FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
0DD40D5A-0B90-428D-A191-F2AA7FC4D6ED.jpeg

すると、イエスは母に言われた。
「あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。
 女の方。わたしの時はまだ来ていません。」

       ヨハネの福音書2章4節



ガリラヤのカナで婚礼が、
つまり結婚式がありました。

その婚礼に、
イエスも弟子たちと一緒に、招かれました。

そこにはイエスの母もいました。

当時のガリラヤでの結婚式は
何日も続きます。
長い時には1週間、2週間
続くことさえありました。

それで、ぶどう酒が
なくなってしまいました。

そのとき、
母はイエスに向かって
「ぶどう酒がありません。」
と言いました。

何とかしてくれないと
イエスに頼り願ったのでしょう。

すると、
イエスは母に言われたのです。

「あなたはわたしと
 何の関係があるのでしょう。
 女の方。
 わたしの時はまだ来ていません。」と。

なんて冷たい、と思われませんか。

でもそうではありません。
「女の方」と言うのは
「婦人よ」とも訳されていますが、
これは母に対して言う言葉ではなく、
女性に対して
尊敬を込めた呼び方です。

皇帝アウグストが
クレオパトラに言った言葉と同じです。

つまり、
イエスは母マリヤに対して、
母と子という親子関係ではなく、
一人の人間の女性として
尊敬を込めて応答されたのです。

「わたしの時はまだ来ていません」
というのは、
心配しなくても大丈夫です。
その時が来れば
わたしが何とかしますから、
安心していてください。
と言われたのです。

母マリヤには
それはわかったようです。
母だからというのではなく、
一人の人間として、
イエスは聞かれました。


私たちもイエスのところに行けば、
イエスにお願いすれば、
イエスは聞いてくださるのです。


イエス・キリストはあなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/09/30 19:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
A732D2F3-F6E9-4C4F-BF2B-72C1F181D2C5.jpeg


それでも、イエスは何もお答えにならなかった。

        マルコの福音書15章5節


イエスはピラトが
「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」
と尋ねると
「そのとおりです。」と答えられました。

そこで、
祭司長たちは
イエスをきびしく訴えました。

しかし
イエスは何を言われても
一言も答えられませんでした。

ピラトはもう一度
イエスに尋ねて言いました。
「何も答えないのですか。
 見なさい。
 彼らはあんなにまで
 あなたを訴えているのです。」

それでも、
イエスは何も
お答えにならなかったのです。
それにはピラトも驚きました。

イエスは
すでにゲツセマネで祈って
「十字架」を受け止めていました。

ですから
何もお答えにはならなかったのです。

どんな誹謗中傷も悪口雑言にも、
十字架を受け取られたイエスは
弁解や反論をされませんでした。

そして十字架に
まっすぐに向かわれたのです。
私たちを愛して、
あなたと私を救うために。


私たちも、
イエスのみあとに従って、
自分の十字架を負って、
黙って従っていきたいものですね。

祈りましょう。

主イエスの恵みと愛の中で
聖霊の助けがあるならば、
あなたにも私にも出来るのです。


あなたを愛しておられる
イエス・キリストがおられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/30 18:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
5D6C5DCD-235E-4FFD-A809-464EDD440848.jpeg


まことに、まことに、あなたがたに告げます。

死人が神の子の声を聞く時が来ます。

今がその時です。

そして、聞く者は生きるのです。

               ヨハネ 5 : 25

今日のデボーションより

【2020/09/30 09:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
AEF0F478-E9F6-4130-A12E-7540EFBD301C.jpeg

9CEF6B62-D1ED-428E-9EE1-6984EB4F768E.jpeg


強くあれ。雄々しくあれ。
恐れてはならない。おののいてはならない。
あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、
あなたとともにあるからである。

     ヨシュア記1章9節


神はヨシュアにこう言われました。

「わたしはあなたに命じたではないか。
 強くあれ。雄々しくあれ。
 恐れてはならない。
 おののいてはならない。
 あなたの神、主が、
 あなたの行く所どこにでも、
 あなたとともにあるからである。」

