5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今日は第一礼拝の途中にやってきました。
メイン礼拝に出るためなんですが、
早目に出て来たのだと思います。

今日のメッセージはマルコ 15 : 21から
クレネ人シモン、「強いられた十字架」と
いうテーマで語られました。

イエス様の一番そばを歩いたのは
弟子達でもなく、女たちでもなく、
無理やり十字架を負わされたクレネ人シモンだったと
シモンは十字架を負う事を通して
神の恵みを祝福を受けた。

十字架を負うてわかる事があり
引き受ける時わかる神の愛の深さ、高さ、広さがあると
十字架を引き受ける時、主の栄光をみると・・・

「人間をとる漁師にする」と語って下さった主よ。
十字架の愛が、恵みがはいりますように。
夫婦とも十字架を負う力を与えて下さい。
喜んで負える力を下さい。
スポンサーサイト

【2014/06/29 13:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
週末の金・土・日と月曜日までは
ちょっとハードスケジュールとなり
夫には申し訳ない数日となります。

帰りが遅くなってしまうからです。
以前は妻は何をしているかわからない
状況でしたので、不機嫌な時もありましたが
今は夫も教会にくるようになり、
少しづつわかるようになり
何も言わずに送り出してくれます。
本当に感謝しています。

今は夫の方が忍耐強いなあと
思わされています。
今日も少し遅くなりますが
主が守って下さいますように。
そして主の祝福が豊かにありますように。





【2014/06/28 19:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
教会では週に一回、婦人祈祷会が開かれています。
教会課題を祈るとともに、二人ずつ別れて
お互いの夫達のために祈り合います。

祈っていくなかで悔い改めへと導かれて
涙がとどめなく流れて来ます。
更に深い深い祈りへと導かれていきます。
祈りながらこれは自分ではない
共におられる主が祈っておられるという事が
わかります。

自分にはこんな愛はないなあと思いながら
祈ってる自分がいます。
み言葉に
「御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。
私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、
御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、
私たちのためにとりなしてくださいます。
人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく
知っておられます。
なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、
聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。」 ローマ 8 : 26~27

とあるように主ご自身が祈って下さっている事を教えられます。
いつもこうだとは限りませんが、先週は本当に恵みの時で
祝福のときでした。

【2014/06/28 14:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、家を出るとき、
「お父さん、今日は山里ゴスペルクラブの
コンサートがあるから、そこに行くので
帰りが遅くなるけど・・・ごめんなさい。
昼食と夕食は準備してあるから・・・」と
いうと、「ああ.・・・」と・・・

本当にいつもいつも何にも言わずに出してくれる事
感謝しています。
働き人がたくさん送られてきますように。
夫も完全に癒やされて働き人になれますように。

【2014/06/27 17:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日はお休みの日。
休みといえど、なかなか食事を共に
する事ができません。何故かというと
お腹が空いた時に夫はたべるからです。
時間関係なく・・・・

早い時は午前 2時半から3時位の間に
新聞を読み、小さいパンと飲み物を
6時半から7時位に朝食を
11時から12時の間に昼食を
3時から4時位迄に夕食を
7時半から8時半位にパンを
薬の事もあるので時間をきちんとした方がと
言っても「いい。食べたい時食べる」と
一回の量が少ないので、いいかと思っているのですが

そのような状況でなかなか一緒にできません。
しかし、家事をいろいろやっていて
わたしの昼食が遅くなり、
夫の夕食と私の昼食が一緒という時があります。

いろんな事ですれ違いの多い私達ですが
必ずお互いの良さを用いて補い合い支え合って
神様の働きをする時が来る事を信じ祈っています。

【2014/06/26 17:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
連日、雹、集中豪雨とテレビで
以上気象のニュースを流しています。
それを見ながら、主の真実を思いました

夫は三十年、息子は二十数年、二人とも
マグロはえ縄船に乗っていました。
台風に遭遇するとひとたまりもない
小さな漁船です。
又船の底板はすぐ大海原です。
何かあったら助かる事は不可能に近い
状況です。

夫は結婚してすぐ言いました。
「もし、船が遭難したら助かる見込みが
ないと思え」と・・・
だから、出航する時はどんな喧嘩して
いても、嫌な事があっても笑顔で見送って欲しいと、
それが最後になるかもしれないからと・・・・

