FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
748A39DE-61AB-4F14-9936-BBE3224D6DEE.jpeg


彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、
彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
         イザヤ書53章5節


イエス・キリストは
私たちの罪のために十字架で刺し通され、
私たちの咎のために十字架の上で砕かれました。

十字架でイエス・キリストが
私たちに代わって懲らしめを受けられたので、
私たちに平安が与えられ、
十字架の上で
イエス・キリストが受けた打ち傷によって、
私たちはいやされたのです。

この平安は神がともにいる平安です。
お金があるから、
将来が保証されているから
安心というのではありません。
どんな状況の中でも、
神が共にいてくださるから大丈夫と
心から安心できる平安、
シャロームのことです。

イエス・キリストの十字架を信じる時、
私たちは、その平安、シャロームと
いやしを受けることができるのです。

あなたが信じるなら、
いやされ平安が与えられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/12/25 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
DAC97C7E-4C0D-4B2D-85ED-78C1C8BA2541.jpeg


昨年に引き続き今年もやってきたチキン。

24日が娘の誕生日なので、
昨年に引き続き娘が持ち帰りました。
食事時間がまちまちな我が家には
勿体ないオードブル用のチキンです。

切り分け方もちゃんと説明がついています。
お野菜の盛り合わせもオシャレです。
さすがプロです。

家族全員、食卓をかこむ日が来るのでしょうか。
夫の洗礼式? あるいは子供達の結婚式?
いずれにしても神の時が最善です。

【2019/12/25 14:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
16F79A88-4A6D-446F-A7E6-1FF011F4EB91.jpeg


彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、
  悲しみの人で病を知っていた。
         イザヤ書 53章3節


旧約聖書のイザヤ書53章は
メシア(救い主)の預言といわれています。
そしてここに書かれているのは、
イエス・キリストのことです。

イエス・キリストはさげすまれ、
人々からのけ者にされました。
人々をいやし慰め、助け
命を与えてよみがえらせました。
それにもかかわらず、
十字架につけられ殺されました。
私たち一人一人の罪を購い、
私たち一人一人を赦して、
義とし神の子とするために。

イエス・キリストは
悲しみの人で病を知っていました。
悲しみの人という言葉は
「痛みを知っている人」とも訳せる言葉です。

まさにイエス・キリストは
痛みを知っておられました。

あなたが今、
どんな悲しみの中にいても、
どうしようもない痛みの中で
苦しんでいたとしても、
イエス・キリストは、
それを本当にわかってくださいます。
そしてあなたに寄り添い、
その悲しみと痛みからあなたを救い出し、
天の喜びと主イエスが共にいる平安で
満たしてくださいます。

イエス・キリストは病気を
その身に引き受けてくださいました。
十字架であなたの病気を
引き受けてくださったのです。
あなたの病気がいやされ、
すべての災いから解放されるために。

イエス・キリストは
あなたを愛しておられます。
あなたがイエス・キリストを信じ、
心に迎え入れる時、
イエス・キリストは
あなたの中に来てくださり
あなたと共に永遠にいてくださいます。
あなたから離れることは決してありません。

さぁ、
イエス・キリストを信じて
心に迎え入れましょう。

イエス・キリスト、この方に勝る
クリスマスプレゼントはありません。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/25 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
585FFF38-A10B-40D1-811F-1ACFA97AB656.jpeg


なぜなら私は、あなたがたの間で、
イエス・キリスト、
すなわち十字架につけられた方のほかは、
何も知らないことに決心したからです。
      コリント人への手紙 第一 2章2節


パウロは、
律法についてはパリサイ派に属する
とても博学な熱心なユダヤ教徒でした。
しかも日本の国会に当たる
サンヘドリンの議員であり、
とても知識と知恵に富んでいました。

しかしパウロは、
イエス・キリストしか知らないことに
決心したと言いました。
しかもイエス・キリストとは、
つまり十字架につけられた方のことであり
そのほかは何も知らないことに決心した
と言っているのです。

それほどイエス・キリストとの出会い、
そしてキリストの十字架の赦しと愛に
彼は捕らえられ、
これに勝るものは何もないということに
気がついたのです。

イエス・キリストは
あなたのためにも十字架に
かかってくださいました。
イエス・キリストは
あなたを愛しておられます。
永遠の愛を持って
あなたを愛されたキリストは、
あなたの罪をその身に負って、
あなたの身代わりになって
十字架につけられ、殺され、
地獄であるよみに降られました。
あなたを救い贖うためです。

あなたが自分の罪を悔い改めて
このイエス・キリストの十字架を
信じるとき、あなたは赦され、義とされ、
つまり一度も罪を犯したことのない者として
神は見てくださり、神の子となれるのです。

パウロは
その愛の深さと恵みの大きさを
体験したのです。
だからイエス・キリストの十字架のほかは
知らないことに決心したのです。

あなたも
その愛の深さ恵みの大きさを
豊かに体験することでしょう。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/25 12:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
0A58D85C-DADF-4E77-BC5F-9E6CEE381C4A.jpeg


こわがらなくてもよい。
 これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」
          ルカの福音書5章10節


