FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
201906291612182e1.jpeg


なぜなら私は、あなたがたの間で、
イエス・キリスト、
すなわち十字架につけられた方のほかは、
何も知らないことに決心したからです。
       コリント人への手紙 第一 2章2節

パウロにとって、
イエス・キリストに出会ったことは、
全く人生を変えました。

そして彼にとってイエス・キリストとは、
十字架につけられた方、
パウロを愛して、ご自分の命まで捨てて、
十字架にかかり、呪われたものとなって
罪の贖いをなしてくださった方でした。

パウロは博学で知識と知恵に富んでいました。
しかし、パウロは、
すぐれたことばやすぐれた知恵を用いて、
神のあかしを宣べ伝えることはしなかったのです。

なぜなら、コリントの人たちの間では、
イエス・キリスト、
すなわち十字架につけられた方のほかには、
何も知らないことに決心したからです。
しかも彼らといっしょにいたときのパウロは、
弱く、恐れおののいていました。

パウロは、
説得力のある知恵のことばによって
福音宣教を行ないませんでした。
パウロの宣教は、御霊と御力の現われでした。
それはコリントの人たちの持つ信仰が、
人間の知恵にささえられず、
神の力にささえられるためでした。

十字架は、そして十字架のことばは
信じるものには神の力、神の最高の知恵なのです。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より
スポンサーサイト

【2019/06/29 17:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190626140349b74.jpeg


兄弟たち、あなたがたの召しのことを

考えてごらんなさい。

この世の知者は多くはなく、権力者も多くはなく、

身分の高い者も多くはありません。

しかし、神は、知恵のある者をはずかしめるために、

この世の弱い者を選ばれたのです。

また、この世の取るに足りない者や見下されている者を

神は選ばれました。

すなわち、有るものをない者のようにするため、

無に等しいものを選ばれたのです。

これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。

I コリント 1 : 26 ~ 29

今日のデボーションより

【2019/06/29 16:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190618073136330.jpeg


十字架のことばは、滅びに至る人々には

愚かであっても、

救いを受ける私たちには、神の力です。

I コリント 1 : 18


今日のデボーションより

【2019/06/29 15:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019062913500957d.jpeg


先日、ある方から「かんころ餅」をいただきました。
とても嬉しいでした。
長崎のかんころ餅はとても美味しいのです。

でも買って食べるには、ちょっと私にとっては
高いので、長崎に来て10年ちょっとになりますが
まだ一回しか食べたことがありません。

それも、ある方が教会に持ってこられ
皆さんで一緒に頂いて、かんころ餅ってこんなに
美味しいだとびっくりしました。

ですからとても楽しみでその時はちょっと忙しかったので
ゆっくりと2 ~ 3日後にと思って冷蔵庫に入れました。
夜中に何かごそごそ音がするので、んっ?もしかして
夫が見つけて食べているかな?と思いましたが
全部は食べないだろうから、「まあ、いいか」と
そのまま眠りました。

翌朝見ると、やはり少し食べていました。
残りをきちんと切ってタッパーに入れておきました。
今日、帰ってから夫と共に食べようと思ったからです。
レンジで少し温めなければならないからです。

教会の奉仕がすみ家に帰ると、タッパーに入れた
かんころ餅が、影も形もありません。
「ええ!お父さん、かんころ餅を全部食べたの?」
と聞くと「ああ」と・・・・

ショックでした。
勿論、食べれなかった事もですが、
これを下さった方の心、状況を思う時に・・・
(詳しくは書けませんが・・私にとっては特別な意味のあるお土産でした。)
なんとも言えない哀しい気持ちになりました。

仕方ありません。
夫は何も知らないのですから、又家族に残そうという思いも
ない人ですので・・・
感謝しました。
お土産を下さった人はいつも私と祈る時、夫の事も祈って
下さっていました。
彼女にも、夫にも祝福がありますように。

ちょっと腹を立てた私を許して下さい。
夫に悪い思いを持った私を許して下さい。

いま、主はいろんな事を通して、私自身の内側を
主の光で照らして整えて下さっているようです。


【2019/06/29 14:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190629135008d7d.jpeg


