FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
2019013112341787a.jpeg


彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、

その衣を子羊の血で洗って、白くしたのです。

だから彼らは神の御座の前にいて、

聖所で昼も夜も、神に仕えているのです。

そして、御座に着いておられる方も、

彼らの上に幕屋を張られるのです。


彼らはもはや、飢えることもなく、

渇くこともなく、

太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。



なぜなら、御座の正面におられる小羊が、

彼らの牧者となり、いのちの水の泉に

導いてくださるからです。

また、神は彼らの目の涙を

すっかりぬぐい取ってくださるのです。

黙示 7 : 14 ~ 17
スポンサーサイト




【2019/01/31 12:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190131092454a80.jpeg



今日はディサービスの日です。
今朝は雨が降っていますが
あまり寒くありません。
お迎えを受けて出発しました。

【2019/01/31 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
201901310924536d7.jpeg


神は、私たちひとりひとりから

遠く離れてはおられません。

私たちは、神の中に生き、動き、

また存在しているのです。



あなたがたのある詩人たちも、

「私たちもまたその子孫である」と言ったとおりです。

そのように私たちは神の子孫ですから、

神を、人間の技術や工夫で造った金や銀や

石などの像と同じものと考えてはいけません。


神は、そのような無知の時代を見過ごして

おられましたが、

今は、どこででもすべての人に

悔い改めを命じておられます。

使徒 17 : 27 ~ 30

今朝のデボーションより

【2019/01/31 09:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190128192026bb1.jpeg



真夜中ごろ、

パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、

他の囚人たちも聞き入っていた。

ところが突然、

大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、

たちまちとびらが全部あいて、

みなの鎖が溶けてしまった。

使徒の働き 16 : 25 ~ 26



主は賛美の中に住まわれると、聖書に
ありますけど・・本当に賛美する時
そこに主の御臨在が現され主の御業が起きていきます。

パウロとシラスは、福音を伝えるなかで
捕えられ、何度も鞭打たれ足かせをかけられ
奥の牢に入れられました。
人間的には不条理な事です。
ましてや、真夜中に奥の牢に入れられたのです。

しかし、彼らは神に祈りつつ賛美の歌を歌った
とあります。
他の囚人たちも聞き入っていたと・・・
真夜中です。

囚人たちが聞き入ってしまうほど
主の御臨在が溢れていたのでしょう

そして大地震がおき、獄舎の土台が揺れ動き、
とびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまったと・・・


どんな状況であろうと、主に祈り賛美する時、
主ご自身の力が注がれ栄光を現されていきます。
鎖が解けたにも関わらず囚人たちは逃げませんでした。
賛美の中に住まわれる主ご自身にふれられたのでしよう。


私たちは、何か問題が起切る時、困難が許される時
何処に目を向けるかで違ってきます。

問題、困難だけに目を向けると、
不安と恐れでいっぱいになり、もうこれで終わりだと
思ってしまいやすいものです。
( それでは敵の策略にのってしまいます。)

しかし、問題も困難も主の御支配の中である事、
たとえ、敵の策略だとしても神の許可なくしては
敵も動く事ができない事をしっかりとらえ、
そこで、神に祈り、感謝する時、賛美する時
主ご自身が働いて解決して下さいます。

主は全能なるお方です。
私たちが発想することのできない方法で
解決して下さいます。
又、賛美、感謝する時、思いがけない方法を
教えて下さいます。

困難ななかで「賛美する」
それは、私たちの目を心を主に向けさせる
最善の方法です。
いのちを捨てて愛して下さった主は
私たちに最善しかお出来にならないお方です。

今朝もこのデボーションのみ言葉にふれ
我にかえり、感謝し賛美すると主の方法を
もって解決して下さいました。
主の御名をほめたたえます。

【2019/01/30 09:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019012913172919b.jpeg


殉教記念聖会が近づいて来ています。
私が26聖人の事を始めて知ったのは、約30年位前です。
長男が中学校の修学旅行で、
長崎の26聖人の殉教地に行く事を知り
その時始めて「26聖人」という事を知りました。