ガリラヤ湖のプロの漁師であったシモン・ペテロは
「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい」
と言われたイエスのことばに従って、網をおろし、
そのとおりにすると、たくさんの魚がはいり、
網は破れそうになりました。

夜通し働いても何一つとれなかったペテロが、
イエスのおことばどおり、
網をおろし、そのとおりにすると、
別の舟にいた仲間の者たちに助けに来てもらい、
両方の舟いっぱいになって、
二そうとも沈みそうになるほど、大漁になりました。

これを見たシモン・ペテロは、
イエスの足もとにひれ伏して
「主よ。私のような者から離れてください。
 私は、罪深い人間ですから」
と思わずも言いました。それは仲間であった
ゼベダイの子ヤコブやヨハネも同じでした。

しかしイエスはシモンにこう言われたのです。
「こわがらなくてもよい。
 これから後、
 あなたは人間をとるようになるのです。」

彼らは、舟を陸に着けると、
何もかも捨てて、イエスに従いました。

あなたも
イエス・キリストのことばに
従って踏み出してみましょう。
神の業を見て驚くことでしょう。
そのとき自分の罪深さや汚れに
気づくかもしれません。
でもそのとき、
主イエス・キリストは
そのあなたを招いてくださるのです。

神が計画されている、祝福されるあなたの人生に。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/25 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

56596C4F-8EA4-4CC2-92D5-F49E5B1A16FF.jpeg


しかしイエスは、彼らにこう言われた。
「ほかの町々にも、
 どうしても神の国の福音を宣べ伝えなければなりません。
 わたしは、そのために遣わされたのですから。」
          ルカの福音書4章43節


イエス・キリストが人々をいやし、
祝福されているのを見た群衆は、
みもとに来て、
イエスが自分たちから離れて行かないよう
引き止めておこうとしました。
しかしイエスは、彼らにこう言われました。

「ほかの町々にも、
 どうしても神の国の福音を
 宣べ伝えなければなりません。
 わたしは、そのために遣わされたのですから。」

そしてユダヤの諸会堂で、
福音を告げ知らせられました。

イエスは、町々をめぐって
福音を宣べ伝えられました。
私たちも、キリストの足跡に従って、
町々に出て行きましょう。
その時、主は共に働いてくださり、
神の言葉を確かにしてくださいます。

そして、全世界に出て行って、
すべての造られた者に
福音を宣べ伝えるという
主イエスの命令に従って行く時、
しるしと不思議をともなう宣教が始まるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/25 09:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
DD125113-D629-429F-AFEA-0550EB5DB8BF.jpeg


昨日、今日と冷たい風が吹いています。
夫は今日もディサービスに行く準備をしています。

壊れた洗濯機を1年近く祈りながら
なんとか使ってきましたが、いよいよ寿命のようです。
脱水がほとんどできなくなり、洗濯物が乾きません。
昨日、今日とどんよりのお天気です。
昨日の洗ったバスタオルもまだ水分たっぷり含んでいます。
感謝です。

明日のお天気は?
カラッと晴れた日がほしいです。


【2019/12/25 09:26】 | 未分類
トラックバック(0) |
44100EE6-3B89-42B4-AB33-BE2B7E1245EE.jpeg


主があなたがたのために戦われる。
あなたがたは黙っていなければならない。
        出エジプト記14章14節


主は出エジプトしたイスラエルの民を、
まっすぐカナンの地には導かれませんでした。
モーセに告げて、
まるで荒野を迷っているかのように導き、
紅海の手前の海辺で宿営させたのです。

それを見たエジプトのパロは
『彼らはあの地で迷っている。
 荒野は彼らを閉じ込めてしまった。』
と言い、戦車を整え、自分でその軍勢を率い、
えり抜きの戦車六百とエジプトの全戦車を、
それぞれ補佐官をつけて率いて
イスラエル人を追跡して来たのです。
そして紅海の手前の海辺に
宿営しているイスラエルに追いつきました。

イスラエル人は非常に恐れて、
主に向かって叫び、モーセに言いました。
「エジプトには墓がないので、
 あなたは私たちを連れて来て、
 この荒野で、死なせるのですか。
 私たちをエジプトから連れ出したりして、
 いったい何ということを
 私たちにしてくれたのです。
 私たちがエジプトであなたに言ったことは、
 こうではありませんでしたか。
『私たちのことはかまわないで、
 私たちをエジプトに仕えさせてください。』
 事実、エジプトに仕えるほうが
 この荒野で死ぬよりも
 私たちには良かったのです。」

イスラエルの民は本当に怖かったのでしょう。
それで過去を懐かしみ、
つぶやいてしまいました。
しかしモーセは民に向かって言いました。
「恐れてはいけない。しっかり立って、
 きょう、あなたがたのために行なわれる
 主の救いを見なさい。
 あなたがたは、きょう見るエジプト人を
 もはや永久に見ることはできない。
 主があなたがたのために戦われる。
 あなたがたは黙っていなければならない。」と。


