5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今朝、夫の夕食用にと大根とイカの煮付けをと
思い大根を柔らかく煮よぅと弱火にし
テレビを見ながら朝食をとっていました。

数分して何か焦げ臭いなあ?と気づき、
あっ!忘れてました。大根をお鍋にかけていたことなど
すっかり忘れていたのです。
あわてて火を止め蓋を開けて見るとお鍋は真っ黒
大根はなんとか大丈夫でした。
黒焦げになったお鍋を洗っていると夫が
「何か?焦げ臭いぞ!」と・・・・
朝から大失敗です。

でも夕食のおかず大根とイカの煮付けは
なんとか大丈夫で作って置いてきました。
夫に気をつけて!とは言えません自分が
気をつけないと。
「何を焦がしたとや?めっちゃ焦げ臭いぞ!」
と言う夫の声が背後からしています。
ドジ主婦の朝の出来事でした。
スポンサーサイト

【2014/02/28 10:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日はお休みの日だったのですが
臨時?早天祈祷に参加するため何時もの
時間に家を出ました。
とても恵まれた早天祈祷会でした。
学校へ行く前にBちゃん、I君も参加しました。

帰ってお風呂を沸かし、夫の入浴タイムです。
無精髭をそりさっぱりしています。
よかった、よかった。
ん?ん?ん?お腹が、お腹がちよっと出てきて
いる感じがしますが気のせいでしょうか?
もうすぐ診察日が来ますので
その時にわかりますが・・・・・
夫にばかり言えません、私のお腹もん?ん?ん?です。

【2014/02/27 10:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、ニュースを見ながら夫が
「やっと、終わったか、ソチオリンピック。」と
言っていましたが・・
やっと・・・て結構朝早く起きテレビをつけ
見ていた夫なのですが・・・・

私はほとんど見れませんでしたが、
夫がいろいろ情報を教えてくれ、ニュースや新聞を
見て感動する事、教えられる事がたくさんありました。
なんでも忍耐をもって目標に向かって
やり続けることは大切な事だと教えられる
オリンピックでした。

夫の脳梗塞の後遺症や家族のことも
忍耐を持って祈り続けて行こうと思います。
主を待ち望んで行きたいと思います。

【2014/02/25 13:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日も姉からプレゼントされた帽子をかぶって
礼拝にやってきました。
J 牧師に似合いますねと言われて照れてる?

今日はマルコ 8 : 34 よりメッセージが
語られました。
主が夫にも語って触れてくださったことを
信じます。主の愛にふれ神のピジョンに
生きることができますように。
主の愛に喜んで応答する者になれますように。

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、 自分を捨て、
自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」
マルコ 8 : 34

【2014/02/23 18:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝のNHKの連続ドラマを見て夫は
涙ぐんでいました。
歳をとってきたからでしょうか?
いえ、病気をしてからのような気がします。
自分の弱さを知り、認めた時から楽になり
自然に泣けるようになったのだと思います。

若い時はそうではありませんでした。
突っ張って生きていて・・・
デートの時も見に行った映画は
任侠映画かフーテンの寅さんでした。
人前では男が泣けるか!という気性の夫が
妻の前でも泣けるほどに癒し解放して下さって
いるのだと思います。

でもちよっと夫婦とも泣き虫とは?マークつきですが、
主に触れられると止めようがありません。
イエス・キリストの十字架の真実の愛に
ふれたとき夫は号泣するかもしれません。


【2014/02/22 20:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日はお休みの日でした。
お休みの日は結構忙しいです。
朝食を済ませお風呂を沸かし夫が
入浴している間、ベッドを整え掃除をし
洗濯機を回し灯油を買いに・・・

昼食を済ませ買い物に、
安い店に2~3軒バイクを走らせます。
そして金・土・日・月と忙しくなるので
下ごしらえ出来るものは下ごしらえして
冷凍出来るものは冷凍しておきます。

それから前から気になっている野菜が
あってそれが安くなっていたので買って
見ました。
ロマネスコ( ロマネスク)というイタリアの野菜で
カリフラワーの一種だそうです
ブロッコリーの食感です。
珊瑚にも似ているので珊瑚カリフラワー
とも呼ばれているそうです。

夫は食べてくれるでしょうか?
なかなか野菜を食べてくれません。
食べて欲しい時はどうしても
鍋物になってしまいます。

私が料理上手だとすべて解決する。
と影の声が聞こえてきそうですが・・



【2014/02/21 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日で夫と同じ65歳になりました。
家族の誕生日は祝っても自分の誕生日は
ほとんど祝わないので夫も気づかないのでは?
いえいえ私の誕生日は知らないかも知れない。
言っても「そうや。」というだけでしよう。

