5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
先日、ある家庭の祈りに行って
「これ、ご主人に」とシュウクリームを
いただきました。
夫が喜ぶ顔が目に浮かぶようです。
と言っても表情にはあまりだしませんが、
行動でわかります。

帰りが遅くなってしまったけど
これお父さんにってもらったよ。と
シュウクリームを出すと、いつもは
顎をしゃくり、そこに( テーブル )置いとけと
顎で?目で?合図するのですが
今日は、カバッとすぐ起きてたべ始めました。

喜んでいる証拠です。
甘いものが欲しかったのでしょう。
神様に、下さった方に感謝です。
スポンサーサイト

【2015/01/31 12:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
台所を片付けていると、
「どれ、ご飯を食べようかね」
( 朝ごはんではありません、お昼ごはんです。)
「えっ、まだ10時半だよ。食べるの?」
「ああ」えっ!えっ!

もしかして夫は学生の時、早弁してたかな?
ちなみに夕食は、3時となってしまいました。
夜までにお腹がすいてもう一食軽くパンなどに
なってしまいますが・・・・

【2015/01/29 15:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
ここ数日、何かといろんな事があり
バタバタとして、旦那さまがほったらかしかな?
という思いがあり・・・
気になりながら、明日は休みだからそれまで待って・・
と思いながら動いてます。

しかしこれは妻の思いであって夫にとったら・・・
?マークでしよう。
明日は心から仕える事ができますように。

【2015/01/28 09:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日の日曜日も教会の助けを受けて
礼拝に来る事が出来ました。
今、息子が帰って来ているので
共に礼拝できる事、本当に感謝です。

願って祈って来たことなのですが
これに長女、次女と加えられ共に礼拝する時が
来る事を信じ更に祈っていきます。
主の恐るべきみ業をみる事ができますように。

【2015/01/27 14:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日はチャペルコンサートでした。
コンサートの準備をしている所に
「親父がコンサートに来たいと言ってるけど・・」と
連絡があり、教会の方が送迎をして下さいました。

今、夫は教会の助けを受けて礼拝やコンサートに
来れています。足の梗塞もおこし痛くて歩けないのです。
車のない私達家族にとって教会の助けなくしては
夫を礼拝に連れて来る事ができません。
本当に感謝です。

今日のコンサートのテーマは
あなたは愛されていますか?でした。
イエス・キリストの十字架の愛のメッセージでした。
夫の心に、深いところに、霊に届いたでしょうか?
慌てず祈って待ちます。
「俺の親分はイエス様だ。この方について行く」と
いう日がくるのを、教会の助けを受けながら・・・・

【2015/01/24 22:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
我が家で一番の早起きは夫です。
朝刊が届く、3時半~4時ごろまでには
起き出し朝刊を読み、もう一度一寝入りします。

私が起き台所に立っていると、
「のっとったぞ!」と・・
「えっ、何が?」と聞くと
「○○○○さんが・・新聞に載っとる」と
みると、長崎新聞に山里ゴスペルクラブの
J 牧師の記事が載っていました。

何だか嬉しくなりました。
記事が載っていた事は勿論嬉しいのですが、
夫が記事に気づいたという事が嬉しいでした。
気づくという事は教会の事に関心があるという事です。
この新聞持っていっていい?と言うと
「ああ、いいぞ」と

早速、外部の新聞を見た方からゴスペルクラブに
入りたいのですがと問い合わせがありました。
その事を夫に伝えると「そうか」と
嬉しそうにしていました。
共に喜べるっていいですね。

【2015/01/23 20:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
今、病院にきています。
定期の診察です。
血圧が少し高くなっていました。
寒くなってきたせいでしょうか?
薬が一錠増えてしまいました。
感謝します。

少しづつでも散歩が出来ますように。
忘れずに血圧測定をしていけますように。

【2015/01/23 14:11】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日はお休みの日。
いつものようにお風呂に入ってます。
お風呂からあがってから足先を見てみると
暖まったからでしょうか、いい色しています。
夕方にはマッサージできますように。

本当に感謝です。
今日は息子が灯油を買いに行ってくれました。
18ℓの灯油缶を4階まで持ってあがるのは大変です。
しかしやらなければならない事なので・・

しかし、神様は凄いです。
夫は元漁師で家にいない事が多かったので力仕事を
やらざるを得なかったので、気付かないうちに訓練
して下さっていたのではと思います。
一人では動かせない物も主は知恵を与えて下さいました。
引越しの時も殆んど夫はいませんでした。
主の助けに感謝しています。
夫に完全な癒しが起こり、力仕事もできますように。