その時、何故かもっと知りたいと思いました。
そして自分なりに図書館にいき調べてみて
日本で始めて殉教者だという事がわかりました。
その頃はこの群の教会ではなかったのですが、
その後、殉教、リバイバルと語られているこの群に
導かれました。

その頃、鹿児島にいたのですが、
長崎と26聖人の事が思いの中から消える事が
ありませんでした。
毎月一度の長崎カリスマ聖会に、
鹿児島の牧師ご夫妻と共に参加しました。

又、「26聖人の足跡をたどるツアー」として
26聖人が山本村、彼杵、時津、西坂と辿った
後に行き、礼拝し、黙想の時をもつツアーに
参加しました。

西坂に来た時、わたしは祈りました。
「イエス様。もっと26聖人の事を知りたいです。
毎年、西坂にこれますように。」と・・

すると翌年、26聖人400年 殉教記念聖会が
開かれそれから毎年、一度だけない年がありましたが
あとはずっーと開かれるようになりました。
主の恵みによって毎年、参加しております。

そして、11年前に長崎に導かれて
長崎の教会に転会して、今ではいつでも西坂に
これるようにして下さいました。
そして、全国から来られる方々をお迎えする側に
なりました。
とても主に感謝しています。

この年、特別に憐れんで下さって
深い、深い、天の御臨在が現され、いつもいつも
永遠に目を向けている事ができますように。


【2019/01/29 13:21】 | 未分類
トラックバック(0) |
201901281920253c3.jpeg



あなたの重荷を主に委ねよ。

主は、あなたのことを心配してくださる。

主は決して、正しい者がゆるがされるようには

なさらない。

詩篇 55 : 22

【2019/01/29 12:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019012911325917f.jpeg


先日の日曜日、Eさんの洗礼式がありました。
キリストの花嫁となられたEさん
おめでとうございます。

Eさんご夫妻は、1年半前に結婚されました。
お互いに再婚同士です。
お子さん達ももう成人しておられ、
結婚届けの証人に、奥様の長男の方が
なって下さり署名してから
Eさんに「母をよろしくお願いします。」と
言われたそうです。

またお二人は、初恋同士で
中学の時、運動会で応援団長、副団長の仲だそうです。
主は粋な計らいをなさいます。
38年来のミラクルと題してブログを書いておられます。

洗礼を受けられて本当に良かったです。
今後の歩みが更に祝福されますように。




【2019/01/29 11:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190128192029742.jpeg


Eさんの洗礼式があった時
夫も礼拝に出ていました。
とても、私は楽しみにしていたのですが
( 今後の夫のために・・・)

なんと、賛美が終わり、これから洗礼式という時に
「トイレに行く」と・・・
ええっ!感謝です。
結局、洗礼式は見れずじまいです。
主よ。感謝します。
主が最善の時に夫も洗礼へと導いて下さいます。

「いつ見ても、洗礼式はいいね。」と
娘も泣いていました。
天でも喜びが湧き上がっていることでしょう。

【2019/01/29 11:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
201901290855237a6.jpeg


この後、わたしは帰って来て、

倒れたダビデの幕屋を建て直す。

すなわち、廃墟と化した幕屋を建て直し、

それを元どおりにする。

それは、残った人々、すなわち、

私の名で呼ばれる異邦人がみな、

主を求めるようになるためである。

使徒 15 : 16 ~ 17


今日のデボーション箇所です。
なんと感謝なことでしょう。
主は倒れた幕屋を建て直し
廃墟と化した幕屋を建て直して下さる。

いのちを捨てて贖って下さった主は
倒れた幕屋をそのままにしておかず
廃墟と化した幕屋を建て直して下さる。

残った人々が主を求めるため
救われるために。

【2019/01/29 08:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019012312291968c.jpeg