「誇る者は主を誇れ」
コリント人への手紙 第一 1章31節


私たちは、
人間的な能力や神のしてくださった働きさえも、
自分のことのように誇ってしまいやすいものです。
コリントの教会には御霊の賜物が現れ、
神の働きが起こっていました。
しかし多くの問題も許されていましたが・・・。

そのコリントの教会に送ったパウロの手紙には
「あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい。
 この世の知者は多くはなく、
 権力者も多くはなく、
 身分の高い者も多くはありません」とあります。

それは神さまが、
知恵ある者をはずかしめるために、
この世の愚かな者を選び、
強い者をはずかしめるために、
この世の弱い者を選ばれたからですと、
パウロは聖霊に導かれて書いています。

さらに
「この世の取るに足りない者や見下されている者を、
 神は選ばれました。
 すなわち、有るものをない者のようにするため、
 無に等しいものを選ばれたのです。
 これは、神の御前でだれをも誇らせないためです」
と言っています。

私たちは、主を誇りましょう。
主イエス・キリストの御名だけを、
誇りとしましよう。
主は、ますます私たちを祝福し、
神の栄光と御業を現してくださることでしょう。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/06/29 13:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190627091908e24.jpeg


神の愚かさは人よりも賢く、
神の弱さは人よりも強いからです。
    コリント人への手紙 第一 1章25節

神さまは、
知恵ある者の知恵を滅ぼし、
賢い者の賢さをむなしくされます。

神さまは、
この世の知恵を愚かなものにされました。
事実、私たち人間は、
自分の知恵によって神を知ることは出来ないのです。
でも、それこそが神の知恵なのです。

神さまは宣教のことばの愚かさを通して、
信じる者を救うことを御心とされたのです。
ユダヤ人はしるしを要求し、
ギリシヤ人は知恵を追求します。
しかし、
私たちは十字架につけられたキリストを
宣べ伝えるのです。

ユダヤ人にとってはつまずき、
異邦人にとっては愚かでしょうが、
しかし、ユダヤ人であっても
ギリシヤ人であっても、
召された者にとっては、
キリストは神の力、神の知恵なのです。

なぜなら、
神の愚かさは人よりも賢く、
神の弱さは人よりも強いからです。

「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/28 08:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190626140346b22.jpeg



どうか、忍耐と励ましの神が、

あなたがたを、キリスト・イエスに

ふさわしく、互いに同じ思いを持つように

してくださいますように。

ローマ 15 : 5

【2019/06/27 09:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190627091906104.jpeg



今朝は長崎は雨です。
梅雨に近づいているのでしようか?

夫は今日もディサービスの日です。
朝、入浴を済ませ、さっぱりして
出かけました。
小雨が降っていますが、守られますように。

【2019/06/27 09:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190626112841c47.jpeg



十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、
救いを受ける私たちには、神の力です。
         コリント人への手紙 第一 1章18節

イエス・キリストは私たち一人一人の罪の身代わりとなって、
罪の罰・裁き・呪い・病気のすべてを背負って、
十字架で死んでくださり、
よみである地獄に行ってくださいました。

それによって私たちは罪が完全に赦されたのです。
私たちが、自分の罪を悔い改めて、
このイエス・キリストの十字架を信じるなら、
救われ永遠の命をいただくことができるのです。

この十字架のことばは、
信じて救われる人にとっては神の力ですが、
信じない人々にとっては
愚かにしか見えないことでしょう。
でも信じない人々は永遠の滅びに至ってしまいます。

十字架は、神の愛の極みが現されたところです。
これは人の力では理解できません。
聖霊の助けと恵みの中で
初めて信じることができます。

愛する人が、
この十字架の愛に気づき、
自分の罪を悔い改めて、
信じることができるように祈りましょう。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/26 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
201906251248137ab.jpeg