クリスチャンになって、歳は気にならなくなり
時々?何歳だっけ?と思う時があります。
私たちの群れでは120歳が定年と言われているので
そう考えると私たち夫婦は半分とちよっと!
これからです。
主を愛し主に喜んで従える夫婦になれますように。

【2014/02/20 17:27】 | 未分類
トラックバック(0) |
ソチオリンピックを見ている夫が殆んど見てない私に
教会から帰ると日本選手の結果を教えてくれます。
先日も「葛西選手がジャンプで銀メダルを取った。
41歳やろ、凄いなあ」と教えてくれました。

41歳史上最年長でジャンプの表彰は日本勢16年ぶりとの事、
葛西選手にとってオリンピック七度目との事、
ということは28年間やってきたという事になります。
あきらめないで失望しないでやり続けてきたということは
凄い事だと思います。やり続けたからこそ
最年長と言われる41歳でメダルを獲得しました。

私たちには神様から与えられた約束の言があります。
裏切る事のない真実な神様が下さった「神の言」です。
信じて待ち望んでいく時、何年たとうが信じていく時
必ずその与えられた神の言は成就します。
教会に、家族に与えられた「神の言」を今日も信じて
告白しています。

「わたしの口から出るわたしのことばも、
むなしく、わたしのところに帰っては来ない。
必ず、わたしの望む事を成し遂げ、
わたしのいい送った事を成功させる。」 イザヤ 55 : 11



【2014/02/20 04:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日、テレビのニュースで
この頃、自転車事故が多いと報道していた。
それは自転車が歩道を走ったり、
歩行者天国に乗り入れたりして人とぶつかる事故が
多いと・・・・・

それを見ていた夫がニヤニヤしながら話してくれた。
まだ入院中で歩行訓練の時、訓練士の方と
歩道をあるいていて、前の方から自転車がやって来たので
後ろから来ていたその訓練士さんが慌てて自転車と夫の間に
さっと入られたそうです。
夫が「どげんしたと?」と言うとその方が
「いやいや、○○○さんが( 夫 )自転車を馬鹿野郎!と
言って自転車を蹴るといけないから・・・」と言われたと

思わず、私も「お父さんならやりそう!」と笑ってしまった。
入院中もその激しい気性を感じさせるオーラが出ていた。
しかし退院し教会に来るようになりそれを感じなくなった。
イエス・キリストが満ちている教会のなかで
夫は憩い、平安を与えられている。
雷の子と言われたヨハネがイエス様のそばにいて
愛の人に変えられたように・・・そうなる事を信じています。



【2014/02/19 13:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
チャペルコンサートにやって来ました。
帽子をかぶって・・・・・???
やっぱり、ヘルメットの方が似合います。
夫には言えませんが・・・

楽しんで帰りました。
次の日礼拝にも歩いてやって来ました。
主よ。神の言がはいりますように。
イエス様の深い深い十字架の愛が入っていきますように。

【2014/02/17 08:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
夫は前頭部の脳が梗塞されてしまいました。
お医者さんが言われるには
前頭部は善悪の判断をするところだから、
善悪の判断がつきにくくなっていると、

息子いわく・・親父は人が言わないことも
ズケズケ言うタイプだからあまり変わらないん
ではないか?と・・・・・
確かに病気になる前も今もこちらが
冷や汗をかくような事を言ってはいますが、

感謝な事に記憶は確かで、今日のチャペルコンサートも
覚えていて「今日のコンサートは何時からやったっけ?」
と・・・・3時からという事を伝えると散歩がてら
ぼちぼち歩いて行ってみようかね。と・・・

賛美の中に住まわれる主がふれてくださり
「神の言」が心に、霊に届きますように。
主の計画の中を歩めますように。


【2014/02/15 08:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
先週、殉教聖会、殉教祈りのツアーに
参加するために田舎から出てきた姉が
坊主頭では寒いからと夫に
帽子とマフラーをプレゼントして
くれました。私にも・・・

夫に見せると反応なし。テレもあるかも
知れません。

この帽子をかぶるとしたら凄い事です。
なにしろどんなに寒くても帽子など
かぶった事のない人ですから・・・
ヘルメット以外。

神様はユニークなお方です。
いろんな人を使って自由にしょうと
しておられます。
自分の殻を破って、姉の愛に感謝して
帽子をかぶりますように。

ちょっとドキドキです。
帽子をかぶった夫の姿って
どんな感じでしょうか?
楽しみです。

【2014/02/13 13:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
次女が用事があり仕事帰りに家に立ち寄った。
夫の大好きなホテルパンを持って来てくれました。
シナモンロールパン、チーズパン、カステラパンと
いろいろ入っています。

仕事帰りなので遅い時間です。
「じゃがいもを貰ったんだけど持っていかない?」
と言うと「持っていく。今から夕食つくるのめんどい。
何かない?」と言う・・・
豚汁、サラダ、スパゲティとあり合わせの物を持たせる。
ん?まるで物々交換。
私も助かり、娘も助かる。

