5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20171031203516889.jpeg

2017103120351727d.jpeg

201710312035190af.jpeg

イスラエルチームのために祈っています。
祈りの応えを見るのはうれしいものです。
さらに神様のご計画が進みますように。
夫と共にいけますように。



スポンサーサイト

【2017/10/31 20:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171031134455d57.jpeg


今日は10月31日。
私たちの群れでは11月1日を新年としますから
今日は最後の日です。
祈祷部で丁寧に感謝しました。

個人的には
今日一日でも感謝することがたくさん起こっています。
ため息をぐっ!と飲み込み
「主よ!感謝します!」

教会の事はなんとか祈りのたびごとに感謝してますが
我が家の事はまだまだこれからです。
その事も感謝です。

【2017/10/31 13:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171031123849164.jpeg


今、わたしの所属する群では
イスラエル🇮🇱にチームが遣わされています。
皆さん、無事にテレアビブに到着されたようです。
主の祝福と守りが更に豊かにありますように。

【2017/10/31 12:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
2017102513005849d.jpeg


「その百倍を受けない者はありません。」マルコ 10 : 30

イザヤ牧師がイスラエルチームに参加するために出発されました。
祝福が豊かにありますように。

【2017/10/29 18:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171026184500b08.jpeg

今日は久々に西坂へ祈りに行きました。
やはり西坂はいいです。
すぐ主の方へ向けます。

祈りながら涙が出てきます。
感謝しながら祈っていくと
み言葉を下さっていた事を思い出しました。
憐れみ深い主に感謝します。
主は真実ですから感謝します。

【2017/10/26 18:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171025130057f89.jpeg

今日はケァーマネージャーさんの訪問日です。
11月の打ち合わせです。

良い情報を教えて下さいました。
かかりつけのK病院の系列で
新しい介護施設が出来てショートスティも
可能とか・・・・

何かあった時はショートステイが
あると助かります

【2017/10/26 14:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
2017102513005518a.jpeg

私には三人の子供がいますが
それぞれ成人しているで、毎日祈るというわけには
行きませんが導かれるままに祈っています。

先月、メールをしたら直ぐ返信が来る子から
返信がありません。
何かあったのだろうかと間をおいてメールを
するのですが返信がありません。

幾つになろうが子供は子供です。
どうかしたのだろうか。
病でおきあがれないのだろうか。
それとも事件か何か巻き込まれたのだろうかと
悪い方に悪い方に考えてしまいます。

こういう時はすぐ祈ればいいのですが
なかなか集中して祈れません。
でも祈り感謝していくとああ神様の御手の中にいると
平安が与えられます。

ラインでメールして見ると既読と出たので
「ああ生きてはいる」とホッとして
後は祈って行きました。
1ヶ月後にメールが・・・

神様は真実です。
神様に知っていただく。これが最善です。



「何も思い煩わないで、あらゆる場合に、

感謝をもってささげる祈りと願いによって、

あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、

あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」

ピリピ 4 : 6 ~ 7




【2017/10/25 16:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
20171025132927fae.jpeg

そこでイエスは、さらにこう言われた。

「わたしに何をしてほしいのか。」

すると、盲人は言った。

「先生。目が見えるようになることです。」

するとイエスは、彼に言われた。

「さあ、行きなさい。

あなたの信仰があなたを救ったのです。」

すると、すぐさま彼は見えるようになり、

イエスの行かれる所について行った。

マルコ 10 : 51 ~ 52

何をしてほしいのかと言われるイエス様に
心から願い信じて祈れますように。
信仰を用いて祈れますように。

【2017/10/25 14:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171025130236d6d.jpeg

それから、イエスは少し進んで行って、

地面にひれ伏し、もしできることなら、

この時が自分から過ぎ去るようにと祈り、

またこう言われた。

「アバ、父よ。

あなたにおできにならないことはありません。

どうぞ、この盃を私から取りのけてください。

しかし、わたしの願うことではなく、

あなたのみこころのままを、なさってください。」 マルコ 14 : 35 ~ 36

今朝のデボーション箇所より

十字架にかけられる前このように祈られたイエス様
ルカの福音書には
イエスは、苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。
汗が血のしずくのように地に落ちたとあります。