【2015/01/22 11:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
寒くなった事もあり、足の血液の流れが
良くないようです。
以前から、だんだん散歩もしなくなり
少し歩くと痛くなる。
だから歩かないという悪循環になったようです。
Drも痛くても歩くようにとは言われていたのですが・・

祈りながら足のマッサージをするといいのではと
思っています。
実行できますように。「よか!」と言われても
やり続けることができますように。

【2015/01/21 12:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
脳梗塞になって、お酒もタバコも
飲まなくなった夫は、以前は甘い物は、
あまり食べなかったのですが
この頃は好んで食べています。

先日、「これ、ご主人に 一つですけど
甘い物が好きだときいたので・・」と
美味しそうなお菓子をいただきました。
「これ、お父さんに」って教会の人に
もらったよと渡すとすぐ起きて食べています。

人は年を経ていくと嗜好も、思考も変えられて
いきます。
心は子供のように素直に、思考は神様のことばで
満たされて喜んでいれるように。

【2015/01/20 17:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
今年の殉教聖会は、特別のような気がするのは
私だけでしようか?
夫は昨年は、平和会館の方へ参加しました。
そしてギフツの賛美に感動していました。

今年は、ブリックホールで聖会がありますが
夫がいけるかどうかが?マークですが
何らかの方法で見聞き出来ますように。
iPadという方法もありかな?

娘もどちらかに来れますように。
すると、突然をされる主に期待して祈ります。

【2015/01/19 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日の礼拝のメッセージは
ペテロがイエス様の「来なさい」との
ことばによって、舟から出てイエス様の
方に歩き出した箇所からのメッセージでした。

ペテロはイエス様からの「来なさい」との
ことばを受けて踏み出しました。
舟から出ると言うことは、死をも意味します。
しかしペテロは主のことばを信じて踏み出しました。

そして水の上を歩いたのです。一歩二歩と・・・
風を見て、こわくなり、沈みかけたので
「主よ。助けてください。」と叫びイエス様は
すぐに手を伸ばし助けられます。

ペテロはことばを受けて踏み出したのです。
舟を出て・・・
命がけの信仰を用いて・・・・
今日のメッセージを、元漁師の夫と息子は
どんな思いで聞いたのでしょうか?

【2015/01/18 18:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、珍しくパンではなくご飯。
「海苔いる?」と聞くと 手を振りながら
「いや、いらん。」と・・・・
私が食べ始めると、小皿を持ってきて
醤油を・・・・
「海苔、食べるの?」と聞くと「ああ」と

納豆ご飯を食べながら、
「パンを食べようと思ったけど、バターが
なかったぞ」と「えっ!あるよ。」と出すと
「何処にあったか?」何時もの所なのですが・・

すぐに反応出来ないのかな?
探し物ができづらくなったのかな?
でも、その一方で洗濯物は干したり取り込んだり
してある時もあります。
もっと気をつけていかないといけないかな?

【2015/01/17 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
「天国は ほんとうにある」という本を
夫に読んで欲しいと思い購入した本でしたが、
まず私自身、昨日休みという事もあり
一気に読み終えました。

読み終えて、天国への確信と
イエス様の愛の深さをより一層知りました。
強烈に思ったことは、
もっともっと正直に素直にありのままを
祈ろうと思った事。
主は何一つ無駄にはせず、神を愛する者の
すべてを益としていかれる。
必ず夫も読めますように。
天が開かれ、洗礼が導かれますように。

【2015/01/16 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
11日の夜、長崎カリスマ聖会がありました。
その夜、教会の台所に「お母さ〜ん」と
娘が飛び込んできました。
「○○!来れたんだ!」と思わず抱き締めて
しまいました。

確かに来れるように祈りました。
しかし、本当に来た娘にびっくりしました。
神様は真実なお方です。
12月の末・・・
娘から「たすけーてー、体調もずっと
すぐれません。
新しいことが実際的に始まってる感じが
します。感謝です。
殉教聖会までが勝負でしょうね。
ただきつい。とメールがありました。

教会では毎週各家族の祈、人々の救いの祈が
なされていました。
そして聖会の前日
「先月から続いた長い暗闇が今日きれました。
お祈りをありがとう。
今年も祝福がたくさんありますように。」
とメールをくれた翌日だったので
尚、びっくりしたのです。