子どもたちよ。偶像を警戒しなさい。
      ヨハネの手紙 第一5章21節

イエス・キリストを信じてると、
神の子とされ、
キリストの花嫁になります。

神のアガペーの愛を受け、
キリストがいつも共にいて守ってくれます。
それは喜びと平安を
私たちに与えてくれます。

しかし、
その恵みを奪い
破壊しようとするものがいます。
それがサタンであり悪霊です。

私たちの罪の隙を狙って、
私たちの中に不信仰を入れ、
神から引き離そうとします。

サタンや悪霊は、
私たちが偶像を礼拝する時、
その偶像を通して私たちに関わり、
私たちを支配して影響を与えてきます。

偶像礼拝は神さまが最も嫌われる罪です。
それは私たちを神から引き離し、
キリストの恵みを失わせてしまうのです。

偶像礼拝を悔い改め、
二度とすることのないようにしましょう。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/26 11:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190620093137201.jpeg


なぜなら、
神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。
私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。
          ヨハネの手紙 第一5章4節

イエス・キリストを信じる時、
私たちは神によって新しく生まれます。
そして、
世に対して圧倒的な勝利者となります。
キリストを信じる信仰を通して、
私たちは、世に勝利します。

私たちが生きているこの世には
色々な戦いがあります。
しかし
私たちは肉の武器で戦うのではなく、
イエスを神の御子と信じる信仰によって戦うのです。
その時、私たちは必ず勝利者となるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/26 11:19】 | 未分類
トラックバック(0) |
201906251248162f3.png


今日はちょっと蒸し暑いです。
天気予報では雨となっています。

今日はディサービスの日です。
私が早天祈祷会から帰ると
服も着替え、靴も出して準備をしていました。

感謝です。
ディサービスに行く日は少しは
身だしなみも気になるらしく
鏡を覗き込んで、顔の髭の状態をみ
髭剃りを始めました。

本当に主が守り支えて下さっている事を
感謝します。

【2019/06/26 09:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190625124809e68.png



神を愛するとは、神の命令を守ることです。
その命令は重荷とはなりません。
ヨハネの手紙 第一5章3節

神を愛するとは、神の命令を守ることです。
そう聞くと、命令を守らなければいけないと思い、
とても律法的になって重くきつく感じる方が
おられるかもしれません。

しかし、これは100%間違っています。
神の命令を守ることを
律法的にとらえ重く感じさせるのは、
サタンの惑わしです。
神の命令を守ることは重荷とはなりません。
それどころか、
それはとても大きな祝福です。

例えば
「すべてのことを感謝しなさい」
という御言葉は、神の命令ですが、
これを守り実行する時、
どんなマイナスも、
どんなに大きな悲しみや不幸と思えることさえも、
神様の愛の御手の中で、
すべてが益となり、
最善に導かれ、最高へと変えられていくのです。

私たちの教会には
その証(体験談)が満ちあふれています。
神を愛し、
神の命令を神の恵みの中で守り、
祝福を豊かに受けていきましょう。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/25 12:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190622140348cd5.jpeg



愛には恐れがありません。
全き愛は恐れを締め出します。
     ヨハネの手紙 第一4章18節

神の愛は完全です。
神のアガペーの愛には恐れがありません。

イエス・キリストは、
死をも恐れずに、
あなたに命を与え、
全てを与えて愛されたのです。
これがアガペーの愛、神の愛です。

この愛を受け、
この愛で愛されていることが
わかり実感するとき、
私たちの内側から恐れが消え去ります。
全き愛は恐れを締め出すのです。
愛には恐れがないからです。

恐れがある時、愛を見失っているのです。
なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。
恐れる者の愛は、
全きものとなっていないのです。

神さまは、あなたを愛しています。
アガペーの愛で、
あなたを今、愛しておられます。

この全き愛の中で、恐れから解放され、
イエス・キリストと共に
光の中を、命の中を、
喜びにあふれて歩いていきましょう。
全き愛は恐れを締め出します。

「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/25 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190622140345b28.jpeg



神は愛です。
ヨハネの手紙第一4章16節

神は愛です。
そして神の愛はいつも動詞です。
つまり、あなたを愛するのです。
あなたに最善を行おうとするのです。

でも、あなたに
それを受け取るかどうかの選択を
ゆだねます。
あなたには選択権があります。

イエス・キリストは
あなたを命をかけて愛されました。
父なる神は、
あなたを愛しておられます。
しかし、
その愛を受け取るかどうかは、
あなたの自由なのです。

神さまは、
あなたを一人の人格を持った人として
愛しておられます。
あなたは、
神の奴隷でもなく
ロボットでもありません。
だから、あなたを愛しきられた上で、
その愛を受け取るかどうかを
選ばせてくださるのです。