主は、 私たちの成り立ちを知り、

私たちがちりにすぎないことを

心に留めておられる。

詩篇 103 : 14



主の深い憐れみを感謝します。
ちりにすぎないものを
罪人にすぎないものを
いつも心に留めていて下さる。

【2019/01/26 08:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190124120845b4b.jpeg


数ヶ月前の台風で、門や駐輪場が被害を
受けたのをきっかけに、
ビルのオーナーが、改装することを決められ
昨年、11月頃より門、駐輪場と共に
1階から5階までの階段、廊下、ドアの
改装に入りました。

完成してとても綺麗にはなったのですが、
今までは各階、ドアの色が各階ごとに
違っていたのですが、今回は廊下の色に
合わせてドアもシックな色に・・・・

全階、同じ色なので、間違われる時も・・
ディサービスの方も、火曜日連れて帰って
来てくださる時、
間違われて5階まで行かれたそうです。

本当に綺麗になったのですが
私たちも間違いそうになる時があります。
でも、全く別なビルのようになりました。

【2019/01/24 12:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190124091612cda.jpeg


今日は調子がいいようです。

せっかちの夫は、朝から準備中にも関わらず

風呂は? 鏡は?とうるさいです。

元気になった証拠でしょうか。

そして、自分の思う通りにしないと気がすみません。

私が朝食をとっている最中、

「靴下を履いとこうかね。」と、

何時もはすぐ、食事をやめて靴下を履かせるのですが、

今日は「待ってね。食事をすませるから」というと

ムスッとした顔をして自分で靴下を取りに行き

自分で履いてました。

(自分で出来るじゃん!)

これからこの手で行くことにします。

なんでも私がするのではなく

自分で出来ることはやらせる。

それがリハビリにつながる。

ほんとに手助けしないといけない事は

たくさんありますから・・・・

夫も、私も忍耐が必要なようです。

【2019/01/24 09:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190123122922f6d.jpeg


あなたがたを、

つまずかないように守ることができ、

傷のない者として、

大きな喜びをもって栄光の御前に立たせることのできる方に、

すなわち、

私たちの救い主である唯一の神に、

栄光、尊厳、支配、権威が、

私たちの主イエス・キリストを通して

永遠の先にも、今も、また世々限りなくありますように。

アーメン。

ユダの手紙

【2019/01/24 09:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019012312291968c.jpeg


よく娘が、お母さん、話さないと
わからない事があるんだよ。

お母さんは、お父さんにもう少し言った方が
いいと思う。
お父さんは言わないとわからないと
思うと以前からよく言ってました。

今回、私も夫も体調が悪いなか、
夫は自分の事が自分で出来ないことが
多々あるので、私がどうあろうがお構いなく
「お〜い!お〜い!」と呼びます。

「私は、おい じゃないんだけどなあ」と
心で呟きつつ「は~い」と返事をして夫の元へ
自分の思うままにいかないときは、暴言を吐いたり
手を振りあげようとしたりします。

「お父さん、私や、私だけでなく他の人にも、
してもらって当たり前と思ってる?
そんな暴言を言ったりしていると、する方は
やる気なくすんだよ。」と言いました。

夫は黙っています。
その事があって次の日、ドアを閉めろと
ドアを指差します。(いつものことですが・・・)
ドアを閉めると
「めんどうかけるね。」と えっ?えっ?えっ?

結婚して、始めて夫から聞くことばです。
びっくりしました。
この言葉を出すのに夫は勇気がいった事でしょう。
神様が働いて下さっているとしか思えません。
驚きのことばでした。

【2019/01/23 12:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120183238f84.jpeg


私の選びの器です。

使徒 9 : 15



私たちは、自分の目で見て事、
感じた事、又人から聞いた事などで
人を見てしまいやすい者です。

しかし、神様がその人をどう見ておられるか
又、どういう計画をおもちなのかが重要です。
神が「わたしの選びの器です。」と
おっしゃるのなら、そうなのです。
信じて祈って待ち望みましょう。

【2019/01/23 09:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120183245d6f.jpeg