主はモーセに仰せられました。
「なぜあなたはわたしに向かって叫ぶのか。
 イスラエル人に前進するように言え。
 あなたは、あなたの杖を上げ、
 あなたの手を海の上に差し伸ばし、
 海を分けて、イスラエル人が
 海の真中のかわいた地を進み行くようにせよ。
 見よ。わたしはエジプト人の心をかたくなにする。
 彼らがそのあとからはいって来ると、
 わたしはパロとその全軍勢、
 戦車と騎兵を通して、わたしの栄光を現わそう。
 パロとその戦車とその騎兵を通して、
 わたしが栄光を現わすとき、
 エジプトはわたしが主であることを知るのだ。」

あなたがモーセなら、主の言われる通り、
杖をあげ手を海の上に手を伸ばしますか。

モーセは主の言われた通り、
手を海の上に差し伸ばしました。
すると、一晩中強い東風で海を退かせ、
海を陸地とされ、水は分かれたのです。
イスラエル人は海の真中のかわいた地を、
進んで行来ました。
水は彼らのために右と左で壁となりました。
イスラエルは
紅海が割れるという奇跡を目の当たりにし、
その中を通っていくのです。

エジプト人も追いかけて来て、
パロの馬も戦車も騎兵も、
みな彼らのあとから海の中にはいって行きました。
しかし、イスラエルが渡りきった後、
モーセが主に言われて
再び手を海の上に伸ばすと、
海は元どおりに戻り、エジプト軍は全滅します。

神が戦ってくださり、
完全な勝利を与えられたのです。

あなたの前にも今、紅海があるかもしれません。
しかし主は、その紅海をわり、
あなたを助けて、
奇跡を現して勝利と祝福を与えてくださるのです。

【2019/12/19 17:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
2AD3E743-4BDD-4D97-B97C-C22B115F74DB.jpeg


あなたがたはみな、
キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。
         ガラテヤ人への手紙3章26節


イエス・キリストの十字架を信じた時、
私たちは神の子となりました。
自分の罪を悔い改めて
イエス・キリストの十字架を信じた時、
義とされました。

義とされるとは、
一度も罪を犯したことのない者として
神から祝福を受けることができるということです。
信じる時です。
ただ信じるだけでいいのです。
信じる時、赦され神の子とされるのです。

あなたは神に愛されています。
この上もなく愛されています。
神さまはあなたを祝福されます。
豊かに祝福してくださいます。
神の子どもとされたからです。

ですから、大胆に神に求めましょう。
祈りましょう。
どんな困難や問題があったとしても、
辛いことや悲しいことが許されたとしても、
すべてのことに感謝して、
イエス・キリストの名によって
大胆に求め祈りましょう。

あなたを愛しておられる主は、
その求めと祈りに応えてくださいます。
悲しみを喜びに変え、
呪いを祝福に変え、
問題や困難に解決と勝利を与えてくださいます。

【2019/12/19 16:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
9152B9E2-3F69-4DF7-9BB3-0120FF380917.jpeg
今日の長崎

83C1672E-AD85-4848-9CB3-2CF5DA9273D6.jpeg


今日も元気にディサービスに行きました。
ディサービスでは着くと軽くリハビリをしたら
4階に上がってテレビを見ているんだそうです。

今日は午後からケアーマネージャーさんの
訪問を受けました。
「ディサービスも一回も休まず行って
皆勤賞もんですね。」と言われて笑っています。
このまま風邪もひかず元気でありますように。

【2019/12/19 16:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
1D4A71DD-BB37-45B6-8AE5-7CA5D91503BA.jpeg



しかし、あなたにはできる。
あなたには、聖なる神の霊があるからだ。
        ダニエル書4章18節


ネブカデネザル王は一つの夢を見ました。
それが、王を恐れさせたのです。
それで、王は命令を下し、
バビロンの知者を
ことごとく彼の前に連れて来させて、
その夢の解き明かしをさせようとしました。
しかし呪法師、呪文師、カルデヤ人、
星占いたちには
その夢の解き明かしはできなかったのです。

しかし最後に、ダニエルが王の前に来ました。
――彼には聖なる神の霊がありました。――
王はその夢をダニエルに告げ、言いました。

「あなたはその解き明かしを述べよ。
 私の国の知者たちはだれも、
 その解き明かしを私に知らせることができない。
 しかし、あなたにはできる。
 あなたには、聖なる神の霊があるからだ。」と。

そしてダニエルは、
王にその夢を解き明かしました。

ダニエルにはできたのです。

それは彼には神の霊があったからです。
聖なる神の霊が、ダニエルに、
誰にもできなかった夢の解き明かしを
導いたのです。

イエス・キリストを信じるとき、
このダニエルに与えられていた
聖なる神の霊が
あなたにも与えられます。

聖霊は、自分の罪を悔い改めて
イエス・キリストの十字架を
信じる者の内に宿り住んでくださるのです。

そしてその人を愛し、導き、
神の愛の中で、恵みを注ぎ
奇跡を現してくださいます。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/17 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
585FFF38-A10B-40D1-811F-1ACFA97AB656.jpeg


私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、
キリストが私のうちに生きておられるのです。
いま私が、この世に生きているのは、
私を愛し私のためにご自身をお捨てになった
神の御子を信じる信仰によっているのです。
        ガラテヤ人への手紙2章20節