ヨシュアがどこに行っても、
神はヨシュアと共におられると
約束されました。

神、共にいます。
これに勝る祝福はありません。

カナンの地には、敵がいます。
しかし敵がどんなに強くても、
神が共にいるなら、必ず勝利できます。
約束があるなら、
必ず、約束の地、カナンは占領できます。

だから、強く、雄々しく、
恐れずにヨルダン川を渡って、
約束の地、カナンを
占領しに進んでいくのです。


私たちの人生にも、
主のことばに従って歩む時、
どこに行ったとしても、
必ず主イエスが共にいてくださいます。

そして圧倒的な勝利を与えてくださいます。
だから、
目の前の敵や状況に惑わされることなく、
強く、雄々しく、恐れずに、
主イエスに従っていきましょう。

必ず約束は成就し、
あなたも私も
主イエス・キリストは
祝福してくださるのです。


イエス・キリストはあなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/29 08:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
6650933A-4EA1-4409-8F53-AFFBDB0E3168.jpeg


今日も共に礼拝出来たことを感謝します。
礼拝中も時々、気持ちよさそうに寝てましたが
メッセージが入ったでしょうか?

肺気腫を持っている夫は、家では寝ている時も
ゼェゼェが聞こえてきている時が多いですが
礼拝中は、私は夫の隣に座っているのですが
全く喘鳴も聞こえません。
主に感謝です。

【2020/09/27 17:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
1D87F18C-4708-4FEE-BA7D-B38590A0BADC.jpeg

あなたの一生の間、
だれひとりとしてあなたの前に立ちはだかる者はいない。
わたしは、モーセとともにいたように、
あなたとともにいよう。
わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。

        ヨシュア記1章5節



神はヨシュアにヨルダン川を渡り、
カナンの地を占領するように命じられました。
その時ヨシュアに向かって言われたのです。

「あなたの一生の間、
 だれひとりとして
 あなたの前に立ちはだかる者はいない。
 わたしは、
 モーセとともにいたように、
 あなたとともにいよう。
 わたしはあなたを見放さず、
 あなたを見捨てない。
 強くあれ。雄々しくあれ。
 わたしが彼らに与えると
 その先祖たちに誓った地を、
 あなたは、
 この民に継がせなければならないからだ。」と。

モーセの従者ヨシュアは知っていました。
いつもモーセには神が共におられ、
困難のたびに、
しるしと不思議、奇跡が起こり
助けられ勝利してきたことを。

それと同じように、
神がいつも共にいて、
あなたを見放さず、
見捨てないと言われたのです。

一生の間、だれひとりとして
ヨシュアの前に立ちはだかる者はいない
と語られたのです。

だから強く雄々しくあって
イスラエルの民を神が約束された地、
カナンを継がせなければならないと。

そしてヨシュアは神に従い、それをなします。
神が共におられ約束を成就されたのです。


あなたにも神が共にいてくださいます。

イエス・キリストは
決してあなたを離れず見捨てないのです。

あなたの人生には
この方、イエス・キリストが
共におられるので、
どのような困難や戦いが許されても、
圧倒的な勝利が現され、
あふれる祝福が注がれてくるのです。


あなたはイエス・キリストに愛されています。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/25 19:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
9D3958C6-A25E-492F-9930-9FB0414EA851.jpeg


この律法の書を、あなたの口から離さず、
昼も夜もそれを口ずさまなければならない。
そのうちにしるされている
すべてのことを守り行なうためである。
そうすれば、あなたのすることで繁栄し、
また栄えることができるからである。

      ヨシュア記1章8節



神はヨシュアに
あなたを見放さず見捨てないと言われ、
さらに続けてこう言われました。

「ただ強く、雄々しくあって、
 わたしのしもべモーセが
 あなたに命じたすべての律法を守り行なえ。
 これを離れて右にも左にもそれてはならない。
 それは、あなたが行く所ではどこででも、
 あなたが栄えるためである。
 この律法の書を、あなたの口から離さず、
 昼も夜もそれを口ずさまなければならない。
 そのうちにしるされている
 すべてのことを守り行なうためである。
 そうすれば、あなたのすることで繁栄し、
 また栄えることができるからである。」と。