神の愛を受け取り、
イエス・キリストの十字架の愛を
信じましょう。
あなたの人生に神の愛が流れてきて、
全く新しい命の溢れる人生が始まります。

「聖書って、こんなにおもしろい。」より



【2019/06/25 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190622140342c54.jpeg


愛は隣人に対して害を与えません。

それゆえ、愛は律法を全うします。

ローマ 13 : 10

今朝のデボーションより

【2019/06/25 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190625083855402.jpeg


先日の主日礼拝も
共にできたことを感謝します。

教会にきて、まず夫がする事は
I 家の子供たちとのハイタッチ🤚です。
階段をあがったらすぐCSの部屋を覗き込んでいます。

憐れみ深い主は、夫に慰めを与えておられます。
子供たちを通して夫を和ませて下さっています。

【2019/06/25 08:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190622140340b8a.jpeg


聖書はこう言っています。

「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」

ユダヤ人とギリシャ人との区別はありません。

同じ主が、すべての人の主であり、

主をよび求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。

主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。」

ローマ 10 : 11 ~ 13

今朝のデボーションより

【2019/06/22 16:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190622140343f3e.jpeg


先日、月一度の夫のケースワーカーさんの
訪問日でした。

先月の血液検査の
肝臓も腎臓も血糖値も正常と言われたと
報告しながら・・・
食欲がないと心配するよりはいいかもですねと
お互いに言いながら納得しているところです。

朝、4時過ぎ 朝食 (和食)
7時くらい? フレンチトースト
8時 食パン1枚焼き ( マーガリン+砂糖 )

12時 和食
13時半 フレンチトースト
14時半 トースト1枚

17時 和食
その合間に、ヨーグルト、バナナ、おやつ
大体、こういう感じなのですが、
どこも悪くないと
本当に主の守りとしか言いようがありません。

一回の量は少ないので、まあいいかと・・・・
先日も、先程食べたのに又食べようとしているので
「えっ!又食べるの?」と言うと
「医者はどげんもなかというたがね」と・・・

あまり言うと、ストレスになるみたいで
血液検査も異常なかったのでまあ、良しとするかと
思っています。
これだけ食べているのですが体重はあまりかわりありません。
主の守りを感謝します。

【2019/06/22 15:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019062214034938f.jpeg


「みことばはあなたの近くにある。

あなたの口にあり、あなたの心にある。」

これは私たちの宣べ伝えている信仰のことばのことです。

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し

あなたの心で神はイエスを死者の中から

よみがえらせてくださったと信じるなら、

あなたは救われるからです。

人は心に信じて義と認められ、

口で告白して救われるのです。

ローマ 10 : 8 ~ 10

【2019/06/22 14:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190622140346c81.jpeg



愛する者たち。
神がこれほどまでに私たちを
愛してくださったのなら、
私たちもまた
互いに愛し合うべきです。
ヨハネの手紙 第一4章11節

いまだかつて、だれも神を見た者はありません。
ではどうすれば
神を見ることができるのでしょう。

もちろん、
神は霊なので、
私たちの肉眼で見ることはできません。
でも、もし私たちが互いに愛し合うなら、
そのただ中に、
神は私たちのうちに現れてくださいます。
そして、
神の愛が私たちのうちに全うされるのです。

父なる神は、
イエス・キリストを与えるほど、
私たちを愛してくださいました。
イエス・キリストも命を捨ててまで、
あなたと私を愛してくださいました。
この愛を豊かに受けて、
私たちも互いに愛し合いましょう。

とは言っても
私たちは自分の力では
一時的には愛することはできても
長続きしません。
聖霊の助けを借りて、
主の恵みの中で互いに愛し合いましょう。

その時、
人々はその中に
まことの神を見出すことでしょう。

「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/22 14:06】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190620093137201.jpeg


なぜなら神は愛だからです。
     ヨハネの手紙 第一4章8節

神は愛です。
神の愛はアガペーの愛です。
アガペーというのは
ギリシア語で神の愛にしか使わない言葉です。

ひとり子のイエス・キリストを、
あなたとわたしの罪の身代わりにして、
よみである地獄に捨ててまで、
あなたと私を救い出してくださった
父なる神の愛は、まさにアガペーです。