パウロは神に生きるために、
律法によって律法に死にましたと言いました。
彼はかつて律法を厳格に守り、
律法によって生きていました。
しかし、その律法の行ないによっては
決して義とされることはないことを
パウロ走りました。

ただイエス・キリストを信じる
信仰によってのみ人は義とされるのです。
イエス・キリストが
律法を完全に全うしてくださり、
その上で私たち人間の一人一人の
罪の身代わりとなって
十字架で罰と裁きを受け死んでくださり、
よみに降られたからです。

このキリストの十字架の前で悔い改め、
イエスをキリストと信じるなら、
その信仰によって義とされ、
告白して救われるのです。

パウロは
このキリストの十字架を信じました。
その時、キリスト共に
罪人である自分自身は十字架につけられ、
自分にはもう死んだのでした。
もはやパウロが生きているのではなく、
キリストがパウロの中に生きておられるのです。
パウロを愛し、
パウロのために
ご自身をお捨てになった
神の御子であられるキリストを
信じる信仰によって
パウロは生きているのです。

そして、
それは私もあなたも同じです。
イエス・キリストの十字架を
悔い改めて信じたとき、
あなたも私も自分自身は
十字架につけられ死んだのです。
そしてあなたと私の中に
イエス・キリストが生きておられるのです。

いま、あなたと私が、
この世に生きているのは、
あなたと私を愛し、
あなたと私のために
ご自身をお捨てになった
神の御子を信じる信仰によっているのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/17 14:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
16A85D92-C31D-43B4-86F6-6B9CB0139DC7.jpeg

「神にとって不可能なことは一つもありません。」
                  ルカ1 : 37


本当に神にとって不可能なことは一つもありません。
不可能と思える壁に向かって祈ります。

【2019/12/17 14:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
C6CEF69B-EEE2-4547-B44F-EEDEF1D07240.jpeg


神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。
マルコの福音書15章38節


イエスは午前9時に十字架につけられました。
12時になっとき全地が暗くなり、
午後3時まで続きます。
イエスは大声で
「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ。
(わが神、わが神。どうしてわたしを
 お見捨てになったのですか)」と叫ばれ、
もう一度、
大声をあげられて息を引き取られました。
その時、
神殿の幕が上から下まで真二つに裂けたのです。

神殿の幕は聖所と至聖所を仕切っている
とても分厚いもので
簡単には普通破れたりは決してしません。

至聖所というのは、神が臨在される場所で、
一年に1回だけ、
大贖罪日に大祭司が入ることができました。
その幕が真っ二つに裂けたということは、
イエス・キリストの十字架によって、
誰もが、いつでも、どこでも、
神の臨在の中に入れるようになった
ということを意味します。

イエス・キリストの十字架を
自分の罪の身代わりだったと信じる者は、
罪が赦されて、いつでも、
どこでも聖なる神の臨在の中に入れるのです。

神である主と共にいることが
できるようになったのです。

主イエス・キリストを信じている者は、
いつも主である神が共におられます。

聖なる神の臨在の中で、
神の愛を受け、
癒しと奇跡を見ることができるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/15 21:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
91795232-BAD5-4513-A623-3F186E3B7B26.jpeg


今日も共に礼拝しました。
夫にとって I 家の子供達とハイタッチするのも
喜びとなっています。
ハイタッチした後、Y君の頭をポン!と叩き
からかっています。
夫にとって子供達と接する事が良い意味での刺激に
なっているようです。

I 家がご家族みんなで帰られる後ろ姿を見て
「あん家族は仲がよかどね。」と言っています。
私達、家族は家族全員で出かけた事がありません。
その事を今、どんなふうに思っているのでしょうか?

【2019/12/15 21:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
BB7161CC-3CBB-4FA5-9699-1F7C6DEE1FFE.jpeg



「わたしの恵みは、あなたに十分である。
 というのは、わたしの力は、
 弱さのうちに完全に現われるからである。」
       コリント人への手紙 第二 12章9節


パウロは
あまりにも素晴らしい啓示を
受けていました。
そのために、
高ぶることのないようにと、
肉体に一つのとげを与えられました。
それはパウロが高ぶることのないように、
彼を打つための、サタンの使いでした。

パウロは、
これを去らせてくださるようにと、
三度も主に願いましたが、

そのとき主はパウロに
「わたしの恵みは、あなたに十分である。
 というのは、わたしの力は、
 弱さのうちに完全に現われるからである。」
と言われたのです。

ですから、パウロは
「キリストの力が私をおおうために、
 むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」
と言い、続けて
「ですから、私は、キリストのために、
 弱さ、侮辱、苦痛、迫害、
 困難に甘んじています。
 なぜなら、私が弱いときにこそ、
 私は強いからです。」と言いました。

肉体の棘が何であったかは
いろんな説があります。
何れにしても、
そのためにパウロは弱くされました。
でもそのことによって
パウロは神である主に、
主イエスに頼らざるを得なくなり、
その結果、
パウロは完全に強くされたのです。