律法の書というのは、
ここではモーセ五書、
つまり創世記、出エジプト記、
レビ記、民数記、申命記です。

しかし新約時代に生きる
私たちにとっては、新旧約聖書です。

つまり昼も夜も聖書を読み、
聖書のみことばに触れ続けているなら、
あなたのすることで繁栄し
栄えることができると言われたのです。

聖書の言葉は神の言葉です。
神のことばには力があり、
命と愛があります。

この神の言葉である
聖書に触れ続けるなら、
あなたは必ず
神のことばに従う力が与えられます。

神の言葉そのものに、
私たちが従う力があるからです。

そして神のことばに従う時、
必ず祝福され、繁栄するのです。

ですから、
サタンは私たちが聖書を読み、
神のことばに触れるのを
あらゆる方法で妨害してくるのです。

心を定めて聖書を読み、
神の言葉に触れましょう。

その時、
あなたも私も必ず祝福され、
豊かに繁栄します。


イエス・キリストはあなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/25 19:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
9321C035-495C-4DEA-B6A4-1A893FC73869.jpeg


今日は長崎は雨です。
9時にお迎えを受けてディサービスへ
行きました。

楽しく過ごせますように!
短気を出さないように。
主よ。守って下さい。

【2020/09/24 09:06】 | 未分類
トラックバック(0) |
9FD71108-9233-4B20-9902-FB4662DA4347.jpeg

CA947DB0-61CD-4010-883C-2240F02A849E.jpeg
キツリフネソウ(黄釣船草)


めっきり朝夕涼しくなり秋の気配を感じます。
クーラーを使わなくても済むようになりました。

でもディサービスには半袖で出かけました。
守りと祝福がありますように。

【2020/09/22 10:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
85242DD0-144C-4F28-A607-0A2EAF6F0604.jpeg

今朝は涼しくてクーラーは使いませんでした。
今日は早いお迎えで9時前には
元気に行きました。
コロナからも守られますように。

【2020/09/17 09:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
47238E0D-EF15-4E37-A1B2-7900078FB2EB.jpeg

17年前の純子牧師の子育て日記!
凄すぎ!尊敬する!
幾つか見ながら泣き笑いしてしまいました。
その一つを・・・・



待合室はアンパンマン

2003年5月2日(金)  木原 純子

久しぶりに保健所へ行った。
今日はこの春最後のポリオ(小児まひの予防接種)の日だった。
待合室ではアンパンマンのビデオが流れていたので、子供たちの目はくぎづけ。
真剣そのもの。

「木原さ〜ん」と呼ばれたって、アンパンチが飛んでくる丁度いいところでは動けるはずもない。
左手に嫌がる2才の男の子を抱きかかえ、右手で泣きじゃくる4才の女の子を床に引きずりながら、
6才の女の子を叱りとばして診察室に入った。
ようやく3人の診察が終わりいよいよ予防接種という頃には、
先の2人は目に涙をいっぱい浮かべてアンパンマンのところへ飛んでいってしまっていた。
一汗かいてようやく終了。

思えばずいぶん長い間予防接種に来ていない。
母子手帳に記載されている予防接種だけでも13回。
8人分だとざっと計算しただけでも104回。
これに1才半検診だとか3才検診が加わると120回以上保健所に通う計算だ。
それで何人もまとめて済ませようとする。

が、これがなかなか難しい。
誰かが熱を出したりするからだ。その上母子手帳をよくまちがえる。
6人目の時に7人目のを持っていったり。
結局誰が何の予防接種を受けているのか分からなくなったりする。
一人目、二人目の時は完璧にこなしていた予防接種も最近はしてあげる力もない。
そんな時はただひたすらあやまるより他に道がない。

「2回受けるポリオ、間違えて3回受けてしまったらどうなるの」こんなとんでもない質問に、
意外な事実がわかった。
「外国ではポリオは3回でも4回でも飲ませる国がありますよ。だから大丈夫。
それよりも予防接種がありながら年間80人の死者を出している最も怖い病気は、はしかです。
はしかの予防接種を急いで下さいね。」とのことでした。