そして久々の聖会に出た後 I 牧師に祈ってもらい
みんなに「えぇっ!○○ちゃんだ」と声かけられたり
手を握り合ったりしてもらい笑顔で帰って行きました。
家に帰り
「お父さん!○○が今日、教会に来たよ‼︎
お父さんにも会いたいけど、もう寝てるだろうから
また出て来るからと言ってたよ。」と言うと
「そうか」と・・・
教会の祈りに心から感謝です。
祈りに応えられる真実な主に感謝です。



【2015/01/15 10:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
共通の話題があるということは素晴らしい事です。
以前まだ夫が教会に来ていない時は、
息子と話している時うるさがられたりしている時
もありました。

しかし礼拝に来ている今、共通の話題ができ
共に話せることは本当に感謝です。
今朝も I さん家族の可愛い R ちゃんの話題がで
「あん子は、おれが席を立つと、バイバイと手をふるぞ」と
「お父さんが、こわいのかも?」と言うと苦笑いを
しています。ちよっとしたことですが、それでまた
会話が繋がっていきます。

もう少しすると家族で共に祈る事が出来る事を
信じています。

【2015/01/14 12:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
殉教聖会を目前にして
私は今一度「殉教」の本を読み直すことを
主に語られ読んでいます。

イエス様の弟子達と26聖人に共通したものが
あります。
弟子達は、主に選ばれ、招かれた時に
すぐに従いました。
26聖人たちも、主にすぐに従う心をもっていました。
それも喜んで・・・・

私たち家族、それぞれに頑固さがあります。
夫も、私も、子供達三人とも
主よ。あなたには、従順となり
すぐに従う一人一人でありますように。
それも喜んで従えますように。

【2015/01/13 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
12日の朝、長男が帰ってきました。
夫の声が弾んでいます。
やはり、男同士通じ合うものがあるのでしょう。
又、じっくり聞いてもらう時間もあるからでしょうか。

しかし、その後私も長男も月曜礼拝にで
其の後の奉仕や、いろいろで私は帰りが夜になり
長男はもっと遅くなりましたが・・・・

今日は、夕方まで時間があるので二人で話せるのでは
ないでしょうか?
主が親子で神様の事、奉仕の事など話せるように
共に奉仕ができるようにしてくださいますように。
奇蹟を行なわれる主の手によって
親子で主に仕える者となりますように。

【2015/01/13 11:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、お風呂を沸かし「入る?」と聞くと
「いや、入らん」と、感謝しますと言いながら
準備をしたものを片付けにお風呂場に、
部屋に戻りふと夫の方を見るとベッドに
腰掛けて、上着を脱ぎ始めています。
「えっ!お父さん入るの?」「ああ」
えっ?えっ?慌てて又入る準備をしました。

気が変わったのか?言ったことを忘れたのか
わかりませんが感謝します。
以前から病気になる前も、気が変わる事が
何回もあったので、いつでも
対応とれるようにはしてきました。

ですから、今も病気からなのか
性格ゆえかわかりませんが
病気からだったら何か対応とらないと
いけないと思うのですが
どっちだったとしても主に祈っておきます。
認知症にならないように。
夫婦ともに。

【2015/01/10 21:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日の長崎はとても寒いです。
晴れ間がなく冷たい風です。
寒いせいでしょうか?
夫の動きも少し鈍いような気がします。
後で血圧を計ってみようと思います。

インフルエンザにかからない様に。
二人とも、昨年は私がかかり夫にうつして
しまいました。
今年は守られますように。

【2015/01/09 17:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
我が家は夫と私の二人暮らしです。
ですから、トイレが混み合うなんて考えられませんが、
人数が少なくてもおなじ時間帯ということはあり得ます。

私は自分がトイレに行こうと思う時は
必ず夫のベッドを確かめます。
夫がベッドの端に腰掛けている時は
ちよっと様子をみてトイレでないかどうかを
確かめてからいきます。

なぜかというと、夫はすぐに立てないからです。
ベッドからまず起き上がりベッドの端に腰掛け
そして、反動をつけて立ち上がります。
ですから、もし夫がトイレに行こうとしているなら、
それに気づかず私がスタスタと目の前で先に行って
しまったら・・・・
どんな思いかな?と思ったからです。

私も18リットルの灯油を4階までの階段を
持って運びながら来年これを持って運べるかな?
と思ったりします。
でもお互いに弱くされながらお互いに今迄しなかった分野を
補い合っています。意識せずに自然な感じで・・・
だって以前の夫は洗濯物を干したり取り入れたりしませんでした。
又私もしてもらおうなんて思った事もありませんでした。
でも今は自然体でお互いにやれる事をやるという感じです。
お互いがいろんな意味で変わりつつあります。