船員の妻として叩き込まれました。
夫の前で泣く事も許されませんでした。
そんな私に神様は手を伸ばして下さい
ました。
結婚して9年目イエス・キリストの愛を知りクリスチャンになり、
いつもいつも手を伸ばし続け助けて下さいました。


そして、真実な主は私だけでなく夫も
息子もどんな嵐が起ころうと、守り続け
家族の元へ帰して下さいました。
今は、夫も息子も主をほめたたえる者と
して下さいました。
主の真実に、主の愛に感謝します。
「主イエスを信じなさい。
そうすれば、あなたもあなたの
家族も救われます。」 使徒 16 : 31





























【2014/06/26 15:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
夫は九州男児です。
以前はバリバリの亭主関白でした。
縦のものも横にしない亭主関白です。
私の方も男尊女卑の鹿児島生まれですから
男の人を立てるのが当たり前
女は男の後ろを三歩さがって歩くという
風習のなかで育ちましたのであまり違和感が
ありませんでした。

しかし、クリスチャンになって変わりました。
勿論、夫に従うことはとても大切な事です。
聖書に
「妻たちよ。主にある者にふさわしく、
夫に従いなさい。」 コロサイ 3 : 18
とありますから・・・

しかし主に従う事において、夫にしたが得ないことが
事が多々でてきます。
( 当然です。夫はノンクリスチャンだったのですから )
そんな時は主からの助けがあり主に従う事ができました。

夫が救急救命センターに入院した時
食事介助をしておられる看護師さんに聞かれました。
「ご主人は亭主関白?」と、はいと答えると
「道理で、しゃべれなくてもそれがビンビン伝わってきます」と
そんな夫が闘病生活をして行くうちに変わりました。

退院してから私も考えを変えました。
極力一つ一つ先回りをして準備していたのをやめ
自分で出来ることは自分でやって貰うことにしたのです。
身体を動かすため、自分で考えて行動するため・・
夫も自分でやるようになって来ました。
文句いうにも言えないのかもしれませんが
言葉がすっ〜と出てこない事もあるので

自分で出来ることは自分で、私が手助けしなければ
ならないことはする事にしていますが・・・
なかなか主の言われる「妻は、夫の助け手」この
真の助け手になっていない自分を思います。

夫は亭主関白でなくなりつつあります。
主よ。私も真の助け手になれますように。




【2014/06/26 10:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
サッカーは日本チームは
負けてしまいました。
スポーツはあまり得意でない
私は詳しいことはわかりませんが、
「えっ!負けたの?」というと
「勝つわけないだろうが!」と夫からの
返事。たとえ負けるかもと思ってたとしても、
最後まで諦めないで応援するなら
応援したいものです。

祈りもそうだと思います。
不可能な壁に向かって祈る。
奇蹟を行なわれる主に期待して祈って
いく。最善を成して下さる主を信じて
祈る。





【2014/06/25 09:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
夕方家に帰ると、ニュースで
三鷹市に雹が降ったと真っ白になった
道路を映し出していてびっくりした。

「これ今日の事でしょう?」と
夫に聞くと「うん」と・・
6月である。
大雨が降ったところ、落雷のあった所など
異常気象?

目をさましていなければ・・
時が近づいているという感じです。

【2014/06/24 21:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
蒸し暑かったり、ちよっと肌寒くなったり
調整が難しい今年の梅雨です。

でも周りの木々や花々は天からの雨で
生き生きとしています。
私も主からいのちの水を戴かなければ
生き生きとできません。
夫も早くいのちの水を飲み、生き生きと
生きて行ってほしいと願っています。

神様に対する飢え渇きを、真理に対する
飢え渇きを与えて下さいと祈っています。

【2014/06/24 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日、パウロ平良明人牧師の
追悼コンサート、7周年記念会が
ありました。私は教会に残り
オンラインで見たのですが・・・

教えられる事がたくさんありました。
そして主を愛し従っておられたんだと
言う事が本当にわかりました。

それと多くの方々のお話しのなかで
天への備えをしておられたんだなあと
いう事を感じさせられました。

生かされているという事は、この世に
おいての召しが誰にでもあると思いますが、夫にも、私にも・・・
全う出来るように祈り、又天への備えも
祈っていこうと思いました。