純子牧師の17年前の子育て日記より
こう言うものが沢山あるらしい。
是非、この時のものをブログに出して欲しい。
教えられる事が沢山ありました。

【2020/09/15 12:27】 | 未分類
トラックバック(0) |
466D58B3-F0B0-44F2-B8F1-822914176F32.jpeg


朝夕ずいぶん涼しくなりました。
秋を感じます。
でも昼間はまだまだまだ暑いですが・・・

夫にとったら食欲の秋でしょうか?
秋に限らず食欲はあるので助かってはいますが・・・
食べ過ぎではと心配しなければならないほどです。
まぁ、大丈夫でしょう。

【2020/09/14 15:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
402F45D4-BCB5-4AB7-BD2D-3DA126D15CC0.jpeg

昨日は主日礼拝でした。
夫、私、娘と三人一緒の礼拝です。
数年前には、考えられなかった事です。
イエスさまの業です。
心から主の御名をほめたたえ感謝します。

【2020/09/14 13:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
E46D27C9-23F6-425C-AED2-F0397927E312.jpeg


九州管内のS姉妹が天に召され、
昨夜、前夜式があり深い御臨在があったとの事。
ご主人が遺族挨拶でS姉妹の好きだった聖句を読まれたとの事。
それは
「主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」
                        ヨブ記
天で再び会える確かな希望に満ちておられたとの事。
今日の告別式も主の深い御臨在に満たされ、
来ておられるすべての方が救われますように。

【2020/09/10 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
5ED0A58C-A183-4C59-8AB0-5852F665BE89.jpeg

今日もディサービスへ
嫌がらずに行っているので皆さんとも
慣れ親しんで良い環境になっているのでは・・
楽しめますように。
更に主の守りと祝福がありますように。

【2020/09/10 09:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
A3B2E0FB-CFE3-499B-834B-A148042FE508.jpeg


今日も元気にディサービスへ
1時間前くらいから自分で準備しています。
私が今、部屋の片付けに追われているせいか
自分でやっています。

部屋が狭いのであちこちつかまりながら
動いています
かえってリハビリになっているのかもしれません。
でも今朝方(2時半)ちよっと物音がしたので
行ってみると、起きようとしてベッドから
ずり落ちてました。
今日も主の守りがありますように。

【2020/09/09 09:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
3F35E0FD-EC86-4106-AFE9-41F4A8B234FC.jpeg


台風からも守られてディサービスへ・・・
今日から、水、木と3日間のディサービスです。
楽しむことができます様に。

夫がディサービスに行っている間
最終の片付けを・・・・
でも歳には勝てないようです
あちこちが痛み出しました。

もう少しです。
主よ。力を下さい。
今回は第一段階です。
まだまだ捨てる物が沢山あります。

【2020/09/08 09:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
06FC379D-1654-47B0-B233-9BB69D0021FD.jpeg


今週は、月、火、水、木と4日間の
夏休みをいただきました。

かねてやれないお部屋の
模様替えに取り掛かっています。
二つのお部屋の押し入れの襖を
取り外して中を片付けカーテンをかけ
オープンにしました。
ちょっと広く感じます。

タンスの位置も大幅に変えました。
えっ!一人で!と思われる方も
おられるかもしれませんが、
祈ると主が知恵を下さいます。

何しろ今までも引っ越しも一人で
やらなければなりませんでしたから・・・
(夫が漁船に乗っていて、いつもいませんでしたから)
今日で片付きそうです。
2日かかってしまいました。

でも休みの期間
主が「ダニエル書」を読むように言われましたので
何回も繰り返し読んでいます。
心に深く入っているみ言葉です。
「もし、そうなれば、私たちの仕える神は、
 火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。
 王よ。神は私たちをあなたの手から救い出します。
 しかし、もしそうでなくても、王よ。ご承知ください。
 私たちはあなたの神々に仕えず、
 あなたが立てた金の像を拝むこともしません。」
                ダニエル 3 : 17 ~ 18

【2020/09/08 07:36】 | 未分類
トラックバック(0) |
D4487BC8-2AA7-42C6-8D96-6CD99F73B584.jpeg

「風や湖までが言うことをきくとは、
 いったいこの方はどういう方なのだろう。」
         マタイの福音書8章27節


弟子たちが
イエス・キリストと共に舟に乗り、
向こう岸へ渡ろうとしました。

すると突然、突風が起こり、
舟は水をかぶって
弟子たちは溺れそうになりました。

弟子たちは、本当に怖かったと思います。
彼らはガリラヤ湖を知り尽くしており、
こういう暴風雨が来たら、
おぼれてしまい、
場合によっては死んでしまうこともあると、
経験して知っていたからです。

