ、わからん?」と…
なかなか笑いが止まらない。おまけにカバーがピンクしかなくて…
実際的にはA向き、息子いわく「俺のも欲しがって、お兄ちゃん頂戴、貰って行っていい?」
「バカいえ!やらんぞ」と言ったと…
A、疑ったり笑ったりしている私達を許して……
私も欲しくて主に祈って安い値で(¥890)与えられた。Aあなたも
主に願って求めて……お父さんの事を祈った時みたいに…
主よ。Aにもアイパッドが与えられますように。

【2013/01/04 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝早く朝食を済ませて一寝入りしていた夫が、
息子が朝食を取っていると起きたので「コーヒー入れようか?」というと
「コーヒー入れようかって、食べさせるもん食べさせんと」と言う
「えっ、さっき朝ごはんを食べたからコーヒーがいいかなと思って」というと
ちよっと腑に落ちない顔をした。「ご飯がいいの?」と聞くと「ああ」と言う。
準備をしていると思い出したのか「コーヒーでいい」と言う........

昨日、私は断食祈祷があったので食事の準備をして教会にいったので...又息子も
出かけたようで、一人の時間が多かったかな?
認知症とまではいかないけどこういう事が時々ある。
対話する事がとても大切なのだと思う。神様に聞きながら対応を取っていかないと思う。
真の夫の助け手になれますように。

【2013/01/03 10:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日の特別礼拝に行くのに私は礼拝準備と祈祷があったので
夫と一緒に来るように息子に頼んで家を出た。
暫くして息子が一人で来たので「お父さんは?」と聞くと「今日はいかない。」といったと・・
ええ〜!せっかく一緒に礼拝できると思ったのだが・・
この事も感謝しながら奉仕していると、夫が階段を上がって来るのが見えた。
行かないと言ってた夫がやって来た。
主が思いを変えて下さったのだろう。主の深い憐れみに感謝する。
主の愛のゆえに家族と共に礼拝する時となった。
これからもいつも最善をして下さる主に
感謝していこう。

【2013/01/02 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は1月1日特別礼拝があった。
長男も帰って来ていて親子三人共に礼拝した。
いつもは私は祈祷部なので会堂外の所で祈っているので
夫と共に礼拝したのは初めてそれも親子で・・・
神様の真実を思います。何故なら十数年前に祈った祈りの応えだからです。
家族で礼拝できるようにと・・・これに娘二人を加えて下さる時も近づいて
いる事を信じて感謝しています。
いつも家族一人一人に目を注いで下さっている主に感謝です。

【2013/01/01 20:46】 | 未分類
トラックバック(0) |