【2015/01/08 14:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
口には出しませんが、
息子の帰りを待ちわびているのでは
ないでしょうか?
「○○はいつ帰ってくっとか?」と・・・

最初は6日に帰ってくる予定が12日にのび
その事も伝えたのですが、忘れてしまった
のでしょうか、「いつ帰ってくっとか」と
楽しみにしているのではないでしょうか。

今日はお休みの日。
早くお風呂を沸かし、先週「まだいい!」と
断られてしまった散髪を済ませてお風呂に
入ってもらいました。

テレビで「冷凍卵」が美味しいと紹介していました。
えっ!卵を冷凍できるの?と私がびっくりしていると
横から夫が船では昔から冷凍して持って行っていたと・・
テレビで紹介していた冷凍卵のレシピでは、
おにぎりと天ぷらを紹介していました。
試してみる価値ありそうです。

【2015/01/08 09:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
夫は病気をしてから、
言葉がスムーズにでなくなりました。
こちらが何か聞いても、ちょっとすぐには
応えられない感じです。
ゆっくり聞き、せかさないで待つという余裕が
必要です。
ですから、せっかちの夫は話すのが
面倒くなる事もあるようです。

そんな夫が先日の礼拝で久々にあった I 家族の
小さな可愛いRちゃんに「おおきくなったなあ」と
声かけしたようです。
「よく食べるんです。」とお母さんの S さんが
応えてくれたと教えてくれました。

なんでもないような会話なのですが、こういう
日常生活での言葉が大切なような気がします。
それには時間を共有する。
同じ所にいるという事が大事だと思います。
自分の時間だけでなく夫との時間を選べますように。

【2015/01/06 10:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日も教会の助けを受けて礼拝に来れました。
先週迎えに来て下さり、帰りは歩いたのですが
足が痛くて 7 ~ 8 回休みながら帰りました。

それで今日は行も帰りも車で送って下さいました。
本当に助かりました。
1月1日の特別礼拝に続き I さん御家族が来られました。
夫は特別礼拝には来なかったので、I さんご家族とは
久々の対面です。

I さん家族の小さな R ちゃん、覚えてたかな?
いつも隣に座っていたのですが・・・・
数ヶ月ぶりです。
夫が帰り際、声かけして手を出すと、なんか
おっかなびっくり?という感じです。

これからも隣同士で礼拝しRちゃんともっともっと
仲良く出来ますように。

【2015/01/04 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
一日の夜、帰ってきた娘は、
今日の( 3日 )の午後帰ると言っていたので
昼食、夕食分、大鍋で水炊きをつくり
後は娘にお願いして私は朝、6時半頃教会へ

各、祈りが終わり、断食をしていたので
お腹をすかせ水炊きが残っていると思い
3時過ぎに家に帰り、
「○○は、帰った?」と夫に聞きつつ
台所を見ると、水炊きの大鍋が綺麗に
洗ってあります。

「ええ!お父さん、○○はあの水炊き全部
食べたの」と聞くと、
「おお、マラソンを見てギャギャ騒ぎながら
食べとったぞ!」と夫も苦笑いです。
あの子らしいです。
元気で逞しくて、お鍋も綺麗に洗ってある所が
あの子の良さです。
夕方には、無事着いたからとメールが入りました。

今一度イエス様の所にかえってきたら
言うことなしです。
憐れみ深い主に祈っていきます。
この子を通して私はイエス様と出会ったのですから。

【2015/01/03 23:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
夫と共に箱根駅伝を見ている娘が
「コーヒーが欲しい、入れて」と・・
覚えているかな?と娘のカップを
取り出しコーヒーを入れ出しました。

「覚えてる?」ときくと、
「ああ、私のカップだ!まだあったんだ!」と
それもその筈、そのカップは十数年前、娘が友人に
誕生プレゼントに貰った物だったからです。
なつがしがりながら飲んでいます。

神様は不思議な事をなさいます。
娘が小学時代、いじめに会いました。
中学、高校、と一緒でした。そのなかで
いろんな事があり、その子も寂しいだという事が
わかり、家族とも関わるようになりました。

中学、高校時代は私達家族が関わるかたちになりました。
反抗時代だったので大変でしたが、主の支えがありました。
今でも忘れる事が出来ません。
そのいじめっ子のあまりの仕打ちに
私がその子の頬っぺたを叩き「あんたは何やってんの!
ここは私の家、出て行きなさい!」と叫んだ時
その子が泣きながら叫びました。
「おばちゃんは、我が子だけが可愛いんでしよう!
神様がいるなら何とかしてよ‼︎」と・・・