それで弟子たちはイエスを起こしました。
するとイエスは
「怖がることはない。
 信仰の薄い者たちだ。」と言われ、
起き上がると、風と湖、
つまり激しい波をしかりつけて
静まらせてしまわれました。
湖は大なぎになりました。

人々は驚き、思わずも言いました。
「風や湖までが言うことを聞くとは、
 いったいこの方はどういう方なのだろう」

自分たちの知り尽くしたガリラヤ湖でさえも、
イエスのことばの前には従うのだ、
ということを知ったとき、
弟子たちは、
イエス・キリストの権威と力が、
どんなに大きいのかを知りました。

その権威と力は天からのもので、
イエスが神の子であることを
頭ではなく体で感じ取り、
貴重な経験として実感したことでしょう。

私たちも、
主イエスに従って行くときに、
嵐が許され、恐れと不安に
見舞われることがあります。

しかし、そんなときは、
イエス・キリストを起こしに
イエスのみもとに行きましょう。

イエス・キリストは、
あなたのために起き上がり、
嵐を静め、
イエス・キリストの権威と力が、
どんなに大きいのかを、
あなたにも示してくださることでしょう。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/06 17:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

ACA87EF7-130A-40A5-BB76-3636D66EF4E1.jpeg


「さあ、向こう岸へ渡ろう。」
     マルコの福音書4章35節


イエス・キリストが
「さあ、向こう岸へ渡ろう」
と言われたので、
弟子たちはイエスと一緒に舟に乗り
ガリラヤ湖の向こう岸に向かって
舟を出しました。

すると突然、
ガリラヤ湖に大暴風が起こり、
舟は大波をかぶって、
弟子たちは、おぼれそうになりました。

ところが、
この大暴風雨の中、
イエスは眠っておられたのです。

よほど疲れておられたのか・・
それとも、
父なる神を信頼しきっておられたので、
どんな嵐の中でも安心しきっておられたのか・・・

イエスは、眠っておられたのです。

弟子たちは、怖くて仕方ありません。
弟子たちの多くは漁師出身でした。
しかもガリラヤ湖の漁師でした。
ガリラヤ湖が、
こういう状況になったらどうなるか、
知っていたからこそ、
本当に怖かったのでしょう。

弟子たちは、
眠っているイエスのところに来て、
イエスを起こして言います。
「主よ。助けてください。
 私たちはおぼれそうです。」

イエスは弟子たちに言われました。
「なぜこわがるのか。
 信仰の薄い者たちだ。」

イエスは起き上がると、
風と湖をしかりつけられました。

すると、大なぎになったのです。

大暴風雨の中で、
おぼれて死にそうになっているときに、
イエスは
「なぜ怖がるのか、
 信仰の薄い者たちだ」と言われました。

つまり信仰があれば、
怖がる必要はないのだと言われたのです。

どういうことなのでしょう。

イエス・キリストがともにいれば、
嵐が来ようが大丈夫!

イエスが向こう岸に渡ろうとして
舟を出したのだから、
必ず舟は向こう岸まで
たどり着くに決まっています。

だから恐れることはない
と言われたのでしょうか。

確かに
イエス・キリストが共におられれば、
どんな困難が来ても、
どんな問題が許されても大丈夫です。
イエスが語られて始まったならば、
どんなことが許されようと、
必ずそれは成就し全うされます。

なぜなら、
イエスのことば、
神のことばで始まったからです。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/06 16:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
18260A55-9259-4CB6-AEBF-8502164E5C54.jpeg