【2014/06/23 15:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
いやしの集会は、夫は来れなかったのですが
非常に祝福されました。
5 ~ 6 年 突発性難聴で聴こえなかった方が
聴こえ、癒されました。
また、腰の痛い人が癒されました。

この集会では、自分が祈って欲しい人、
ここに来てない人でも家族、知人を
祈って欲しい人、いろんなかたちで
祈りました。

今回祈る側だったのですが、来月もし夫が
来なくても夫のために祈って貰おうと思いました。
しかし夫自身が必ず来れますように。
希望を持てますように。

【2014/06/22 13:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
そこにいるだけで、癒されたり、解放されたりします。
そこって何処でしょうか?
それは「教会です」教会にいるだけで
慰められたり、平安が与えられたり
します。

それは教会はキリストの満ちておられる
所だからです。
夫がよく言ってました。
ここ( 教会 )に来るとなぜか、「ほっ」と
すると・・・
だから退院してからず~と来続けているのだと思います。

私も始めて教会に来たときは、
なぜだかわからないのですが、
あとからあとから涙でて止まりませんでした。
そして
「イエス・キリストの十字架の愛」を
知ったのです。

教会はキリストの満ちておられるところ
だからです。
目には見えませんが、イエス・キリスト
がいつも夫に目を注ぎ最善をして下さっている
ことを信じています。
そして必ず、イエス・キリストに従って
いきたいと言う時が来ると・・・









【2014/06/21 17:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は長崎は雨です。
天気予報では終日雨のようですが
教会では夕方よりいやしの集会( 2回目 )
があります。

夫も来るといいのですが、
この頃出不精になっています。
私自身が手を置いて祈る事が先決かな。
主よ。他の人に手を置いてすぐ祈るように夫にも
自然に手を置いて祈れますように、力を下さい。
今日のいやしの集会が祝福されますように。

「彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」
イザヤ 53 : 5

【2014/06/21 14:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
長崎は紫陽花があちこちにみられます。
それも色とりどりでとても綺麗です。
「おたくさ」と呼ばれ親しまれていて
下水道のマンホールの蓋にまで紫陽花の花が
刻まれていて最初はびっくりし、又感動しました。

私は花は大好きなのですが、夫は全く
興味ないようです。
興味があるとあちこちの紫陽花や花を
見ながらの楽しみもあるのですが、
ただ歩くだけになるから、散歩も
きつくなるのかな?

楽しんで散歩が出来ますように。
痛みも取り除いて下さいますように。


【2014/06/19 20:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は、久々に散髪をしました。
お風呂を沸かして、散髪がすんだら
すぐ入れるようにして・・・

そういえば子供達小さい時三人とも
私が散髪していました。
その時は夫の散髪までするとは思いも
しませんでしたが・・・

今、夫は散髪、入浴を済ませ田舎の姉が
送ってくれたメロンを食べています。
ある方から枇杷を戴いたからご主人にと
枇杷も戴きました。
いろんな果物が出回っているなかで
何か買えたらいいなあと思っていました。

するといろんな人を通して
神様は、こうしてその時に必要なものを
果物さえ備えて与えて下さいました。
本当に感謝です。
この愛に夫が気づきますように。

【2014/06/19 10:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
15日は父の日でした。
子供達からは何もなかったので
淋しかったかな?
子供達が小さい時は、父の日、誕生日と
私の方から仕向けていましたが、
子供達が大人になった今、本人達任せています。

10年位前、次女から父の日にプレゼントが
届きました。その中に手紙が入っており
それにはこう書いてありました。

父の日のプレゼントです。
お父さん、私を産んでくれてありがとう。
育ててくれて、何より私のお父さんでいてくれてありがとう。
私は今、長崎でいろんなことを学んでいます。
楽しいこと、辛いこと、苦しいこと、いろんな事がありますが
今、生きてること、それが何よりうれしいです。
いろんな人との関わりや話す機会が多いなかでいつも思うのは
家族はとても大事だということです。

私はあまりいい娘とはいえないし、迷惑ばかりかけていたけれど
私はお父さんの娘に生まれてきて本当によかったです。
もう子供三人、家を出たことだし今度はお母さんとさらに
いい夫婦になって下さい。
お父さんはもう十分、父としていろんな事を私達にしてくれました。
今度はお母さんとたくさんの幸せをつかんで下さい。
娘が生意気いってすみません。