神へのいけにえは、砕かれた霊

砕かれた、悔いた心。

神よ。あなたは、それをさげすまれません。

詩篇 51 : 17


【2019/01/22 14:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120184538d6c.jpeg



翌朝、すぐ夫の所にいき、額に手を当てると
熱がありません。
熱を測ってみると36度4分 平熱です。

十字架の愛の深さを思いました。
祈りを拒絶する夫を私は「もう知らん!」と
投げ出しました。

でも私の内におられる主は、
何度も何度も何度もやさしく「祈りなさい」と
言い続けられました。

主の愛を受けてる私はそれを拒む事はできません。
主の助けを受けて、
ただただイエス様の十字架の愛の深さに感動し、
その愛は相手がどうであろうと変わりない愛
十字架の愛に感謝し、イエス様に感謝し
イエス・キリストの十字架の愛に感謝するだけでした。

主の十字架の愛は深く、
祈りを拒絶する者を愛し、
祈りを嘲笑する者を愛し
十字架の愛を注ぎ続け癒して下さいました。
十字架の愛の恵みに感謝します。

夫も必ずこの十字架の愛に気づき、霊に悟り
イエス・キリストの十字架の愛に感謝する者と
なりますように。

イエス様。
十字架の愛に感謝します。



【2019/01/22 13:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120184538d6c.jpeg



主に「祈りなさい」と押し出され
主人の寝ている部屋の隅っこで
クッションに座りコートを頭から被り
暗闇の中で小声で祈り始めました。

イエス様。
あなたの十字架の愛を感謝します。
あなたは拒絶する者のためにも
愛を注ぎ、いのちを捨て愛して下さってる
イエス様。その十字架の愛を感謝します。

夫の為の十字架の愛を感謝します。
十字架をありがとうございます。
十字架を感謝します。
十字架の愛を感謝します。

その時の祈りはただそれだけでした。
癒しの祈りではなく、熱を下げて下さいでもなく
インフルエンザから守って下さいでもなく、

本当にイエス様の十字架の愛の凄さを思ったからです。
自分を拒絶する者ために、
祈りなんてと鼻で笑う者のために、
祈れとおっしゃるイエス・キリストの十字架の愛に
感謝せずにはおれなかったからです。

ただただ、十字架の愛に感謝し、
夫の為の十字架の愛に感謝する。
イエス様の十字架を感謝する。

どれぐらいしたでしょうか?
そんなに長い時間ではなかったと思います。
夫の息苦しそうな寝息が静かな寝息と変わりました。
額に触ると、心なしか熱が下がってるような感じです。
私ももう、休むことにしました。

【2019/01/22 12:27】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120184538d6c.jpeg


やはり、夫にも感染したらしく、
咳が出て、少し熱も出てきています。
トイレに行こうとするたびに、
何度も倒れます。

トイレに行くたびに介助が必要です。
それも15分おきくらいに起きていくのです。
病院へ行くにも、タクシーを呼ぶにしても
1階まで階段を下すことができません。
かといって救急車を呼ぶわけも行きません。

祈りつつ、私がもらっていた、解熱剤を
飲ませました。
顔も赤らみ呼吸もきつそうです。
背中に手を置いて祈っていると
夫がきつい目で私を見、
「なにしてるんや!」と
「せんでよか!」と怒鳴ります。

私も疲れている中で、そう言われると
もういい、もう知らん、祈らんでいいなら祈らん!
と思い、自分のベッドに倒れ込みました。

眠ろうと思うのですが眠れません。
私の内におられる主が言われるのです。
「祈りなさい。」と何度も・・・

主には逆らえません。
私は、しぶしぶクッションとコートをもって
主人の部屋に移動し、部屋の隅っこに
座り、コートを頭から被り暗闇の中で
祈り始めました。


【2019/01/22 12:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120184538d6c.jpeg


私は朝一番で、近くの大きな病院へ
今、インフルエンザが流行している時からか
症状を言うと、即、発熱外来というところで
待つ事になりました。
(他の外来患者さんとは、離れた所にありました。)