私たちも、弱さがあるときにこそ、
主により頼むことができ、
強くされるのです。

ですから、
大いに喜んで弱さを誇りましょう。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/14 17:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
4635F180-873D-4375-8EB6-77F2478FE698.jpeg


ヨブがその友人たちのために祈ったとき、
主はヨブを元どおりにし、
さらに主はヨブの所有物をすべて二倍に増された。
          ヨブ記42章10節


旧約聖書に出てくるヨブという人は、
子どもにも財産にも恵まれ、
東の人々の中で一番の富豪でした。
ところが、サタンが主の許しの元に働き、
彼の子どもたちやすべてを奪われます。
その上、ヨブは足の裏から頭の頂まで、
悪性の腫物ができてしまいます。
ヨブは全てを失い、体にも腫物が出来、
自分の生まれた日を呪うようにさえなります。

しかし、神の時が来た時、
ヨブはチリと灰の中で悔い改めます。

その時、主はヨブの前の半生より
あとの半生をもっと祝福されたのです。
それで彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、
牛一千くびき、雌ろば一千頭を持つことになり、
また、息子七人、娘三人を与えられました。

この後ヨブは百四十年生き、
自分の子と、その子の子たちを四代目まで見、
こうしてヨブは老年を迎え、
長寿を全うして死にました。

ヨブが主の恵みによって、
元どおりにされ、
再び大きく祝福されて
二倍の祝福を受けたたのは、
ヨブがその友人たちのために祈ったときでした。

その時から、主はヨブを元どおりにし、
さらに主はヨブの所有物を
すべて二倍に増されたのです。

私たちも私たちに対して
的外れな非難や批判をした人に対しても、
主の祝福を祈り、
神ご自身から祝福を受ける者となりましょう。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/14 17:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
26999028-6565-4EF6-9A1E-E94BE5D1D1E7.jpeg



ほんとうに、私は主のはしためです。
どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。
         ルカの福音書1章38節


神様は私たちを愛して、
あなたと私を救うために、
ひとり子のイエス・キリストを、
処女マリヤの胎の中に身ごもらせました。

マリヤは、御使から
主イエスを身ごもることを告げられた時、
最初戸惑いますが、御使から

「神にとって不可能なことは一つもありません」

と言われた時、

「ほんとうに、私は主のはしためです。
 どうぞ、あなたのおことばどおり
 この身になりますように。」と答えます。

マリヤは、本当に素晴らしい
謙遜なはしため、女性でした。
もし妊娠したことがわかれば、
聖霊によって身ごもったといくら言っても、
ほとんどの人は信じてくれないでしょう。
いいなずけのヨセフにも疑われ、
離婚されるかもしれません。
両親や家族・親族、近所の人々、
田舎であったナザレの町で、
人々から何を言われるか、
後ろ指を指されてしまうことは
目に見えています。
でもマリヤは、
それも含めて受け取ったのです。

神の御心が自分の身になり、
神の計画が、
この地上に現れることを
マリヤは受け取りました。
マリヤは本当に謙遜なはしため、女性でした。

「あなたのおことばどおりこの身になりますように」

こういう人がいる時、神の奇跡は現れます。
神にとって不可能なことは一つもありません。
確かにその通りです。

あなたも神さまから語られた時、
「神のおことばどおりこの身になりますように」
と言いましょう。
その時、あなたにも
不可能のない神の栄光の御業と奇跡が起こります。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/14 17:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
D65F9E98-EAB9-495E-A8F5-B595BC9B4C1F.jpeg


今朝はとても冷たい風です。
でも元気にディサービスに行きました。
風邪をひかないように。
楽しむ事ができますように。

【2019/12/12 09:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
6385ACCA-F7CD-4675-B801-E228C3EEB7D1.jpeg



神にとって不可能なことは一つ
もありません。
ルカの福音書1章37節


処女であったマリヤは御使いに
「身ごもって男の子を産みます。
 名をイエスとつけなさい。」
と語られて戸惑い思わずも言いました。
「どうしてそのようなことになりえましょう。
 私はまだ男の人を知りませんのに。」

彼女が驚き戸惑うのは当然です。
まだ男の人を知らず処女なのですから・・・
すると御使いは答えて言いました。
「聖霊があなたの上に臨み、
 いと高き方の力があなたをおおいます。
 それゆえ、生まれる者は、
 聖なる者、神の子と呼ばれます。
 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、
 あの年になって男の子を宿しています。
 不妊の女といわれていた人なのに、
 今はもう六か月です。
 神にとって不可能なことは一つもありません。」

どんなに不可能でも、
神にとっては不可能ではない、
エリサベツも不妊の女で、
とても年老いて子を身ごもることは
あり得ないのにも関わらず妊娠しました。
マリヤ、あなたが処女であっても、
聖霊の力と恵みが臨めば
妊娠することかできると、
御使いは言いました。