この子も寂しいんだと・・・
肉の私はとてもこの子達 (2~3人いました。)を
受け入れることは出来ませんでしたが
この子の叫びを、私のなかに住まわれる主は
聞きのがしはされませんでした。

私の子も、この子達も神様の愛されてる子なのだと
教えられ、受け取る力を下さいと祈りました。
この子たちと接するなかで母親という自分を捨てる
エゴを捨てることをさせられました。
そしてイエス・キリストの十字架の愛をたくさん
知りました。

2 ~ 3年後、私は娘にマフラーをプレゼントしょうと
思いました。その子達の事も頭に浮かび、
娘と色違いのマフラーをその子達にもプレゼントしました。
礼拝から帰ってみると、私の部屋に花束と手紙が置いてありました。

手紙には
「意地悪ばあさんへ ( その子達は私の事をそう呼んでました )
マフラーをありがとう
とってもうれしいでした。
○○ちゃんをいじめてなかったと
言う事は、嘘になります。ごめんなさい。
私達のバイトしたお金で買いました。
食べて下さい。」と書いてあり、花束と私の好きなお寿司を
置いてありました。

社会人となってもずっーと関わりがあり
その子の家族に娘はとても愛され受け入れられていきました。
その子が結婚することになり、それから娘は何もかも離れて
自立しました。結婚する時その子が頭を下げて娘にいったそうです。
「○○ちゃん、今まで意地悪をして来た事、ごめんなさい。
そして、今までありがとう。」と・・・

神様は素晴らしいお方です。
いじめにあっている時も、娘に乗り切る力を
与えていて下さいました。
私の方が母親としての心がズタズタで傷ついていました。
しかしその事を通して、自分を捨てる。自分に死ぬ。
神様は最善しかなさらない。神様に信頼するということを
学びました。

私達、夫婦は子育てするなかで多くの事を学びました。
子供によって成長させられました。
親らしい事は、何一つできませんでしたが、
祈る事ができました。
全能なる主に、救い主なる主に
関わってきたその子の救いを、家族の救いも祈っています。

【2015/01/02 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨夜、長女が帰って来て
夫と共に箱根駅伝を見ています。
夫は以前から好きでかかさず見ています。
長女も好きだそうで、走っている皆の
一生懸命さに感動すると言いながら見ています。

子供達のなかで、長女が一番夫の性格と
似ているよぅな気がします。
お互いに、「いや!違う!」といっていますが・・

この長女は、我が家では以前「肉娘」とあだ名を
つけられていました。
お肉が大好で家族で焼き肉をする時はあっという間に
無くなってしまうからです。

久し振りの娘の帰省です。
二人で焼き肉って殆どしなかったので
夕食は焼き肉を準備しました。
夕食は長女が帰って来てからでいいといっていたのですが
いつも早い時間に夕食をとっている夫は
待ちきれないらしく「食べる」と先に食べることになりました。

夫が珍しくおかわりをして食べてました。
でも互いに年をとって来ているのでそう多くは食べられません。
用意した4分の3位、娘のために残しました。

「おやじ、ただいま!明けましておめでとう!
今年も よろしく!」
なんとも、長女らしいあいさつです。
お肉もあっという間にたいらげました。

毒舌も肉娘も健在のようです。
その事を話すと夫も笑っています。
しかし、自閉症だった娘が癒さ本当に逞しく生きています。

親の私達は何もしてやれませんでした。
しかし「神のことば」がありました。
ただただ主の守りと深い愛、神の真実を思います。

イエスは答えられた。
「この人が罪を犯したのでもなく、
両親でもありません。神のわざがこの人に
現れるためです。」ヨハネ 9 : 3

次なるみ言葉を信じて祈っています。
「けれども、以前私たちを迫害した者が、
その時滅ぼそうとした信仰を今は宣べ伝えている。」
ガラテヤ 1 : 23

【2015/01/02 09:21】 | 未分類
トラックバック(0) |
2015年1月1日です。

夫は何時ものように早く起き、パンを焼き
ジャムをつけ食べています。
私はおせち?ならぬ、お料理を
一応お重に入れて準備中です。

今日は11時から特別礼拝があります。
夫は行けるかどうかはわかりませんが
心から礼拝をし、その後は夫とのゆっくりした
時間を取りたいと思います。

イエス様とのゆっくりした交わりの時も
取りたいと思います。
夕方には長女が帰って来るので、
慌ただしくなるので・・・・・
家族ごとで礼拝出来る事を待ち望んでいます。

【2015/01/01 07:45】 | 未分類
トラックバック(0) |