検査の結果は陰性だったのですが
Drが家族が既にインフルにかかっているのと
私の症状からインフルエンザとしての対応を
取ってくださいました。

即座にインフルエンザウイルスを増殖しない
薬を吸入させて下さり、内服薬とトローチの
処方されました。

水分を補給をし、暖かくして休むしか
ありません。
ただ夫にうつさないように、娘も私も
気を使いました。
しかし、夫の介助、介護があるゆえに
離れるといると言うことはできません。

夫も体調を崩していつもより、
歩行器は使っているのです、度々倒れます。
その度に駆け寄り手助けするのですから
うつらない方が不思議なくらいです。

【2019/01/22 11:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120184538d6c.jpeg


娘、私、夫と次々にインフルエンザにかかり
しかし、主はそれぞれを守り癒して下さいました。

まず娘・・・・
先週の火曜日の午前中に
「会社がインフルエンザパニックです。
うつらないように祈って〜」とメールがありました。

娘は仕事帰りに気になって、
熱はなかったけども病院に診察に行き、
検査の結果インフル反応 陽性で
会社も休む事となりました。

私も朝から、喉が変でうがいをしたのですが
治らず、そのまま教会へ、その後鼻水ダラダラです。
午後から身体の節々が痛くて教会から家に帰り
三人でのラインでの祈りを終わり、きつくて
すぐ横になりました。
その時に熱が37度4分でした。

夜になり、熱も上がってくる感じです。
教会にも連絡し、明日の早天、各祈祷会も
休みをいただき、明日の朝一番に病院へ
行く事にしました。

【2019/01/21 14:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190120183243573.jpeg


先週の火曜日から今日まで
我が家は家族全員インフルエンザに
感染してしまいました。

まずは娘、私、夫と皆、感染してしまい
今日はオンライン礼拝をしました。

皆さんの祈りの支えと主の守りと助けを受けて
明日は教会に行けそうです。
ただ、他の人に感染しない時期になって
動かないと、殉教記念聖会がちかいので・・・

それと夫も昨日解熱したのですが、
筋肉が弱まっているのでトイレに行くにも
介助が必要です。

私は木曜日には解熱していたのですが、
その後、夫がかかり結果的には約1週間位
教会をお休みしました。

【2019/01/20 18:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
201901141805486eb.jpeg


「見よ。

わたしはあなたとともにあり、

あなたがどこへ行っても、

あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。

わたしは、

あなたに約束をしたことを成し遂げるまで、

決してあなたを捨てない。」

創世記 28 : 15


神のことばは力です。
心痛め、苦しんでいる時、そのままを
主に心注ぎ出して祈る時
み言葉をもって応えて下さいます。

それがどんなに励ましとなり力となるか。
そのみ言葉を信じて祈って行く時
主は必ずそのみ言葉の成就をなして下さいます。

神は真実です。
私たちは不真実でも、
いい送られたみ言葉の成就をなさいます。

【2019/01/15 13:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190114180550e5a.jpeg


私たちのたましいは主を待ち望む。

主は、われらの助け、われらの盾。

まことに私たちの心は主を喜ぶ。

私たちは、聖なる御名に信頼している。

詩篇 33 : 20 ~ 21

【2019/01/15 11:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190114180546a98.jpeg

20190114180547925.jpeg


月曜礼拝には、月曜礼拝の恵みがあります。
主日礼拝とメッセージ箇所は同じなのですが
主は生きて働いておられるので、
主日礼拝では、語られなかった事や
聞けなかった事が聞けます。

メッセージジャーも
どうも月曜礼拝は自由になりすぎるなあと
笑いながら、証なども語られる事が
多々あります。

今日も昨日は語られなかった事が
語られました。
それが私には深く入ってきました。

ヨハネ 20 : 19
弟子たちがいた所では、
ユダヤ人を恐れて戸が閉めてあったが、
イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。
「平安があなたがたにあるように」