プレゼントはポロシャツとサンダルです。
これにベージュのズボンかジーパンをあわせると
最高にオシャレだと思うので、たまにはお母さんと
お出かけでもしてください。じゃあまた。

これが次女からの手紙でした。
夫は「あいつから、こんな手紙をもらうなんて」と
泣いていました。私が「見せて・・」と言うと
「いや、見せん。俺の宝物だ。」とどこかにしまい込んで
しまいました。一年後くらいして、引越しの準備をしていた時
夫のタンスの奥からこの手紙が出てきました。

あれから数年たちました。
いろんな事があっても子供達の心はそのままだと思っています。
夫が宝物のこの手紙を大切に保管しておこうと思います。

【2014/06/18 12:36】 | 未分類
トラックバック(0) |
2~3日、お天気がよかったのですが
今日は雨になってしまいました。
梅雨入りしてるので降るのは当然ですが
しかしちょっと肌寒い感じです。

暑くなったり寒くなったりで体温調節が
難しいですが夫なりに自分で調節しています。
ただ以前より暑がらなくなりました。
先日も非常に蒸し暑かったので、
「扇風機だそうか?」というと「いや、いい」と
暑さ寒さをあまり感じなくなったのでしようか?
その分、私が気を付けないといけないなあと思っています。

【2014/06/17 16:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日教会に、腰を痛め、そのために背中も
足のふくらはぎもアキレス腱まで痛くなったという
ご主人を連れて、病院へ行く前に祈って欲しいと
ある方が来られました。

心を合わせて数人で祈りました。
祈りながら手が熱くなっていくのを感じ
主が働いて下さっていることを思いました。
こんなに身体が熱くなったのは始めてだ、
痛みで背中もバリバリに硬くなっていたのに
柔らかくなったと喜んで帰られました。

主に感謝しながら、
夫の足に手を置いてこんなに熱心に
祈ってないなあと思わされました。
主よ。許して下さい。
心を込めて夫の反応がどうであれ熱心に
祈れますように。

【2014/06/17 12:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日は、父の日チャペルコンサート
でした。
讃美があり、証があり、メッセージに
入り、主が臨まれる時となりました。
父親と娘との関係のなかで傷ついた心を
主が癒された事が語られています。

暫くして帰ってしまいました。
体調が悪くなったのでしょうか?
それともいたたまれなくなったのでしょうか?
真意は定かではありませんが、
いつか話してくれる時が来るでしょう。
私達の方は欠けが沢山あるなかでしたが
主が豊かにご臨在ある時となりました。


【2014/06/15 13:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝は晴れていたのですが、
今、雨が降って来ました。
今日は、病院へ行く日です。
願わくは雨が止みますように。

どんな状況でも感謝出来ますように。
主を喜ぶことが出来ますように。



【2014/06/13 09:21】 | 未分類
トラックバック(0) |
休みの朝はちよっと忙しいです。
台所にたって仕事をしながら
耳はテレビのニュースに耳を傾けます。
そして、気になることがあると
テレビを覗きに行きます。
すると夫が解説してくれます。

家にいる夫のほうがいろんな情勢に
詳しいので教えてくれます。
ただ以前のように言葉がすっーと
出て来ないので忍耐と時間が必要ですが
だから休みの時は助かります。
腰を据えて聴けますから・・・

もっともっと一緒にいて話を聴けたら
凄くちがうような気がします。
必ずその時が与えられるように祈っています。

【2014/06/12 09:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
この頃、夫が語ったことだけでなく、
全体に気を配って置かなければと
思わされています。

例えば、「お父さん、ご飯は?」と
言うと、「いや、後でいい」と言うので
他の事をやっていると、暫くしてベッドに腰掛けて食事をする態勢?
慌てて準備する私です。

病気のゆえか、性格(もともとが自分の思う通りする人なので)なのか?
わかりません。すぐ私が、対応出来る
ように祈って行きたいと思います。

何しろ、昼間は一人で家に居る
のですから・・・
感謝しています。二人で神様に仕える
事が出来ますよぅに。




【2014/06/11 09:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、ベッドに腰掛け私に話しかけ
ている夫を見ながら、びっくりしました
それは、早くで亡くなった義父に
そっくりだったからです。
親子ですから似るのは当然ですが・・・