そして祈り切られたイエス様は
「立ちなさい。さあ、行くのです。
見なさい。わたしを裏切る者が近づきました。」と
真っ直ぐに十字架に向かって歩まれます。

私を救うために。
あなたを救うために。
人々を救うために。
主よ。あなたの命に生きることができますように。

【2017/10/25 13:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171019135426966.jpeg


201710191354257c0.jpeg


この間、興味深い話しを聞きました。
麦を成長させる過程の中で
麦踏みというのがあります。
せっかく芽が出た麦を踏むのです。

麦を踏むことにより茎に傷がつき
その傷ついたところからエチレン( 一種のホルモン )が
発生しこのエチレンは茎を太くする作用があるそうです。

麦を踏むことを通して茎が強くなり
風で倒れにくくなりさらに分枝も多く出てきて
強い麦になるそうです。
私たちも試練があるたびに強くなりますように。

【2017/10/24 17:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
2017101913542402c.jpeg

今日、ディサービスの日です。
準備するのに何時ものズボンが
見当たりません。

心当たりをみるのですが見当たりません。
「何処にやったったとよ!」と怒鳴っています。
「そんな大声を出さなくても」と言うと
「お前がバカやっでよ!」と言います。

「あら、そのバカを嫁にしたのはあなたでしょう。
お父さんにはバカ嫁でないと勤まらないのよ。」と言うと
苦笑いしています。
なかなか短気は治らないようです。
しかし主に不可能はありません。

【2017/10/24 15:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
201710241348540da.jpeg


20171024134855840.jpeg

10月21日に長崎港に入港した大型客船です。
びっくりしました。
どでかいビルディグという感じでした。

この日は旧香港上海銀行で山里ゴスペル主催のコンサートが
ありました。バイオリニストのKさんを迎えて・・・
夫は行く事は出来ませんでしたが今度ある時は
必ず聞けますように。

【2017/10/24 14:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171024100428a40.jpeg

先日、姉から送られたパンが
姉にお礼の電話をするのが遅くなり1日後くらいに
電話した時にはパンは夫の胃の中で私も娘も
一口も味わっていないことを笑いながら
話したら、又貰ったからと送ってくれました。

今度は知恵を使って夫にも小出しにして
あげています。
先日は2個置いてたら食べていました。
今日も2個置いてきました。

後、教会の方にも数個持ってきました。
これでみんなの口に入ります。
夫の食欲があるのはいいですが
太らないように祈ります。

【2017/10/24 10:16】 | 未分類
トラックバック(0) |

20171019135427358.jpeg

201710191353424e3.jpeg


先日、T さんの記念会の時
お菓子を頂きその箱の中にみ言葉のカードが
入っていました。

勿論一人一人違う、み言葉です。
娘が今の自分にぴったりでこわいくらい。
主は生きておられると言ってました。

私もそう思いました。
私に下さったみ言葉は

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。

たじろぐな。わたしがあなたの神だから。

わたしはあなたを強め、あなたを助け、

わたしの儀の右の手で、あなたを守る。

イザヤ41 : 10

感謝します。

【2017/10/19 14:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171019091947ad2.jpeg

今日はデイサービスの日
お迎えの人に「今日は寒かね」と
言いながら階段を降りています。

体力が弱ってきている気がします。
動作が遅くなって来ています。
でも口の悪さは変わりません。
夫らしいですが・・・・・

【2017/10/19 09:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
2017101821002947c.jpeg

先日、田舎の姉から貰ったからお裾分けと
言って美味しそうなパンと家で出来たピーマン
里芋が送られた来ました。

パンの香りがなんともいい匂いです。
姉からパンが送ってきたから・・・と
台所の棚に置いて教会へ行きました。

夕方帰って見るとビニール袋にひとかけらの
パンしかないのです。( 5 ~ 6個はあった )
思わず「ええっ!嘘でしょう!」と声に
出てしまいました。

姉にお礼の電話をする前に
全て夫の胃の中へ・・・・
その事を娘に話すと
「私はパンが送られて来た事さえしらんかった」と・・
二人で大笑いしました。
てすのでパンの写メも撮りそこないました。



【2017/10/18 21:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
201710182025403f7.jpeg


