FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今朝のデボーションに
「罪の増し加わるところには、
恵みも満ちあふれました。」
ローマ 5 : 20

とありました。
なんという神様の憐れみのことばでしょうか。
罪の増し加わるところに
恵みも満ちあふれましたとあるのです。

罪に嘆き悲しむのではなく、悔い改めて
神の恵みを受ける。
その恵みによって私は救われました。
夫も子供達も・・・・

神の恵みがあったから此処までこれました。
十字架の愛の恵みがあったから罪が赦され
生かされてきました。
本当に感謝します。
神の恵みに夫も私ももっともっと
気付き、恵みのなかで生かされますように。


【2015/03/10 14:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、寒いと思ったら雪が降ってきました。
早天祈祷会から帰える時もまだ降っていました。
夫に「雪が降って来たよ。」と言うと
反応なし?・・・もう知ってたのかも
しれません。

晴れてきたのでもう大丈夫かなと
思っていると又降り出しました。
3月の忘れ雪とも言いますので
すぐには暖かくなりませんね。

夫の病気は特に寒さは油断大敵です。
気をつけないと・・・・
今夜は「おでん」にでもしましょうか。
煮込みに時間がかかるので
明日のおかずになるかもしれません。

【2015/03/10 10:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は朝から雨。
ちょっと雨の日は苦手です。
何故って?バイクに乗る時、前が見えづらく
雨カッパを着なくてはならないからです。

昼・夜の食事の準備をしてある事を夫に
伝えて私は月曜礼拝へ・・・・
感謝!お昼からお天気になりました。
今日は、早く帰れるかな?

今朝の早天祈祷のデボーションで語られたみ言葉
「悔い改めて、初めの行ないをしなさい。」 黙示 2 : 5
飢え渇いて、み言葉を必死に読んでいた頃に
帰れますように・・・悔い改めをもって。

【2015/03/09 14:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
殆んど外出せず家にいる夫にとって
礼拝するという事は、一週間に一度の外出となる。
行き帰り、教会の助けを受けて車ではあるけど
外の空気にふれ、人々に触れ合うのも教会です。

夫が礼拝しているメイン礼拝の時は
私は裏で祈っているので、夫の様子を
知る事はできません。
しかし今日、教会の M さんを通して
いろいろ教えて下さいました。

先月の N さんのバプテスマ式の時、手を叩いて
いた事や、自分から聖書を取りに行っていた事など
少しづつ様子を知る事が出来て感謝でした。
あせらず、主に委ねて祈っていこうと思います。
私自身が神様が語っておられる事に敏感と
なれますように。

【2015/03/08 13:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
私達の教会では土曜日の夜9時から
「ゴスペル メッセージ on サタディナイト」
というラジオ番組をもっています。

その中でキャサリン・クールマンの
「わたしは奇蹟を信じる」という本の中から
実際的神様がなされた奇蹟が読まれています。

どの証を聞いてを神様の素晴らしさを
思わされ、神様の愛の深さを知ります。
今夜読まれた証は、今以上に神様の愛を
思わされました。

主のか細い声に、彼が ( その証人 )従い信じた時
死を目前にするような病が癒されたのです。
誰が手を置いて祈った訳でもないのです。
語られたみ言葉を信じて踏み出した時に・・

その中で語られていました。
「積極的な信仰は行動を伴う」と・・
信じて従う時( 行動をおこす )神様が
業を起こされます。

この「奇蹟を信じる」の本を読む時に
神様がどんなに私達を愛しておられるか
わかります。もうこの本は絶版になっています。
是非ぜひ、ラジオをお聞き下さい。
私も夫も積極的信仰を持つことができますように。



【2015/03/07 22:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
土曜日の朝も、お風呂を沸かして
夫に入ってもらいます。
どうしても土曜日の夜は遅くなるので
朝沸かすことにしています。

いろんな事をみる時に、
ちよっと私中心に回っているかな?
と、ちよっと反省です。

【2015/03/07 18:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日はお休みの日。
といってもやる事が山のようにあります。
まず夫の事をやってしまいます。
そして次は主婦業・・・・

この間、袋に詰め放題 ¥98を見て
安い!と飛びついて買った人参15本くらい
そのままにしてたので、先ずそれを、
見ると、あちこちから根が出てきていました。
へぇ、こんな所から出るんだとびっくりです。
全て皮を剥き固茹でにして、冷凍しました。

ジャガイモも芽を出しそうになっていました。
ジャガイモも人参も自分を養分にして生きようと
根を出してるのを見て強いなあと思いました。
植物にこんな強い力を下さっている主は
ましてや、信じる者をこのままにはしておかれない
一人一人に力を下さっていると思いました。

愛し贖って下さった主が、弱い者に力を与えて
神の働きに間に合う者として下さる事を信じて
歩んでいきます。

【2015/03/06 10:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は、何時もの木曜日のように
お風呂を沸かし、夫に入ってもらう前に
散髪をしました。
長男が使った布団を干し、毛布とシーツを
洗い、やっと以前の部屋に戻りました。

何故か?パスタを沢山残していったので
今日はスパゲティーにすることにしました。
ミートも出来上がり、さあ、これで夫が
いつ食べようとも大丈夫!