義父の方がハンサム?ですが・・
義父は肝硬変で動脈破裂を起こし54歳で
亡くなりました。
それもアルコールによる肝硬変でした。
夫は酒豪の家系の中に生まれたわけです

その夫に神様はお酒から解放して下さい
ました。煙草も今、辞めていますから
真に解放して下さるでしょう。
そして真の自由人となり、生き生きと
生きる者となるでしょう。

「この方を受け入れた人々、すなわち
その名を信じた人々には、神の子ども
とされる特権をお与えになった。
この人々は、血によってではなく
肉の欲求や人の意欲によってでもなく
ただ、神によって生まれたのである」
ヨハネ 1 : 12~13


【2014/06/10 11:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
何時も一緒に礼拝していた
I さん家族、ここ2~3週間来て
おられない。
夫なりに気になっているのだろう。
I さん所の女の子が一人で礼拝に
来た。

家に帰ってから、夫が
「あん子は一人できたっか?」と、
「そうみたいだよ。」「そうか」と
あの家族が来ないとさみしいのだと
思います。I さん所のRちゃんは
何時も夫のそばをちょこちょこと動き
回っていましたから・・・

早く教会に来れるように来れるよぅに。
共に礼拝が出来るように祈っていきます


【2014/06/09 17:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
感謝です。
散歩には出たがらない夫ですが、
礼拝にはやってきます。
足も痛むと思うのですが、神様の守りが
あるようです。

礼拝が終わるとすぐ帰りましたが
「気をつけて!」と教会の玄関まで
送ると「ああ」と言い片手をあげて
帰っていきました。

いっさいのものをいっさいのものによって
満たす方の満ちあふれてあられる教会に
きました。
主よ。夫にふれて下さい。

【2014/06/08 13:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
煙草をやめて16日目。
辛いところは少し通り抜けたかな?
という感じです。
口さみしい時のためにと置いてある
あめ玉もあまり減らなくなりました。

何か趣味があったらと思うのですが
趣味のほとんどない人です。
今迄やっていた
お酒、煙草、マ-ジャン、パチンコ
すべていろんな方法で出来なくして
下さいました。

キリストなる木に繋がり実を結ぶ
ように先んじて無駄なものをまるで
刈り込んで下さっているようです。
心を定める時が来てるような気が
します。


【2014/06/07 18:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
生きていく中で、
何をしたらいいのか?
わからなくなる時がある。

長い一日が終わる。
それでも一日一日と過ぎていく。
何もしないまま今日も一日が過ぎて
しまった。という日々を過ごす期間がある。

でも神様は、そこもあえて通しておられる。
そのような所を通ったから真の生きる目的を
見出した時の喜びは大きい。
今、夫はつらい所を通っているけど
真の生きる希望を、目的を知る時が
近付いて来ている。

今を感謝しよう!喜ぼう!
神様の愛は真実だから・・・

【2014/06/07 14:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
教会の用事で郵便局へ行く時
道端のつる薔薇?の中に
一匹のありを見つけました。
蜜を集めているのでしょうか?

ふと、夫の事を思いました。
今、何をしているのでしょうか?
テレビを見ているのでしょうか?
寝ているのでしょうか?
主に祈ります。
完全の癒しと主に依り頼めるように。

今朝のデボ-ション箇所から
「彼に信頼する者は、
決して失望させられることがない。」
ア-メンです。



【2014/06/06 11:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日はお休み。
でも、何かと忙しい一日になります。
朝の夫の入浴を済ませ、洗濯をし
掃除を済ませ、買い物に行き帰って
みるともうお昼です。

出かける時は、必ずお昼を準備して
出かけるので、帰ってみると昼食は
済ませていました。

しばらくして、買ってきた野菜など
下ごしらえをし、冷凍出来る物は
冷凍保存して置きます。
いろいろやっていると夫がテ-ブルの
前に座っています。

「えっ!お父さん、ご飯食べるの?」
「おぅよ。」「えっ!まだ3時だよ。」
「納豆をださんか。」と・・・
早い夕食ですが、夫には夫のパターンが
あるようです。
休みといえど、なかなか一緒に食事が出来ません。

私が合わせていかないといけないかな
と思っています。
それにしても3時の夕食は早過ぎです。
私にとっては遅い昼食って感じなの
ですが・・・
何か方法があるでしょう。





【2014/06/05 18:43】 | 未分類
トラックバック(0) |