確かに神に不可能はありません。
そして、もしマリヤが
男女の営みによって身ごもったなら、
その子に人を救うことはできません。
罪のDNAである種を持っているからです。
罪人に罪人の贖い、身代わりはできません。
しかし処女として身ごもった時、
それは男女の営みではなく
聖霊によって身ごもった神の子イエスなので、
罪も罪の種も全く持っていません、
罪とは何のか関わりも全くないのです。
ですから、私たち罪人である人間の贖い、
身代わりをすることができるのです。

神様は、私たち人間が
考えもつかない、不可能な方法で
私たち人間を救う道を創ってくださったのです。

聖書のまことの神は、
私たち人間を本当に
愛してくださっているのです。

そしてひとり子の主イエス・キリストも
あなたを私を愛してくださっているのです。
だから人となって
処女マリヤの体の中に宿られました。

「聖書って、こんなにおもしろい」より


【2019/12/11 13:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
967B3FB7-BC43-4FD1-8CC2-F3AA18CFBB58.jpeg


おめでとう、恵まれた方。
 主があなたとともにおられます。」
      ルカの福音書1章28節


これは有名な御使いガブリエルが
マリヤに受胎告知する場面です。
マリヤはダビデの家系の
ヨセフという人のいいなずけで、
ナザレというガリラヤの
田舎の町にいた処女でした。
御使いは、はいって来ると、
マリヤに言いました。

「おめでとう、恵まれた方。
 主があなたとともにおられます。」

しかし、マリヤはこのことばに、
ひどくとまどって、
これはいったい何のあいさつかと
考え込んでしまいます。
すると御使いが言いました。
「こわがることはない。マリヤ。
 あなたは神から恵みを受けたのです。
 ご覧なさい。あなたはみごもって、
 男の子を産みます。
 名をイエスとつけなさい。
 その子はすぐれた者となり、
 いと高き方の子と呼ばれます。
 また、神である主は彼に
 その父ダビデの王位をお与えになります。
 彼はとこしえにヤコブの家を治め、
 その国は終わることがありません。」

御使いは最初、
「おめでとう。恵まれた方」
と言い、その次は、
「あなたは神から恵みを受けたのです。」
と言われました。

イエス・キリストを
聖霊によって身ごもったマリヤ、
神のひとり子である主イエスを
身ごもったことは
この上ない恵みであり
とても大きな祝福でした。
どうしてかというと、
主がいつも共にいることになるからです。

主がいつも共にいてくださる。
これにまさる恵みと祝福はありません。

マリヤは、神から恵みを受けたのです。
そして祝福されました。

あなたが自分の罪を悔い改めて、
主イエスの十字架を信じたその時から、
主イエ・キリストは、あなたのうちに
共にいてくださるのです。

聖霊様があなたの内側に
宿ってくださっています。
そして決してあなたを見捨てて
孤児にされることはないのです。

神であられる
主イエス・キリストが、共にいてくださる、
この素晴らしい最高の祝福と恵みの中を、
共に歩んでいきましょう。

主イエスの愛をあふれるほどに受けながら・・・


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/11 11:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
D3D8D9AF-2064-4FD0-BEA2-5CD1AB46E5E8.jpeg


だれでもわたしについて来たいと思うなら、
自分を捨て、自分の十字架を負い、
そしてわたしについて来なさい。
      マルコの福音書8章34節


イエスをキリストと答えたペテロと弟子たちに、
イエスは言われました。
人の子は必ず多くの苦しみを受け、
長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、
三日の後によみがえらなければならないことを
教え始められました。
しかも、はっきりとこの事がらを話されたのです。

するとペテロは、
イエスをわきにお連れして、いさめ始めると、
イエスは振り向いて、弟子たちを見ながら、
ペテロをしかって言われました。
「下がれ。サタン。
 あなたは神のことを思わないで、
 人のことを思っている。」
それから、イエスは群衆を
弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
 自分を捨て、自分の十字架を負い、
 そしてわたしについて来なさい。
 いのちを救おうと思う者はそれを失い、
 わたしと福音とのためにいのちを失う者は
 それを救うのです。

 人は、たとい全世界を得ても、
 いのちを損じたら、何の得がありましょう。
 自分のいのちを買い戻すために、
 人はいったい何を差し出すことができるでしょう。
 このような姦淫と罪の時代にあって、
 わたしとわたしのことばを恥じるような者なら、
 人の子も、父の栄光を帯びて
 聖なる御使いたちとともに来るときには、
 そのような人のことを恥じます。」
と言われました。

救い主である王の王であるイエスが
十字架にかかるということは
ペテロにも弟子たちにもとても
理解できなかったのでしょう。

でもイエスはこの地上の国ではなく、
永遠の御国、天国のことを
語っておられたのです。

イエス・キリストの弟子となることは、
自分の十字架を負って
キリストについていくことです。
自分を捨てないとできません。
自分を捨てるとは、
自分の計画、考え、やり方等を捨てて、
キリストの言われることに従うのです。

でも、それは
最後まで十字架を負って従っていくと、
素晴らしい祝福と恵みが
あふれていることに気づきます。
神の愛と恵みの深さ、高さ、大きさを知り、
神の計画の中で神の愛と奇跡を
たくさん見ることのできる道なのです。