弟子たちは恐れて戸を閉めていた。
それも鍵をかけていたのでは・・・
そこにイエス様は、無理やりこじ開けて
入って来られたのではなく
通り抜けて来られた (復活されておられるゆえに)

イエス様は、どんなに心頑なにしている人であっても
無理やりこじ開けられることはなさいません。
主の愛で、アガペーの愛で頑なな心を溶かし
その人の中に入っていかれますと・・・・
そして「平安がありますように」と言って下さいますと・・・

そのメッセージが深く入ってきました。
主は夫を愛して下さっている。
今はどうであろうと、
主に不可能はない。
主ご自身が夫自身にふれ語って下さる。

夫のそのままを受け取れますように。
我が家が主の光でてらされ、喜びの家と
なりますように。

【2019/01/14 18:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190109165703f62.jpeg


もうすぐ、2月5日殉教記念聖会です。
朝、早くから奉仕があります。
今年は、夫を一人、長時間置いとくのは
困難です。

どうしたらいいかと主に祈っていると
ふっと、「ショートスティ」と思いの中に
きましたので、ケースワーカーさんに
聞いてみることにしました。

色々、調べて下さり良い所があったのですが
( 個室、テレビつき、リハビリなし)
夫がいやと言います。
感謝します。
主の守りを祈り、途中で抜けて様子見に
帰るしかないようです。
主が最も良い方法を下さるように
又、祈っていきます。

【2019/01/14 17:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190113153309620.jpeg


今日は主日礼拝。
朝4時45分、私が教会に行く前に
「今日、どうする?教会に行く?」と聞くと
「行く」と・・・・
いつもの通り教会の送迎の助けを受けて
礼拝へ・・・・・


今日のメッセージは
ヨハネの福音書20章より
「平安があなたがたにあるように。」

イエスはもう一度、彼らに言われた
「平安があなたがたにあるように。
父がわたしを遣わしたように
わたしもあなたがたを遣わします。」

この箇所からメッセージが語られました。

十字架にかかられたイエス様を見放し逃げた弟子たちに
「平安があなたがたにあるように」と言われたイエス様

恐れて戸を閉めていた弟子たちに
「平安があなたがたにあるように」と言われたイエス様

すべてを赦し、愛し使命を与えていかれるイエス様

その主がわたしの主。
自分自身をも見放したくなる私を
「平安があなたがたにあるように」と言って下さる主


主があなたを置かれたそのところで
そこに居続け、愛し抜いて下さい。
それには聖霊の助けが必要です。
主が業をなされます。
と語られたメッセージは、心に響きます。
主の恵みによって、全うできますように。


【2019/01/13 16:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
201901051841063a9.jpeg



愛する者たち。

あなたがたをこころみるために

あなたがたの間に燃えさかる火の試練を、

何か思いがけないことがおこったのように

驚き怪しむことなく、

むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、

喜んでいなさい。

それはキリストの栄光が現れるときにも、

喜びおどるものとなるためです。

もしキリストの名のために非難を受けるなら、

あなたがたは幸いです。

なぜなら、栄光の御霊、すなわち神の御霊が、

あなたがたの上にとどまってくださるからです。

1ペテロ 4 : 12 ~ 14

【2019/01/12 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190112153946288.jpeg


イエスは、酸いぶどう酒を受けられると

「完了した」と言われた。

そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。

ヨハネ 19 : 30

【2019/01/12 15:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190109165701e07.jpeg



妻たちよ。

自分の夫に服従しなさい。

たとい、みことばに従わない夫であっても、

妻の無言のふるまいによって、

神のものとされるようになるためです。

それは、あなたがたの、

神を恐れかしこむ清い生き方を彼らが見るからです。

1ペテロ 3 : 1 ~ 2


今日のデボーションより。
昨日、田舎と姉と祈る時、
聖書にこうあるからと今日のこのみことばを
使って祈ったばかりでした。
感謝します。

【2019/01/11 17:12】 | 未分類
トラックバック(0) |