短い時間だったけどいろいろ話せて感謝の時でした。
夫は早速カステラパンを食べてました。

【2014/02/12 19:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
教会に来ている可愛い可愛いR ちゃん。
2 〜 3 歩、歩けるようになりつたい歩きを
しながらソファーに座っている夫の横に
よく来るようです。

今日、話してくれました。
「I さんとこのあん子が、俺んとこにトコトコ来て
横に置いている聖書を触ろうとするから教会の
聖書が破れたらいかんと思って俺が聖書の上に
手を置いたらその手を払いのけようとした。
たくましい」と・・・

みるみる成長していっているR ちゃん
又、今何にでも興味があって自分で確かめようと
している。可愛い R ちゃんの目には
夫はどう映っているかな?
こわいおじちゃんかな?(おじいちゃんかな)
それとも優しいおじいちゃん?
病気をしていなかったら、こんな小さな子との
ゆっくりした触れ合いは無かったかもしれない。
本当に感謝です。
R ちゃんが話せるようになりお話しもできますように。
夫とR ちゃんどんなお話をするのでしょうか?
楽しみです。


【2014/02/12 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
殉教聖会、殉教祈りツアー、後片づけ、反省会
礼拝とここ 2 〜 3日バタバタと慌ただしく
今朝も早天祈祷を済ませ、夫の昼食、夕食の
準備をし洗濯機を回し、月曜礼拝のため
バタバタと出かけた。

帰ってみると、洗濯物が干してあった。
今日は冷たい風が吹いていたのだが・・
「お父さん、干してくれたんだ。ありがとう」と
言うと「ああ」と・・・
ほんとに、ほんとに感謝です。
主よ。完全に癒し遅らすことなく洗礼を受ける事が
できますように。

【2014/02/11 00:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
今年も殉教祈りのツアーに参加しました。
昨年はちょっと夫のご機嫌を損ねてしまったので
今年は知恵を使って、早く起き朝・昼・夕食と
すぐ食べられるよう準備して家を出ました。
夫も快く出してくれました。

毎年参加していますが、毎年毎年語りかけが
あります。あいにく雨になってしまいツアーの
ための祈りが弱かったかな?と思いつつ感謝しました。
山本村、彼杵、時津、西坂と向かうなか、雨、雪と
高速道路ではうっすら積もった雪景色を見ながら
26聖人の事を思わされました。

極寒のなかで薄着で喜びを持ち続けていた26聖人。
最後に語られたメッセージが心に深く入ってきました。
神が「喜びなさい。」と言って下さったのだから
喜ぶ力も、十字架を負う力も上からくると
神から与えられると・・信じて歩みたいと思います。
来年は夫も共に行けますように。

【2014/02/08 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
2月5日水曜日 快晴。
神様は、この年素晴らしいお天気を下さいました。
この年の殉教聖会は何か特別な神様のご計画を
思うのは私だけでしょうか?

私達家族にとっても特別なものとなりました。
夫も共に殉教聖会に参加出来たからです。
息子が親父も連れて行きたいと、愛知から
帰ってきて平和会館の方へ連れて来ました。
私は奉仕のため夫とは一回顔を会わせただけです。
息子も教会の奉仕があり、聖会中は、参加した
田舎の姉が近くに座り一緒にいてくれました。

初めて参加した夫は、Giftsの賛美に感動したようで
滅多に褒めない夫が「あれはいい。プロかと思った
あれだけでも行った甲斐があった」と言ってました。
息子が「親父、あの人達は出る前にものすごく祈って
いるんだよ。」と言うと「そうか」と言ってました。

来年も是非に行けますように。
賛美と共に「神の言」にふれられますように。
来年は家族全員参加できるように
終わりの時に備えられるように
祈っていきたいと思います。

【2014/02/07 17:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
あと4日で殉教聖会があるというのに
なかなか風邪が完治しません。
感謝しつつ、ただただ皆さんにうつさないように、
夫にうつさないように祈っています。

少しでも休息出来るようにと配慮して下さったので
出来るだけ合間合間に帰り休む事にしているのですが
夫の事もあるので寝込むわけにはいきません。
それが守りになっているかもしれません。

弱くされて、何時もの奉仕ができない分、
多くの方々の助けを受けています。
それも洗礼を受けて間もない方や新しい方が
喜んで奉仕して下さっています。
こうして神様はどんどん奉仕者を広げ立てあげて
いかれるのかもしれません。

今年の殉教聖会は。いつもと何かちがうと
思うのは私だけでしょうか?
とても期待感があります。
主は何を語って下さるのでしょうか?
夫も必ず出席できますように。

【2014/02/01 17:07】 | 未分類
トラックバック(0) |