10月16日は夫の69歳の誕生日でした。
小さなショートケーキを買って
おめでとうと・・・・

今日、誕生日って知ってた?と聞くと
首を振ってます。
ここまで守り助けて下さってる主に
感謝です。

寄せ書きはデイサービスのスタッフの方より
貰ってきました。
「良かったね」と言うと
笑いながら「ケーキはなかとや?」って言うたら
ありませんと言われたと・・・

素直にありがとうと言えない夫らしいお礼の言葉ですが
相手に伝わっているかどうか疑問です。



【2017/10/18 20:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171015173525ae1.jpeg

まことに、まことに、あなたがたに告げます。

一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、

それは一つのままです。

しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。

ヨハネ 12 : 24


一粒の麦になって下さったイエス様。
自分に死にイエス様の下さった
神のいのちに生きることが出来ますように。

【2017/10/15 17:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
201710151551050fe.jpeg

20171015155104930.jpeg

昨日は T さんの1周年記念会がありました。

とても深いご臨在の中で始まりました。

中でもT さんの初孫である K さんと木原家の8人の子供達と

妻のYさんとKさんの大好きだった「一粒の麦」を賛美した時、

天国の Tさんも共に賛美しておられると強く思わされました。


記念会、愛餐会を通して、教えられる事がたくさんありました。

祈っていく時どんな夫婦も一つになる事を教えられる時でした。

又 Tさんの祈りの応えをみる記念会でした。


私たちも共に祈る夫婦になれますように。
神様にはおできになります。

【2017/10/15 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
2017101319595471b.jpeg

彼らは主に向かって心の底から叫んだ。

シオンの娘の城壁よ。

昼も夜も、川のように涙を流せ。

ぼんやりしてはならない。

目を閉じてはならない。

よるのあいだ、夜の見張りが立つころから、

立って大声で叫び、

あなたの心を水のように、主の前に注ぎ出せ。

主の向かって手を差し上げ、

あなたの幼子たちのために祈れ。

彼らは、あらゆる街頭で、

飢えのためによわりはてている。

哀歌 2 : 18 〜 19

教会では、金曜日に宣教の為の6時間の祈りをしています。
その後、聖書を読むのですが・・・今日はこの哀歌を読みました。
この箇所は「わたしの召しはなんでしょうか」と
祈った時に与えられたみ言葉です。
勿論、いくつかの吟味をしてこの箇所を通して
召しが「祈り」である事の確認がとれたのです。
主よ。心を注ぎ出して祈れますように。

【2017/10/13 20:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012175703a34.jpeg


もしあなたがあなたの神、

主の声に確かに聞き従い、主が正しいとみられることを行い

またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら

わたしはエジプトに下したような病気を

何一つあなたの上に下さない。

わたしは主 あなたをいやす者である。」

出エジプト 15 : 26

【2017/10/12 20:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012181118c06.jpeg

ディサービスから帰ってきてすぐ昼食を取り
後片付けをしてちょっと疲れたので
うとうとしていると・・・

「おかずはなかとや?」の声に起こされました。
えっと時計をを見ると13時46分です。
「えっ、お父さん、もうご飯食べるの?
さっき食べたばっかりなのに」と言っても
「腹へった」と・・・

いつもだと冷蔵庫を開けてなにかしら
食べるのでしょうが・・・
冷蔵庫が空の状態でご飯をと
なってるのかも知れません。
急遽、あるもので準備して出すと
黙って食べてます。

たまには、冷蔵庫の掃除にもなり
私たちの体にもいいのではと
思っているのですがそうはいかないようです。

16日は69歳の誕生日です。
何か、美味しい物をと思っていますが・・
主よ。知恵を下さい。

【2017/10/12 18:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012181120327.jpeg

今日は夫はディサービスの日でした。
準備を促すと「まだ、来んてや!」と
ご機嫌斜めです。

待たせると悪いから準備しとけはいいでしょうと言うと
「まだ来んてや!」と言いながら準備をし始めました。
もうすぐ来られると思い靴まで履いておこうと言うと
渋々履き始め履き終わった途端、ドアがノックされ
お迎えが・・・グッドタイミングです。


【2017/10/12 18:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
201710121757013c2.jpeg

「主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ。」

マルコ 1 : 3
今朝のデボーション箇所より


今何が起きてもおかしくない情勢です。
賛美と感謝をもって、悔い改めをもって
備えていくことが出来ますように。

【2017/10/12 18:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012101629a53.jpeg