あなたが一万円を持って買い物に行けば、
一万円以上の価値あるものでないと
決して一万円を出して買い物をしないでしょう。
父なる神様は、あなたと私を、
イエス・キリストの命を支払って、
サタンと罪から買い戻して
買い取ってくださったのです。

父なる神様にとって、
あなたと私は、
イエス・キリストの命に
匹敵するほど価値あるものなのです。

父なる神はあなたを愛しておられます。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より

【2019/06/20 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
201906111300490dc.jpeg


神を愛する人々、

すなわち、神のご計画に従って

召された人々のためには、

神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、

私たちは知っています。

ローマ 8 : 28


私達を愛し全てを益としてくださる
神を信じてその愛の中に生きよう。

【2019/06/20 10:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190620093136584.jpeg


お迎えを受けてディサービスへ行きました。
楽しめますように。

今朝の夫と私の会話です。
夫「椅子をだしとけよ。」
私「うん。わかった。
まだ8時だから、トイレに行ったり、玄関の出入りもすんでからね。
迎えに来られるまでまだ1時間も あるから・・・・・」
夫「お前は信用ならんでよ。」
私「ん? 信用ならないなら自分でしたら・・・」と言ってみました。

苦笑いしながら自分でやってます。
今までも、ちょっと私のやりすぎもあります。
私がするのが当たり前になっているのかも知れません。
自分で出来ることは自分でした方がリハビリにもなるのでは・・・


【2019/06/20 09:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190620093139d43.jpeg


御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。

私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、

御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、

私たちのためにとりなしてくださいます。

人間の心を探り窮める方は、

御霊の思いが何かをよく知っておられます。

なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、

聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

ローマ 8 : 26 ~ 27

【2019/06/20 09:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190619090037aa0.jpeg


昨日、五島に行かれた純子牧師が
もってきて下さった 五島の貝殻です。
蛤がびっくりするほど大きいです。

いつか、宣教にも、レジャーにも
行けますように。

【2019/06/19 09:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190619090035924.jpeg

2019061909003606e.jpeg


今朝、早天祈祷会へ行く途中で
虹がでました🌈
主の与えて下さった「約束のことば」の
成就をみます。

今日も夫はディサービスです。
祝福されますように。
心も体も守られますように。

【2019/06/19 09:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190618191028ab8.jpeg


五島で取れる? タコブネと言うんだそうです。
インターネットで調べたら

タコブネは、軟体動物門の頭足綱タコ目アオイガイ科に属するタコの一種。
別名フネダコ。 と出ていました。
とても綺麗です。

【2019/06/18 19:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
2019061814311409b.jpeg

20190618143115f6f.jpeg

201906181431172a4.jpeg
五島の美津子さんの家庭菜園です。


主の御名をほめたたえます❣️
五島礼拝は祝福のうちに終わりました。

写真は美津子さんの家庭菜園だそうです。
小松菜、パセリ、きゅうり、トマト、ピーマン、
しそ、パプリカ、モロヘイヤと様々の野菜が・・・
凄いです。

【2019/06/18 14:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190607075949229.jpeg



愛する者たち。
霊だからといって、みな信じてはいけません。
それらの霊が神からのものかどうかを、ためしなさい。
            ヨハネの手紙 第一4章1節

霊だからといって、みな信じてはいけません。
その霊が本当に神のものである聖霊かどうかを
試し見分けないといけません。

特に今は終わりの時代です。
多くのにせ預言者が世に出て来ています。
人となって来てくださったイエスを
キリストを告白する霊は
確かに神からのものです。

それによって神からの霊、
聖霊であることがわかります。
イエスをキリストと告白しない霊は
どれ一つとして
神から出たものではありません。
それは反キリストの霊なのです。

今は、
まさにそのような惑わしが
世に出てきています。
私たちは、
へりくだって主の助けを頂き、
正しく見分けていかなければいけません。


「聖書って、こんなにおもしろい。」より

主よ。
見分けられるように助けて下さい。
そのためにも聖書を読む力、悟る力を
下さいますように。

【2019/06/18 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |