FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
3ECA7C64-D80C-478E-84B1-090CB36DB09F.jpeg


昨日も共に礼拝できた事を感謝します。
非常に暑い日が続いてますが守られています。
明日からは又ディサービス始まります。
元気に行けますように。
スポンサーサイト




【2020/08/31 15:10】 | 未分類
トラックバック(0) |
82BF12A6-86F8-49F3-A25C-FE8AE5BF2A50.jpeg


イエスは深くあわれみ、
手を伸ばして、彼にさわって言われた。
「わたしの心だ。きよくなれ。」

         マルコの福音書1章41節



らい病の人がイエスのもとに来た時、
そのらい病の人に手を伸ばし、
彼にさわり
「わたしの心だ。きよくなれ。」
と言われました。

らい病の人にふれると
ふれた人も汚れると
当時は言われていました。

しかしイエスは、
このらい病に触れられました。

それは、
このらい病の人の真剣さ、必死さ、
そして何よりも、その信仰を見て、
心の深いところから
あわれみが湧き上がってきたからです。

この深く憐れんでというのは、
言語では内臓を引きちぎるような
感情を意味します。

ですから、イエスは本当に、
このらい病人の眼差しを見、
叫びを聞いたとき、
心が沸き立って
放って置けなくなったのでしょう。

思わずも手を伸ばし、
らい病の彼にさわり、そして言われました。

「わたしの心だ。きよくなれ。」と。

イエス・キリストは、
彼に触らなくても、
「わたしの心だ。きよくなれ。」
と言えば直せたのです。
別に触る必要はなかったのです。
でもイエスは触られました。

きよくなる前に、
らい病のままの彼に触られました。
「あなたは、そのらいのままで、
 わたしは愛している。
 きよめられて、らいがなくなったら、
 愛するのではなく、
 らいのある今のままで、
 わたしはあなたを愛している。」

そう言われたかったのでしょう。
らい病の人は嬉しかったと思います。
家族でさえ、
触れてはいけないと引き離されていたのに、
イエスは、このらい病の人にさわり、
それから「わたしの心だ。きよくなれ。」
と言われたのです。

イエスが、そう言われた瞬間、
この人のらいはきよめられ、癒されるのです。

イエスは、癒された彼に言われます。
「気をつけて、
 だれにも話さないようにしなさい。
 ただ、人々へのあかしのために、
 行って、自分を祭司に見せなさい。」と。

らい病がきよめられて
直ったことを宣告するのは、
祭司の仕事でした。

「その祭司に見せなさい。」
と言われたのは、
きちんと正しい手続きを踏んで、
正式に清められ、
癒されたことを認めてもらい、
社会復帰するように言われたのです。

イエスは、
このらい病の人をきよめ、
いやして家族の元へ、
社会へ復帰させたのです。

同じように主は、あなたが、
どのような弱さの中にあっても、
たとえ罪の中にあっても、
あなたが
「きっとイエスは赦してくださり、
 いやしてくださる。」
と信じてイエスのみ元にやって来るならば、
主イエスは、その叫びに答えて、
必ずきよめて、いやしてくださるのです。

そして、あなたを家族の所へ、
社会へと戻してくださるのです。

イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/29 18:10】 | 未分類
トラックバック(0) |
2CDC0E78-698C-4F8F-A40C-8AB73BF32C15.jpeg


台風の影響でしょうか?
長崎は雨になりました。

元気にディサービスに出掛けました。
楽しむ事が出来ますように。
主の守りがありますように。

【2020/08/27 09:17】 | 未分類
トラックバック(0) |
5B3C2695-73BE-4425-9CF3-D21EDA4C05DB.jpeg


狭い門からはいりなさい。
   マタイの福音書7章13節



イエスが言われた
「狭い門からはいりなさい。」
という御言葉は、
フランスのアンドレ・ジイドが
小説の題にした有名な言葉です。

でも、
この御言葉を正しく理解している人は
多くはないような気がします。

「狭い門から入りなさい」とは、
どういう意味なのでしょうか。

「狭い門」とは「天国への門」のことです。

罪を持ったまま、
自分のやりたいようにしようとする
肉の欲望を持ったままでは、
この天国への狭い門には
入ることが出来ません。

その一方で、滅びの門、
つまり地獄への門は大きくて、
その道も広いのです。

罪を持ったまま、
自分のやりたいことを欲望のままに
好き勝手にしながらでも
十分に入ることができるのです。
そこを通っていく人はたくさんいます。

しかし「狭い門」である
「天国への門」を通っていく人は
まれにしかいません。

どうすれば
この「狭い門」から入って
天国へ行けるのでしょう。

それは
「永遠のいのち」を受けることです。

イエス・キリストの
十字架を信じるとき、
復活の命、永遠のいのちが与えられます。

自分の中に罪があり、
自分のしたいようにしたいという
欲望があることを認めて、
神の前で、十字架の前で、
悔い改めるのです。

その時、
罪が赦され、罪の縛りから解放されて、
狭い門から入ることが
できるようになります。

イエス・キリストの赦しと
復活の命をいただき、
「永遠のいのち」が与えられます。

狭い門から入りましょう。
天国が待っています。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/25 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
87DCB619-4C78-4BEE-AE1C-FE4ABC9CD4A7.jpeg


あなたがたは、実によって
彼らを見分けることができるのです。
      マタイの福音書7章20節



イエス・キリストは、
見分けについても語られました。

「にせ預言者たちに気をつけなさい。
 彼らは羊の形をしてやってくるが、
 うちは貪欲な狼です。」

偽預言者に気をつけなさい
とイエスは言われましたが、
どうすれば、
偽預言者を見分けることができるのでしよう。
イエスは続けて言われました。

「あなたがたは、実によって
 彼らを見分けることができます。
 ぶどうは、いちじくからは取れないし、
 いちじくは、
 あざみから取れるわけがないでしよう。」

実を見ればわかると言われたのです。

「同様に、
 良い木はみな良い実を結ぶが、
 悪い木は悪い実を結びます。
 良い木が悪い実を
 ならせることはできないし、
 悪い木が良い実を
 ならせることもできません。」

その実を見れば、良い木なのか、
悪い木なのかがわかるように、
偽預言者かどうかも、
実を見ればわかるのです。

でも、
注意しないといけないことがあります。
それは、本物の預言者でも、
まだ信仰生活の成長の過程の段階では、
聖霊の実が十分についていないように
見える時があります。

それを見て、
すぐににせ預言者だというのは間違いです。

特に、感受性が豊かで、
目に見えない霊的な世界に対しても
敏感に反応しやすい人が、
成長の過程で、
信仰の浮き沈みが激しく、
感情の安定に欠く時があります。

それを見てすぐに、
実がついていないから、
偽預言者だというわけではありません。
ここでイエスが言われたかったのは、
このあとイエスが言われていますが、
にせ預言者には、
神を信じていれば、
当然ついてくる実がついていない、
つまり、
にせ預言者は救われていない、
イエス・キリストを、
本当は信じていない偽りの預言者なのです。

私たちは、
主イエスに祈り、聖霊の助けをいただいて、
偽預言者を正しく見分け、
真の預言者をとうして
神からの預言、
神の言葉を受けていきましょう。

神は必ず見分けさせてくださり、
神のことばを語ってくださいます。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より


【2020/08/25 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
73EE14BF-75A6-4E83-9159-743638F357E1.jpeg


わたしに向かって、
『主よ、主よ。』と言う者が
みな天の御国にはいるのではなく、
天におられるわたしの父の
みこころを行なう者がはいるのです。

     マタイの福音書7章21節



イエス・キリストは、言われました。
わたしに向かって、
『主よ、主よ。』と言ったからといって、
天の御国に入れるわけではないと。

これはどういうことでしょうか。
『主よ』と祈っても無駄なのでしょうか。
もちろん、そういうことではありません。
イエスは続けて、こう言われました。
「わたしの父のみこころを行う者が入るのです。」

では、御心を行わないと
天の御国には入れないのでしょうか。
もし、御心を
間違えてしまったらどうなるのでしょう。

真面目に誠実に歩んでいるクリスチャンほど、
自分は御心を行っているだろうかと
不安になってしまうかもしれません。

実は、この後、
イエスが言われた話にポイントがあります。

「その日には、
 大ぜいの者がわたしに言うでしよう。
『主よ、主よ。
 私たちはあなたの名によって預言をし、
 あなたの名によって悪霊を追い出し、
 あなたの名によって
 奇蹟をたくさん行ったではありませんか。』
 しかし、その時、
 わたしは彼らにこう宣告します。
『わたしはあなたがたを全然知らない。
 不法をなす者ども。
 わたしから離れて行け。』」

イエス・キリストの名によって、
預言をし、悪霊を追い出し、
奇蹟を行ったと言った人に、
「わたしはあなたがたを全然知らない」
と答えられました。
これは普通ありえない答えです。
私のこどもが
私のところに来た時、
全然知らないとは言いません。

我が子を、叱ったり
戒めたりすることはあるでしょう。
しかし、全然知らないとは言いません。

つまり、この人たちは、
イエス・キリストの名を使っていても
キリストを信じてはいない人たちなのです。

だからイエス・キリストは、
『全然知らない。』と言われ、
奇蹟や悪霊追い出しをしたのに、
『不法をなす者ども。
 わたしから離れていけ。』
と言われたのです。

つまり、
キリストを信じていないので、
当然『主よ。』と祈っていても、
それは、本当の主である
イエス・キリストには向かってはいないのです。

ですから当然、
主の御心がわかりませんし、
主のみこころを行うことはできないのです。

イエス・キリストを信じている私たちは、
『主よ。』と祈る時、
主イエスに心を向けて祈ります。

そして主から語りかけを受け、
主の言葉を頂くのです。

もちろん、
すぐには従えないこともあるでしょう。
でも主にすがりながら、
主の導きに従って行く時、
私たちは、主の御心の中を歩めるのです。
主の恵みによって、
主のみこころを行わせていただくのです。

私たちは天の御国に入ることができます。
イエス・キリストを信じているからです。

私たちの内に御霊が住まわれているので、
主の御心を行わせてくださるのです。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/25 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
134E3052-C1C4-4DFC-8176-89344E074E13.jpeg


今日は2週間ぶりのディサービスです。
本人も心待ちにしていたのだと思います。

早天祈祷会から帰ってみると
靴も出して行くばかりに準備をしていました。
感謝です。
良き日となりますように

【2020/08/25 08:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
A46714E5-A1C3-48AA-BABE-EDA086C0C558.jpeg


新しい一日が始まりました。
祝福の一日でありますように。

どんな状況でも感謝と賛美をささげる者と
なれますように。
夫も元気です。
今日も熱中症からコロナから守られますように❣️

【2020/08/24 08:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
3B809FBF-2C88-4076-B5B4-005B4100EC0E.jpeg


今日も共に礼拝をささげました。
健康をも支えてくださってる事を感謝します。

【2020/08/23 13:26】 | 未分類
トラックバック(0) |
BB8AAA3C-69FE-4599-8804-AFCE70D77A36.jpeg

034188F8-D7AA-452C-ADF5-1C561DEB8AF0.jpeg
「シラヤマギク」

0363CB5A-1962-45B9-A852-6E849844C52D.jpeg

0BCA2DF7-01D3-4AA1-BF53-217A55FBA2D1.jpeg
「ツリガネニンジン」

暑い中で咲いてる花々。
お部屋のクーラーの中で守られています。

【2020/08/20 15:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
87884B98-BA9F-4FC5-8E35-CC30069BBEB6.jpeg


聖なるものを犬に与えてはいけません。
また豚の前に、真珠を投げてはなりません。
それを足で踏みにじり、
向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。
           マタイの福音書7章6節



「猫に小判」と言う言葉がありますが、
それと同じような言葉が聖書にあるのです。
イエスが言われた言葉です。

「聖なるものを犬に与えてはいけません。」

聖なるものであっても、
犬にとっては聖なるものではないのです。
犬には
役に立たない価値のないものなのです。

ですから、
犬に聖なるものを与えても、
それは生かされません。

同じように、
豚の前に真珠を投げても、
真珠は価値ないものとして、
踏みにじられてしまうのです。

しかし、
真珠をアクセサリーとして
ふさわしい場所につけていけば、
それは価値あるものとして
生かされます。

私たちは、
聖なるものを、
聖なる神のものとして、
正しく生かされ用いられるところ、
つまり
主イエス・キリストが導かれ
示されるところに与えるなら、
神がその聖なるものを用いて
神の栄光を現し
祝福してくださいます。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/20 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
8414649C-1B04-4028-A5AE-63A82BF91C46.jpeg


「ですから、私たちは勇気を失いません。

 たとい私たちの外なる人は衰えても、

 内なる人は日々新たにされています。」

           IIコリント 4 : 16

今朝のデボーションより

今日も暑くなりそうです。
夫も家族も皆さんもコロナから熱中症から
悪しき者から守られますように。

【2020/08/20 06:46】 | 未分類
トラックバック(0) |
31058AC4-E7E1-4C2C-B6F0-32CCBDD60E7A.jpeg


さばいてはいけません。さばかれないためです。
           マタイの福音書7章1節


「人のふり見て我がふり直せ」
と言う日本のことわざ?がありますが、
私たちは、
他人のことをあれこれと悪く言って、
批判したり裁いたりしてしまいます。

でも、そう言って
他人のことを悪く言っている自分自身が、
同じことをしていると言うことは、
よくあることです。

イエスは言われました。
「さばいてはいけません。
 さばかれないためです。」
さらに
「あなたがたがさばくとおりに、
 あなたがたもさばかれ、
 あなたがたが量るとおりに、
 あなたがたも量られるからです。」と。


私たちは他人に厳しく、
自分には甘くなってしまいます。
他人の悪いところは、
すぐに気づくのに、
自分の悪いところには、
なかなか気づかないのです。

イエスは面白いことを言われています。
「また、なぜあなたは、
 兄弟の目の中のちりに目をつけるが、
 自分の目の中の梁には気がつかないのですか。
 兄弟に向かって、
 『あなたの目のちりを取らせてください。』
 などとどうして言うのですか。
 見なさい、
 自分の目には梁があるではありませんか。」

梁とは、
家などの建物の柱のことで、
とても太く大きいのです。
つまり自分の中にある梁、
大きな問題点には気が付かないのに、
他人の中にあるチリ、
どんなに小さな問題点でも
気づくと言うのです。

確かに私たちには、
そういう傾向性があります。

イエスは、こう続けて言われました。
「まず自分の目から梁を取りのけなさい。
 そうすれば、はっきり見えて、
 兄弟の目からも、
 ちりを取り除くことができます。」

まず自分自身の中にある梁、
大きな問題点を神に祈り、
取り除いていただきましょう。
自分の中にある大きな欠けや弱さを、
神の大きな愛で覆っていただきましょう。

その上で、
他人の中にあるちり、
小さな問題点に対しても、
愛をもって祈り助言をし
助けていただきましょう。

私たちは他人を裁くことをやめましょう。
裁きは神のものです。
人の裁きは神の祝福をもたらしません。

神は正しく裁き、
悔い改めへと導き、
憐れみをもって
祝福してくださるお方なのです。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/19 17:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
CC14EE7A-6778-4F04-9FBD-A36A4F0200AB.jpeg

790734A9-065C-433D-BDFF-B6446DDEC852.jpeg
「ノリウツギ」


「もしあなたがたが人を赦すなら、

 私もその人を赦します。

 私が何かを赦したのなら、私の赦したことは、

 あなたがたのために、キリストの御前で赦したのです。

 これは、私たちがサタンに欺かれないためです。」

                 IIコリント 2 : 10 ~ 11


今日のデボーションより

            

【2020/08/18 13:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
8E7A9E0F-8EA2-4729-8ED3-00B8C9CC15DE.jpeg


だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、それに加えて、
これらのものはすべて与えられます。
          マタイの福音書6章33節


もし、今、何でも一つ
あなたの欲しい物をあげると言われたら、
あなたは何を求めますか。

あなたが一番欲しい物は何でしようか。
私なら大阪生まれの食いしん坊なので、
食べ物を言いそうです。
ある人は着るものかもしれません。

イエスはこう言われました。

「自分のいのちのことで、
 何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、
 また、からだのことで、
 何を着ようかと心配したりしてはいけません。
 いのちは食べ物よりたいせつなもの、
 からだは着物よりたいせつなものではありませんか。」

何を食べるか、何を飲むか、
と食べ物のことを心配したり、
何を着るかと着物のことを
心配する必要はありません。

つまり、毎日生活し、
生きていくために必要な物のために
心配する必要はありませんと
イエスは言われ、こう続けられました。

「空の鳥を見なさい。
 種蒔きもせず、刈り入れもせず、
 倉に納めることもしません。
 けれども、あなたがたの天の父が
 これを養っていてくださるのです。
 あなたがたは、鳥よりも、
 もっとすぐれたものではありませんか。」

種まきも刈り入れも
倉に納めることもしない空の鳥でさえ、
天の父なる神は養ってくださるのです。

まして、
イエス・キリストを信じて
神の子とされた私たちを、
どうして養ってくださらないわけがあるでしょうか。

神は必ず私たちを養い、
育んでくださいます。

それを信じるのです。

さらにイエスは
「あなたがたのうちだれが、
 心配したからといって、
 自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。」
と語られました。
どんなに心配しても、
私たちは自分のいのちを
伸ばすことはできません。

神を信じ、
神により頼んで生きることが
一番確かで、確実な生き方なのです。
イエスの言葉は続きます。

27A3D093-04A4-4415-A098-1E38CD19DE04.jpeg

「なぜ着物のことで心配するのですか。
 野のゆりがどうして育つのか、
 よくわきまえなさい。
 働きもせず、紡ぎもしません。
 しかし、わたしはあなたがたに言います。
 栄華を窮めたソロモンでさえ、
 このような花の一つほどにも
 着飾ってはいませんでした。
 きょうあっても、
 あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、
 神はこれほどに装ってくださるのだから、
 ましてあなたがたに、
 よくしてくださらないわけがありましょうか。
 信仰の薄い人たち。」

神はあなたに、
どんな着物がよく似合いふさわしいか、
全てご存知で
本当に良い最善のものを
備えてくださるお方です。

野に咲くゆりの花でさえ、
神は最高に美しく装ってくださっているのです。
その美しさは
栄華を極めたソロモンの時にも勝ります。
まして私たち人間にイエス・キリストが
よくしてくださらないわけはないのです。

そのことを信じるのです。

神の完全な愛と守りと助けの中で、
何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、
などと言って心配するのはやめて、
イエス・キリストが支えてくださることを信じましょう。

イエスは結論のように、こう言われました。

「だから、
 神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
 そうすれば、それに加えて、
 これらのものはすべて与えられます。」

神の国とその義とを第一に求める。
つまり
神の完全なご支配と神の正しさを
第一に何にもまして求める。
つまり、神の御心、神の導きに従って、
神の願っておられることをすることを、
本当に求め、生きるなら、
全ての必要は満たされるのです。
食べ物も飲むものも、着るものも、
それ以外のすべての必要も、
一番ふさわしい最善にして最高のものを、
神は必ず備えてくださいます。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/18 12:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
58DE21D4-E905-4272-B259-EF2DA9844170.jpeg

04F7AFB4-87E6-47B0-8263-096929E3B4D8.jpeg
「オミナエシ」

本当に暑い日々が続いています。
焼けるような日差しです。

主の守りを感謝します。
クーラーの中で夫も過ごしています。
退屈ではあると思いますが
筋肉が弱りませんように。


【2020/08/18 11:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
19F3E3EC-D9AE-4FE6-9671-E96D8E9D295D.jpeg

0F03D42F-6194-4061-BC6A-94C6AAB94292.jpeg

C4B9342D-EB57-4F2D-9336-5818D20DC26C.jpeg

「リユウキュウボタンツル」

E4BB7CA1-3E47-4319-8D42-260F82590867.jpeg

4A619462-F929-4DB5-8852-E4C600920D79.jpeg

「くさぎ」


可憐な花達です。

【2020/08/17 15:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
BFAC22FF-113F-4F53-B301-418114868E04.jpeg

391D8992-C2E3-4606-9FEE-293D38C41383.jpeg

4849B834-3FA6-4A64-8B22-8544FBA072FE.jpeg


とても気持ちよさそうです。
阿蘇方面でのパラグライダー

夫も私もこの体験は出来そうにないなあ。

【2020/08/17 15:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
6FD09172-E397-45BC-B210-24CE1C1971EE.jpeg

081B0E9C-4B27-4311-BE4D-034EC635982D.jpeg

A8171F3F-BEF0-4F83-B624-4B82390B5F5A.jpeg

「イワタバコ」(岩煙草)


写メは岩煙草という花だそうです。
名前ににず可憐な花です。

今日は終戦記念日です。
日本の民が真の神イエス・キリストを信じ
イエス・キリストの御名をほめたたえる者になりますように。


【2020/08/15 08:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
CF0D754C-460E-4A22-BC26-0469C19CC43F.jpeg

B9A8CB61-9E71-4169-B745-BAA376FDB251.jpeg
「フサフジウツギ」

11942AD7-E7FC-4A4E-82AD-95C87C1A2BA7.jpeg
「ハツユキソウ」

811DD000-1440-4FA3-9CCD-892F3781C496.jpeg
「ホトトギス」
A00D4F71-50F1-44BE-93C0-6B2234BEC550.jpeg

暑い日々が続いています。
暫くディサービスがお休みの夫は
退屈そうですが、高校野球がテレビでやってるので
少し気が紛れているようです。

私は今日から断食祈祷に参加です。
主が守り祝福して下さいますように。

【2020/08/14 15:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
D8B229A2-7054-44B6-890B-F6FF9A3E50A1.jpeg


白馬キャンプの中で心に一番残っている事は

「信じる」
神が約束の言を与えて、語られた神の計画を
主が成就される事を信じる事
と語られた事が深く残っています。

イエスさまを信じ、与えて下さった言を
信じて成就を見ていきます。

【2020/08/13 21:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
DD17A57F-32EA-4195-802D-4DC83A62C0DA.jpeg

0A3DABF7-ECE2-4C65-B79E-B90869002B64.jpeg


蒸し暑い日が続いています。
昨日、熊本に出た彩雲だそうです。
とても綺麗です。

今、ディサービスをお休み中の夫は
何か手持ちぶたさのようです。
食べる事に気が向くようです。

ただ今、7時半
2回目の食事を終えた夫は
空っぽになった飴玉入れをみせて
「買い物に行ったら飴を買って来てくれ」と・・

今日は買い物に行かないつもりだったのですが
感謝して10時過ぎには買い物に行きましょう!

【2020/08/13 07:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
54D5D068-C2B7-4A1C-AB39-0556DFD2A31D.jpeg


白馬キャンプでのメッセージを
何度も何度も思いおこしたり、
聞きなおしたりしています。

送り出してくれた家族にとっても
祝福となって行きますように。

【2020/08/12 13:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
7F639625-2A29-4F25-B913-9EAB37E766BA.jpeg 

EEB08C3C-68DD-41A8-8867-73F3795F6516.jpeg
「カワラナデシコ」(河原撫子)

65048890-C492-4F50-AD99-058969C805AB.jpeg

941926B3-A9C8-4D16-81FA-2B037F06BD79.jpeg
「オカトラノオ」(丘虎の尾)


ディサービスをお休みしているので
手持ちぶたさなのでしょうか?

食欲?食べる事に執着?してます。
朝4時半・・・・・朝食 お粥、味噌汁、のり佃煮、卵焼き
早天祈祷会からかえってみると
トースト1枚、菓子パン1個 食べていて
さて、私も朝食をと準備していると
「これ食べていいか?」と・・・
「お父さん、食べてはいいけどお腹大丈夫?」というと
「うん」とミニアンパン5個食べ始めました。

主よ。心から感謝します。
「食べ過ぎだ」と言うとそれがストレスに
なるらしく、ただただ感謝してます。
お腹を壊さないように!
特に足の筋力が落ちないように。

【2020/08/12 09:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
91782403-192F-40FA-9D57-D40E1384631E.jpeg

605C749F-6572-47D8-929D-1FDD561C34FE.jpeg

7B97B1A8-D78B-44F1-8CE8-1F4966CBCBF0.jpeg


91782403-192F-40FA-9D57-D40E1384631E.jpeg


熊本地方?の「通潤橋の放水」だそうです。

【2020/08/11 13:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
1BC57B53-7A85-4024-955C-6518EE7873CD.jpeg

445DD07A-4161-4D44-89A5-FD8DD51B918F.jpeg

F6E7EBD3-2DEA-4FF2-8DE6-AEF416A7179E.jpeg


D73BC2DF-6109-46E3-866D-E0FEDADAFE10.jpeg


蒸し暑い日です。
少しでも涼しさを写メでお届けします。
熊本地方?の菊池渓谷だそうです。

夫は私が白馬に行っため、しばらくディサービスを
おやすみです。

【2020/08/11 11:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
FB39F0C7-EA66-4577-A255-DA4CE98544EF.jpeg


長い間、ブログを開けてしまいました。
群れの白馬キャンプに行って来ました。
夫と娘を置いて・・・・
送り出してくれた二人に感謝しています。

土曜日の朝早くに帰って来ました。
イエス様が夫も娘も守っていて下さって感謝します。
7〜8年ぶりのキャンプで確認すべき事が
確認でき祝福を持ち帰る事が出来ました。

教会にも家族にも恵み、祝福があふれますように!
コロナ対策のため、消毒薬などで荷物が多くなり
他の人々から九州勢はなんでそんなに荷物が多いの?
とびっくりされましたが、何しろ
九州にコロナを絶対持ち帰らない‼️という
スローガンを立てて行きましたから・・・

サービスエリアで私達がトイレに行くたびに靴カバーを
してその度ごとに交換しているのを見て
一般のお客さんが凄い!とびっくりしておられました。

後、2週間は油断できません。
私が帰った後の2週間は夫もディサービスはお休みです。
娘も友達の所に行きました。
イエス様、二人に大いなる祝福がありますように。

【2020/08/10 17:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
0739AA24-7630-4E1F-9CCD-B5811D7DE3D4.jpeg


あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。
           マタイの福音書5章39節



「右の頬打たれたら、左の頬向けなさい。」

これは、有名なイエス・キリストの言葉です。
そして、とても誤解されている言葉です。

高校生の頃、漫画を見ていると、
イエス・キリストが白い衣を着て、
右の頬を打たれて倒れ、
弱々しく左の頬もむけて、
こちらも打ってください
というふうに描かれていました。

おそらく、
これが多くの日本人が持っているキリスト教、
イエス・キリストに対する
イメージなのだと思います。
どこか弱々しくて女性的なイメージです。

でも、これは100%間違っています。
全くの見当外れなのです。

人間というのは罪深い者で、
右の頬を打たれたら、
相手の右の頬も左の頬も打ち返し、
ひどい場合は
相手が倒れて気絶するまで
打つ人もいるのではないでしょうか。

旧約聖書では
「目には目、葉には歯」
と神は語られていますが、
これは
やられたらやり返せという意味ではなく、
それ以上はしてはいけない、
つまり、右の頬を打たれたら、
右の頬を打ち返す以上は
してはいけないということなのです。

しかし、イエス・キリストは、
全く違うことを言われました。

「右の頬を打たれたら、左の頬もむけなさい」と。

これは弱々しい女々しい態度ではありません。
右の頬を打たれたら、
しっかり相手を見て、左の頬を向けて
「気がすむまで打つがいい」
と相手に向かって言うことです。

これは、本当の強さです。
弱々しさではありません。

イエス・キリストを信じる者には、
このように本当の強さが与えられるのです。

でも実際には、
このようなことは、人の力では出来ません。

私たちがイエス・キリストにより頼む時、
聖霊様の力が注がれて、
左の頬を向けることが出来るようになるのです。

私たちにも、本当の強さが与えられるのです。

イエスは、さらにこう言われました。
「あなたを告訴して
 下着を取ろうとする者には、
 上着もやりなさい。
 あなたに
 一ミリオン行けと強いるような者とは、
 いっしょに二ミリオン行きなさい。」と。

下着を取ろうとする者には、
怒らずに上着もあげなさい。
一ミリオン行けと強いる者とは、
つぶやかずに、
いっしょに二ミリオン行ってあげなさい。
そうイエスは言われたのです。

そして続けて、
まるで結論のように、こう言われました。

「求める者には与え、
 借りようとする者は断らないようにしなさい。」

イエス・キリストは、
本当の強さを語られたのです。

でも、これは簡単にはできません。
実際に行おうとすると、
難しくて、なかなか出来ないのです。

でも、イエス・キリストに祈り、
聖霊様の助けがあるならば出来ます。

あなたもチャレンジしてみてください。

本気になって、
右の頬を打ち返す、やり返す人生から、
左の頬を向ける人生、
つまり本当の強さを持って
積極的に愛する人生に、
挑戦してみてください。

本気でチャレンジすれば気づくはずです。
人には出来ないということを。
そして、
イエス・キリストを求め始めることでしょう。

そして、
イエス・キリストには
おできになることを知り、
キリストを信じる者にも、
その力が与えられることを知って、
感動されることでしょう。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/08/04 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
B18A8037-1F19-4BFC-B70D-0262009E2CBA.jpeg


今日、夕方に白馬に向けて出発します。
夫が脳梗塞を患ってから始めてだと思います。
ですから7 ~ 8年ぶりだと思います。

コロナウィルス感染が流行っているこの時に
ええっ!とびっくりされる方が多いと思います。
毎年7月の末、開かれるのですが、
今年は7月末予定が延期となり8月に開かれるように
お祈り下さいと祈りの要請が来た時
「あっ、これは8月に開かれたら参加しないといけない!」と
強い思いが来ました。

それからずっーと祈ってました。
行けるように。何しろ夫がいます。
今の状況では、連れて行くことも、残す事も
出来ない状況です。
ショートステイという手もあるのですが、
去年トライしてみたのですが、
夫が「絶対嫌だ!」と・・・
それで残り教会で執りなしの祈りをしました。

しかし、今年は、娘の協力で行けるようになりました。
出発するまでもいろんな事がありました。
無理も有りません。
コロナもどんどん感染者がふえてきているのですから・・・

しかし祈ると主が導いておられる事がわかるのです。
主に従う時、必ず家族も祝福して下さいます。
後、3 ~ 4時間で出発します。
今までと全く違う白馬キャンプですが
主に期待して、主が与えようとしておられるものを
受けて帰ってきたいと思います。

残る家族、教会に主の守りと祝福が豊にありますように。

【2020/08/04 12:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
3190FB68-C6F8-4402-86EF-8ABFD94462F5.jpeg


まずあなたの兄弟と仲直りをしなさい。
       マタイの福音書5章24節



イエスは、こう言われました。

「昔の人々に『人を殺してはならない。
 人を殺す者は裁きを受けなければならない。』
 と言われたのをあなたがたは聞いています。
 しかし、私はあなたがたに言います。
 兄弟に向かって腹を立てる者は、
 だれでもさばきを受けなければなりません。
 兄弟に向かって『能無し』と言うような者は、
 最高議会に引き渡されます。
 また、『ばか者』と言うような者は
 燃えるゲヘナに投げ込まれます。」

実際に人を殺さなくても、
心の中で腹を立て、
『能無し』とか『ばか者』と
相手を罵(ののし)り、嘲(あざけ)るなら、
そのこと自体が罪なのです、
とイエスは教えられたのです。

そしてその罪は、
実際に人を殺すことはしなくても、
神様の前で裁かれ、ゲヘナ、
わかりやすく言えば地獄に
落とされてしまいます。
と警告されたのです。

人を殺したことのある人は、
平和な今の時代には、
ほとんどいないと思います。

でも、
人に腹を立て、
ばかにしたり、
嘲ったりしたことは
あるのではないでしょうか。

私たちはこのままでは、
決して天の御国に入ることは
できない存在、罪人なのです。

イエスは続けて言われました。

「だから、祭壇に供え物を
 捧げようとしているとき、
 もし兄弟に恨まれていることを
 そこで思い出したなら、
 供え物はそこに、
 祭壇の前に置いたままにして、
 出て行って、
 まずあなたの兄弟と仲直りしなさい。
 それから来て、
 その供え物をささげなさい。」と。

供え物をささげるより、
まず恨まれている兄弟と
仲直りをしなさいと言われました。

もちろん、
自分が恨んでいる兄弟がいるなら、
その兄弟を赦して、
仲直りしなさいと言われているのです。

イエス・キリストを
信じて生きるというのは、
難しい真理を解明することではなく、
実際に生活している職場や学校、
家庭や地域という現場で、
日々起こってくる
色んないさかいや問題の中で、
イエス・キリストの恵みを受け、
イエス・キリストの愛の中で、
お互いに赦し合いながら、
ともに和解しあって、
仲良く暮らし、
生活していくことなのです。

そしてそれには、
イエス・キリストの助け、
神の霊である聖霊の力が必要なのです。

イエスはさらに、こう続けられました。

「あなたを告訴する者とは、
 あなたが彼といっしょに
 途中にある間に
 早く仲良くなりなさい。
 そうでないと、告訴する者は、
 あなたを裁判官に引き渡し、
 裁判官は下役に引き渡して、
 あなたはついに
 牢に入れられることになります。
 まことにあなたに告げます。
 あなたは最後の一コドラントを払うまでは、
 そこから出ては来られません。」と。

誰かに訴えられたなら、
その人に告訴される前に、
とにかく早く仲良くなりなさい。
と言われています。

イエス・キリストは、
自分が赦すことと同時に、
自分が誰かに対して罪を犯し、
失礼をした場合には、
きちんとあやまり、謝罪して、
自分も相手から赦されて、和解して、
仲良くなることを言われているのです。

赦しあうこと、
和解すること、
そして仲良くすること、

人が集まると、
必ずぶつかりや軋轢(あつれき)が生じます。
親しい人であればなおさら、
気を許して言いたいことを言ったり、
甘えが出て失礼な態度を
とってしまったりすることもあるでしょう。

私たちは弱い罪人なのです。
でも、だからこそ、
互いに赦し合い、和解して、
仲良く暮らし生活していくことが、
とても大切なのです。

そして、それは
私たちの自分の力でするには
限界があります。

だからこそ、
イエス・キリストを信じ、
十字架で赦しを与え
和解を与えてくださった
このイエス・キリストの恵みと愛の中で、
聖霊様の力をいただいて、
赦し、赦され、和解して、
仲良く暮らしていきましょう。

夫婦が赦し合い、
親子が和解し、
家族が一つになって仲良く暮らす。

職場で同僚と赦し合い、
上司や部下と和解し、
本当に良い仕事をするために、
仲の良い明るい職場になる。

学校でクラスメートや友達と仲直りし、
先生と和解し、
みんないっしょに仲良く勉強し、
いっしょに遊ぶ。

イエス・キリストは、
私たちの生活の現場に
本当の幸せ、
赦しと和解、
そして仲良く共に生きることを
与えてくださるのです。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より


【2020/08/04 11:55】 | 未分類
トラックバック(0) |