カリスマ聖会での中での特別賛美
山里ゴスペルクラブの「元気をだして」です。

娘曰く
「物凄く良かった❣️
このまま早く大学病院で賛美して」と思ったと・・・

山里は外に出て ( 教会外で ) 賛美している時が
一番いい。神様が働かれるのが凄くわかると・・・

ちなみに娘は教会から離れている時
長崎駅のかもめ広場で山里が賛美している時
そこを偶然 ( 神様には偶然はありませんが )
通りかかり涙が溢れて止まらなくなり
人前にもかかわらず泣いてしまった事があります。


あの時くらい感動したそうです。
わたしは残念ながら祈りの奉仕なので
山里の賛美を聞くことは出来ませんでしたが・・・

時が来ている事を覚えます。
わたしたちが力がなかろうが、祈り不足、練習不足で
あろうが神が言われた事に従う時、神ご自身が
働いてくださる事を思います。

それは神様御自身が人々を救いたいと願って
おられるゆえに・・・・
十字架の愛のゆえに、恵のゆえに
救われていきますように。
夫も洗礼を受け十字架の恵のなかで生かされますように。

【2017/10/12 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012102708c80.jpeg

20171012102707a19.jpeg

赦しのメッセージもされました。
私たちのなかにお父さんを赦してない方
あるいはお母さんを赦してない方
誰かを赦してないなら
神様の業をみれなくなると・・・・

みんなで声を出して「赦し」の祈りをしました。
家族間の中でも自分では気付いていない
赦していないものがあるかもしれません。

主に聞いて心を探っていただいて
悔い改めていきたいと思います。

【2017/10/12 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012101626f8e.jpeg

20171012101627f68.jpeg

昨夜は群れのA牧師を迎えてのカリスマ聖会でした。
夫はこれませんでしたが・・・
祝福された時でした。

「わたしは誰よりも神様に愛されている。」
と信じる事の大切さを語られました。

それは一人一人です。
本当に信じていくならばいつもいつも喜びが
溢れてくる筈よねと自分自信に突っ込みを
入れながら信じて告白しょうと思いました。

【2017/10/12 10:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171011174601c0e.jpeg


20171011174602b82.jpeg


今日はちょっぴり忙しい日でした。
朝夕は秋の気配なのですが
昼間はとても暑い日でした。

これから教会は群れの長老を招いて
カリスマ聖会があります。
祝福が豊かにありますように。

【2017/10/11 17:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171009131119542.jpeg

朝夕涼しくなったのですが
まだまだ日差しが強く暑い日でした。

今日は嬉しい事がありました。
教会でいつも祈ってるご家族に会いました。

明日の準備の必要のため近くのストアに行き
レジでふと横を見ると「あれっ!」見たような女の子が・・
横を見るとああ!祈っている I さん家族が・・・
思わず二人の子供達に頬ずりしてしまいました。

下の Y 君は大きくなって見違えました。
R ちゃんも最初は見間違えてしまうほど顔つきが変わってました。
お姉ちゃんぽくなってました。
必ず又一緒に礼拝出来ますように。

【2017/10/10 17:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171009184826cc3.jpeg

「私はまことのぶどうの木であり、私の父は農夫です。」

「わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、

実を結ぶものはみな、もっと多くの実を結ぶために、

刈り込みをなさいます。」 ヨハネ 15 : 1 〜 2



以前、娘が働いているところで必要に迫られ
葡萄について学んだ事があるそうです。
葡萄は土で出来具合いが物凄く違うそうです。

上等なワインを作るには原料となる葡萄を
育てるのに物凄い手間ひまをかけるそうです。
土も人が口にして試すほど良質な土にするそうです。
なぜならその土の成分が葡萄の実に大きく影響するの
でとても愛情を注いで葡萄を育てていくそうです。

娘は言ってました。
聖書に
「わたしはまことの木であり、私の父は農夫です。」
とあるけど、本当に神様は農夫だと思った。
ていねいに、時間をかけて、忍耐をもって
愛情を注いで私たちを育てて下さっていると
改めて思ったと・・・・・

良質の実を結ばせるため
天の父なる神は今日も刈り込みをして下さっています。
へり下って刈り込みを受けていきたいと思います。

【2017/10/09 22:10】 | 未分類
トラックバック(0) |