3時頃何やらゴソゴソしてます。
「ご飯、食べる?」「ああ」
「今日はスパゲティーだけど・・」
夫はああと言いながら、何時もの納豆も
出しています。
準備して出すと、納豆とお昼の残したおかずを
食べて、スパゲッティはスルーされてしまいました。
感謝!感謝!
たまには、いいと思ったんだけどなあ・・・・

【2015/03/05 17:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
私たちは、自分が健康な時は、
目が見えること、耳が聞こえること
手足が使えること、当たり前と思っています。

いえ、そんな事も考えずに過ごして
いるかも知れません。
私はその事に気付いたのは
自閉症という障害の娘を持ってからでした。
話す事の出来ない娘を見て初めて
目が見えることも、口が聞ける事も
初めて当たり前でないんだとなんか深く
入ってきて、涙が止まりませんでした。

そして、当たり前と思った傲慢さを悔い改め、
目が見える事、聞こえる事手足が使える事、
一つ一つを感謝しました。
その時全てが新しく見えた事を覚えています。
昨日までみた木々さえも新しく光って見えました。

夫は今、日常生活には不自由しませんが
以前のようにはいきません。
体を動かすことも、力を入れることも出来ません。
しかし、神様は真実で本人が願った通り
自分の事は自分で出来る力を与えていて下さいました。

夫も手足が使える事も、目が見える事も耳が聞こえる事も
当たり前でないことに気付いているとは思いますが
小さな事を、当たり前ではない事を
ひとつひとつ共に感謝できたらいいなあと思っています。


【2015/03/05 10:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
今朝、昼食、夕食の準備をして
その事を夫に伝え、教会にきました。
ほとんど、昼間は一人ですが
主よ。祝福して下さい。守って下さいと
祈りつつ出てきます。

その様な状況のなかで、今朝のデボーションより
励ましを受けました。

「神の御子が来て、真実な方を知る理解力を
私たちに与えてくださったことを知っています。
それで私たちは、真実な方のうちに、すなわち
御子イエス・キリストのうちにいるのです。
この方こそ、まことの神、永遠のいのちです。」
1ヨハネ 5 : 20
感謝です。真実な方を知る理解力を
与えて下さることを信じます。
今はどうであろうと・・・・・

【2015/03/04 12:46】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は 3月3日。
長男の誕生日です。今でも覚えています。
初めて抱いた時の事を・・・・
「これが私の産んだ子」と愛おしさが
込み上げてきた事を・・・

その様子を病院の同室の方のお母さんが
見ておられたらしく、後で言われました。
「あなたは、初めての赤ちゃんなのね。
抱っこしてるのを見てそれよ〜く
わかった。」と・・・・・

夫はその頃船に乗っていましたので
無線で「女の子、無事誕生!」と
連絡が入り聞いたそうです。
3月3日、ひな祭りなのでどうやら、
女の子と間違えられたらしいです。

夫は思ったそうです。「いや、男の子だ。」と
すると暫くして再び「男の子」という連絡があったそうです。
その長男がもう「おじさん」と呼ばれる年齢になりました。
いろんな事がありました。
初めて母親になったわけですから
何もわからず失敗だらけの母親だったと思います。

夫もそうだと思います。
かねては家にいない訳ですから、どうやって接したら
良いかわからなかったと思います。
長男もたま〜に帰ってくる父親を
2 ~ 3 才ぐらいまでは、そっと襖ごしに見ていました。

子供の成長を見るのは、父親はまた母親と違う感覚が
あるのかも知れません。
男同士という事で・・・・
自分を乗り越えていって欲しいという思いと
父親としてのブライドとのはざまで揺れ動く・・

今の夫の心情はわかりませんが
夫も長男も主に向かってまっすぐに歩んで
欲しいと願っています。

【2015/03/03 23:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
祈り・・・
祈りにはいろいろあります。
一人で祈る祈り、教会で共に祈る祈り、
どちらもとても重要です。

一人で祈れない時多々あります。
そういう時、教会で共に祈ると力を受けます。
また場所の問題もあります。
一人で祈る時も、家で祈るのと教会で祈るのと
全く違います。教会では祈りがスムーズにいきます。

しかし、どこであれ、どうしても一人で祈らなければ
ならない時があります。
特に夫婦間のことは主にしか言えない事がでてきます。
主の前に出て行き祈ります。

言葉にならない祈りになります。
涙がポタポタと落ちます。何故かわかりません。
わかる事は、せつなるうめきをもって内なる御霊が
祈っておられるということです。

私にはわからない夫の深い深い部分を祈って
おられる事を思います。
祈っていくなかで夫を愛しておられる主を知ります。
だから、いろんな事があっても主が共にいて下さるから
信じて祈っていけます。

祈っていく中で自分の罪深さや弱さを知ります。
祈るなかで悔い改めに導かれ、失望から希望へと
変えられていきます。
祈りは力です。
今日も十字架の恵みにすがって祈ります。


【2015/03/02 23:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
息子が一ヶ月近くいて、礼拝の時も
助かっていましたが、愛知へ帰った今、
教会の助けを受けて夫が礼拝にきています。

今朝、私が家を出る時に、9時過ぎに迎えに
くるので、準備しておいてと言い残し家を出て
来ました。
第一礼拝が済み、迎えに行くとちゃんと準備して
待っていました。
教会の方の助けを受けて車で教会へ・・・

神のことばが魂にとどきますように。
弱さを認め、そのままで主に依り頼みますように。
主の計画を知る事が出来ますように。

「わたしはあなたがたのために立てている計画を
よく知っているからだ。ー主の御告げ。ー
それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、
あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」エレミヤ 29 : 11

【2015/03/01 16:20】 | 未分類
トラックバック(0) |