弟子の道は、
クリスチャンにとって最高の道、最善の道です。

「聖書って、こんなにおもしろい」より


【2019/12/11 10:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
E97C7904-0F07-4B54-95E2-E8D12D7ECAED.jpeg


今日もディサービスです。
自分で準備しています。

昨夜はお米を切らしていて、
夕食にうどんを作っていました。
すると、近くに来てじっと立っています。

「どうしたの?」と聞くと
お鍋を指差します。
(言葉に出すのが面倒なのでしょうか?)
「うどんを食べるの?」と言うと「ああ」と
「出来たら持ってくるから座ってて」と言うと
ベッドに戻り座っています。

なんか小さな子が、ご飯を待ってる感じです。
本当に食べてる時は子供のようです・・・

でも病気になってから感情を現すようになりました。
以前は突っ張っていたのかもしれません。
なかなか泣くという事はしませんでした。
今はテレビを見ていてよく泣いています。

イエス様が心も体も癒して下さいますように。
いやし主の主に期待し祈ります。

【2019/12/11 09:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
F71CD018-B5EC-4710-B9F3-B00AFAD3B3D6.jpeg


するとイエスは、彼らに尋ねられた。
「では、あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」
ペテロが答えてイエスに言った。
「あなたは、キリストです。」
         マルコの福音書8章29節


イエスは弟子たちと
ピリポ・カイザリヤの村々へ出かけられました。
その途中、イエスは弟子たちに
「人々はわたしをだれだと言っていますか。」
と尋ねられました。彼らが
「バプテスマのヨハネだと言っています。
 エリヤだと言う人も、
 また預言者のひとりだと言う人もいます。」
と答えると、イエスは、彼らに
「では、あなたがたは、
 わたしをだれだと言いますか。」
と尋ねられました。ペテロが答えて
「あなたは、キリストです。」
とイエスに言うと、イエスは、
自分のことをだれにも言わないようにと、
彼らを戒められたのです。

あなたは
イエスのことを誰だと言いますか。
あなたもペテロのように
「キリストです。」と答えられますか。

人々が何と言っているかは
問題ではありません。
あなたにとって
イエスはキリストでしょうか。
キリストとはメシア、
つまり救い主ということです。

あなたが
どんな困難や問題にぶつかろうと、
不治の病気や
大きな悲しみの中に落ち込もうと、
イエス・キリストがいるなら大丈夫と言えますか。

そして最も大きな問題である
「死」に対する解決がここにあります。
イエス・キリストの十字架は
死に永遠の勝利を与えてくれます。

あなたにとって、イエスは、キリストですか。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/09 19:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
4D32CA27-ED06-4FC9-BF17-D0629482E93B.jpeg



私のことばは、その時が来れば実現します。
          ルカの福音書1章20節


ザカリヤは、
み使いガブリエルが語った喜びの訪れ、
つまり
「子どもが与えられ、男の子が生まれる。
 名をヨハネとつけなさい。」
と言われたことばを信じられませんでした。

その結果、おしになって、
ものが言えなくなってしまいました。
けれども、
みつかいを通して語られた神のことばは、
その通りになり男の子が与えられたのです。

まさに神のことばは、
その時が来れば実現するのです。
どんなに私たちが
不信仰になったとしても、
神様が約束されたことばは、
約束通りに果たしてくださいます。

神の時が来る時、
神のことばは、
その通りに成就するのです。

あなたに約束されている神のことばは、
必ず成就します。
あなたに語られた神のことばを、
神は決してお忘れにはなっていません。

その時が来れば、
その通りに成就するのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/09 19:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
5CB274AF-74C0-4E70-ADED-E2287A5F1983.jpeg


夫に、これ食べる?と聞くと「いや、いらん!」と言い
手をふる。
しかし、暫くすると「食べようかね」と必ず言うので
この頃は「いや、いらん!」と言われても
別に取っておく。

今日も私が遅いお昼ご飯で、うどんを作りました。
夫はもうお昼も夕食も食べた後でしたが
一応、「うどん食べる?」と声かけすると
「いや、いらん!」と手をふって言います。

どうしようと思いましたが、後から「食べる」と言われても
困るので別に夫の分を分けて残しておきました。
私は、洗濯物を干してから食べようと思い
洗濯物を干し終え食べようと見ると
いつの間にか、夫の分は食べてもうありませんでした。

本当に素直じゃないなあ、
最初から食べると言えばいいのに・・・
「いらない」と言ってた人が先に食べ終えていました。
これからは、聞かないで用意しておきます。

【2019/12/09 18:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
151636A7-F917-4E2A-8BFC-DEEA9A58B553.jpeg


あなたの願いが聞かれたのです。
      ルカの福音書1章13節


イエス・キリストが誕生する半年前に
バプテスマのヨハネが生まれます。
彼はイエス・キリストの道備へをする
特別な使命がありました。
イエスが
「女から生まれた者の中で最も優れた者」
と言われた方です。

バプテスマのヨハネの両親は、
ザカリヤとエリサベツと言いました。
ヨハネが生まれるまで、
ザカリヤとエリサベツは
とてもとても長い間待たされました。
エリサベツが不妊の女だったからです。