「わたしについて来なさい。
 死人たちに彼らの中の死人たちを葬らせなさい。」
           マタイの福音書8章22節


ひとり弟子がイエスに、こう言いました。
「主よ。まず行って、
 私の父を葬ることを許してください。」

当然、いいですよ、
とイエスが答えられるかと思ったら、
全く違う答えをイエスは言われました。

「わたしについて来なさい。
 死人たちに
 彼らの中の死人たちを葬らせなさい。」

イエスは、他の聖書の箇所では
「手を鋤に付けてから振り向いてはならない」
とも語られています。

一見すると冷たく聞こえる言葉ですが、
そうではありません。

多くの方が残念ながら、
大切な家族や友人が生きている時には、
十分に愛を示してあげることができないで、
亡くなり死を迎えると、
急に優しくなり、大切にするのです。

気持ちはわかります。
でも、もうその人は、
そこに生きてはいないのです。
それは厳しい言い方をすれば、
残された人の自己満足でしかありません。
ひどい場合には、
亡くなった方というより、
生きている人のメンツや立場のために、
死んだ人のために
一生懸命している時さえあります。

イエス・キリストは、
もう亡くなって
死んでしまった人のためではなく、
生きている人のために、生きなさい。
と言われたのです。

その人が生きている間に、
その人のために、
福音を語り、主の愛を示し、
その人に仕えてあげなさい。
と言われたのでしょう。

この人の場合は、
父が生きている時に、
父に仕え、父を敬い、
愛を示して仕えていたなら、
もう何も思い残すことはないでしよう。
死んで天に行った父のことは、
天に任せて、あなたは
今も生きている人たちのために、
生き仕えなさい。

だから「わたしについて来なさい。」
と言われたのです。

イエスは、
天に行った彼らのことは死人たち、
天に行った人たちに任せて、
あなたは、わたしについてきなさい。
そして、
まだこの永遠の命を受けていない
この地上の人たちのために働きなさい。
と言われているのです。

枕する所もないほどに、
この地上には問題が山積しています。
天国を知らず、
永遠の命を受けずに、
この世のことに振り回され、
この地上のことに翻弄されている人々が、
たくさん、たくさんいるのです。

もし、
わたしについてくるというなら、
まだイエス・キリストを知らず、
天国への確信のないまま、
永遠の命を受けずに
生きている人たちのために、
あなたの時間を使いなさい。

そうイエス・キリストは言われたのす。

そして、
この人の死んだ父も天国で、
きっと、そう願っていることでしょう。

私たちは、
本当に大切なものを見失わないようにして、
イエス・キリストについて行きましよう。


あなたはイエス・キリストに愛されています。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/06 15:47】 | 未分類
トラックバック(0) |

D87ABFE7-EC5C-4074-B25D-712603A6B553.jpeg


今朝、私が教会に行く前に、
夫が「迎えにくっとか?」と聞くので
「風や雨がひどくなかったら迎えに来れるけど・・・」
と言うと「今日は大丈夫だ!明日よ。」と
行く気満々です。

いつものように迎えに来てもらい
共に礼拝しました
イエスさまがシモンに「深みに網をおろしなさい。」と
言われた箇所でした。
どんな思いで聞いたかな?

【2020/09/06 13:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
4AF42B66-E6E3-4980-86D1-27FFEC7911B8.jpeg


「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、
 人の子には枕する所もありません。」
       マタイの福音書8章20節



イエス・キリストのところに、
一人の律法学者がやって来て、
こう言いました。
「先生、あなたのお出でになる所なら、
 どこにでもついてまいります。」

イエスは彼に、こう答えられます。
「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、
 人の子には枕する所もありません。」

狐には穴があって、
休む場所、寝る場所がある。
空の鳥にも巣があり、帰る場所、
ゆっくりと休む場所がある。

しかし、人の子には、枕する所、
つまりゆっくりと休み眠る場所もない。

人の子というのは、
イエス・キリストご自身のことです。

イエスには、
枕をしてゆっくりと休み、
眠れる場所もなかったのです。

福音宣教に生きていたイエスは、
人々を救い、病気をいやし、
悪霊から解放し、
困っている人々を助けることに
忙しかったのでしょう。

イエス・キリストに、
あなたのお出でになる所なら、
どこまでもついていきます。
そう言った人に、いやしや奇跡を行う
華やかな主の栄光を見る働きの背後には、
枕する場所もない、
そんな生活があるのですよ。
そんな毎日の生活に、
あなたはついてこれますか。
そうイエスは聞きたかったのでしょう。