彼らは祭司の夫婦で、
ふたりとも、神の御前に正しく、
主のすべての戒めと定めを
落度なく踏み行なっている人でした。
しかし彼らには子がなく、
ふたりとももう年をとっていました。
彼らは子どもが与えられることを
願っていましたが、
もうそれは無理な歳になっていたのです。

なぜ、こんなに忠実に誠実に
神に仕えていたのに、
神様は、彼らに子どもを
与えてくださらなかったのでしょう。
こんなに歳をとるまで
待たされたのでしょう。

それは、
バプテスマのヨハネの両親になり、
バプテスマのヨハネを
育てる使命があったからです。

彼らは長い長い間待たされました。
忍耐の訓練を通りました。

ザカリヤが、主の神殿にはいって
香をたくことになった時、
主の使いが彼に現われて、
香壇の右に立ち、恐れている彼に
「こわがることはない。ザカリヤ。
 あなたの願いが聞かれたのです。
 あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。
 名をヨハネとつけなさい。
 その子はあなたにとって
 喜びとなり楽しみとなり、
 多くの人もその誕生を喜びます。」
と語られ、ついに願いが聞かれ、
子どもの与えられる時が来た時でさえ、
彼はそれを素直に受け取れなかったのです。

とても無理だと思いました。
それぐらい長い間、
もう不可能と思えるまで待たされたのです。

でも、神の言葉は真実で、
神は愛の方です。
ザカリヤとエリサベツの忠実を
覚えておられ、見ておられました。
ザカリヤとエリサベツには子どもが、
しかもイエス・キリストの道備へをする
バプテスマのヨハネが与えられたのです。

あなたにもきっと
神様からの使命があります。
だから、時として、
いつまで待たなければいけないのだろうか、
と思いたくなるような忍耐を
求められる時があるかもしれません。
もう無理だと
諦めてしまいたくなるようなところまで
追い込まれるかもしれません。

でも忘れないでください。
神はあなたを愛しておられます。
そしてあなたの忠実を
見てくださつています。
必ず報いて答えてくださる方なのです。

あなたには遅いと思える
神の時が来るときに、
あなたの願いは聞かれるのです。
神か語られればそうなるのです。

あなたの願いは聞かれました。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/07 17:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
299801C3-4C9C-4192-A66A-A08BD069D7D2.jpeg


イエスは、どんな訴えに対しても
一言もお答えにならなかった。
それには総督も非常に驚いた。
     マタイの福音書27章14節

イエスは捕らえられ総督の前に立たれた時、
総督はイエスに
「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」
と尋ねました。
イエスは彼に「そのとおりです。」
と答えられました。
しかし、祭司長、長老たちから
訴えがなされたときは、
何もお答えにならなかったのです。

そのとき、ピラトはイエスに言いました。
「あんなにいろいろと
 あなたに不利な証言をしているのに、
 聞こえないのですか。」
それでも、イエスは、
どんな訴えに対しても
一言もお答えにならなかったのです。
それには総督も非常に驚きました。

イエス・キリストは
十字架にかかることが
父なる神である主の御心であることを
知っておられました。

そして、
そのためにゲッセマネで
血のような汗を流して祈られました。
それでこの時は、
どんな訴えに対しても、
もう何も言われなかったのです。

私たちを愛して
十字架にかかることに
心が定まっていたからです。

私たちも
主の恵みの中で
自分の十字架を
心を定めて受け取り祈るなら、
周りがどんなに騒ごうと嘲ろうと、
主の特別な恵みの中で、
静かにまっすぐに
主の十字架の道を歩めるようになるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/07 16:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
B87FFDCF-D327-486D-B333-56F4FE895086.jpeg

004F0E86-E12B-42C0-AAA3-A61FF78C50C8.jpeg


本当に寒くなってきました。
寒くなると筋肉も強張り動きが鈍くなります。
夫を見ていると本当にそう思います。

でも自分でゆっくりであっても自分の事は
自分でやっているので感謝です。

【2019/12/07 16:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
E76F4B0F-12E9-425E-AF51-D0B4DDEF39E9.jpeg



「この方はまことに神の子であった」
マタイの福音書27章54節


イエスが十字架の上で
最後にもう一度大声で叫んで、
息を引き取られたとき、
神殿の幕が上から下まで真二つに裂けました。
そして、地が揺れ動き、岩が裂け、
墓が開いて、眠っていた
多くの聖徒たちのからだが生き返ったのです。

そして、イエスの復活の後に墓から出て来て、
聖都にはいって多くの人に現われました。

百人隊長および彼といっしょに
イエスの見張りをしていた人々は、
地震やいろいろの出来事を見て、
非常な恐れを感じ、
「この方はまことに神の子であった。」
と言いました。

キリストを十字架につけた
異邦人のローマ兵でさえ、
イエス・キリストの十字架を
目の当たりにした時
「この方はまことの神の子であった」
とわかったのです。

イエス・キリストの十字架の死は、
神を恐れずにはいれないほど恐ろしく、
しかし同時に、
それほどに深く神の愛が現れていたのでしょう。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/12/05 10:30】 | 未分類
トラックバック(0) |