枕するところもない生活は、
楽ではありません。

でも神の御業を見、
神の愛を深く知ることのできる毎日です。

イエス・キリストに
心を定めてついていきましょう。
必ず祝福が待っています。

イエス・キリストは、あなたを愛しています。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/03 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
7BEF44EB-1E13-4008-809F-56746569A010.jpeg


台風10号が近づいているせいか
曇り空です。
まだ雨や風は強くありませんが、昨日の
台風9号の余波もあるようです。

今日もディサービスに元気に行きました。
守りと祝福がありますように。

【2020/09/03 09:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
8B7D9D4E-4D7B-4B40-BEA4-8AD25797F95C.jpeg


彼が私たちのわずらいを身に引き受け、
  私たちの病を背負った。
     マタイの福音書8章17節



ペテロの姑がいやされ元気に
もてなしている姿を見た人々は、
夕方になると、
悪霊につかれた人を大ぜい、
イエス・キリストのみもとに
連れてきました。

イエス・キリストは、
みことばをもって霊どもを追い出し、
また病気の人々も
みなお直しになりました。

イエスは、
全員悪霊から解放し、
病気をいやされたのです。

イエス・キリストは、
すべての病気をいやし、
悪霊を追い出されたのです。

イエス・キリストには
直せない病気も、
追い出せない悪霊もいないのです。

実は、このことは、
旧約聖書の預言者であるイザヤが
預言していたことの成就でした。

イザヤ書には、こう書いてあります。

「彼が私たちのわずらいを
 身に引き受け、
 私たちの病を背負った。」

彼とは、
もちろん、神のひとり子、
イエス・キリストのことです。

イエス・キリストが、
あの十字架で
私たちのわずらいを引き受け、
私たちの病を背負ったのです。

だから、
私たちの病気はいやされ,
私たちのうちから
悪霊は追い出されるのです。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/02 14:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
A587C422-CC59-4AEA-AFB4-987ADA35CC73.jpeg


「神のことばは、その時が来れば実現します。」
              
                  ルカ 1 : 20

「神にとって不可能なことは一つもありません。」

                  ルカ 1 : 37

                 今日のデボーションより

また、強く語られたところがあり主に期待してます。
 「あなたの願いが聞かれたのです。」 ルカ : 13

【2020/09/02 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
D03FFAA6-042F-4E4D-BC4B-8A54C93EFAC1.jpeg


9月に入りました。
台風の影響でしょうか?
蒸し暑くなっています。

大型台風との情報ですが
守られますように。
行く時はまだ風も強くありません
午前中には帰ってくるので大丈夫とは
思いますが・・・
心も体も守られますように。

【2020/09/02 09:36】 | 未分類
トラックバック(0) |
7CB2C6C6-661F-43F1-BD05-187B88C6DC39.jpeg


それから、イエスは百人隊長に言われた。
「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」
すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。
           マタイの福音書8章13節



しもべの癒しを求めて、
イエスのところにきた百人隊長。
彼は「一言、語ってください。」
とイエスに言葉を求めます。

イエスは、
百人隊長に向かって言われました。

「さぁ、行きなさい。
 あなたの信じたとおりになるように。」

イエスがそう言われると、
ちょうどその時、
百人隊長のしもべはいやされました。

百人隊長の信仰は
イエス・キリストを驚かせました。
そして、その信仰を
イエス・キリストはほめられたのです。

私たちも彼のように、
信仰をほめられる者になりたいものです。

百人隊長は
イエス・キリストの権威を
知っていました。
そして言葉を求めたのです。
わざわざ来て下さらなくても、
ことばを一言頂ければ、
それで、
このしもべは直ると信じたのです。

私たちも
イエス・キリストの権威を信じて、
大胆にキリストとに
「ことば」を求めましょう。

キリストのことばには
権威とは力があります。

キリストのことばは
病気をいやし、悪霊から解放します。

キリストのことばは、
無から有を創造し、
壊れた関係を回復し、

キリストのことばは、
サタンの支配を砕き、
あなたとあなたの愛する者に、
勝利と栄光をもたらします。

イエス・キリストは、
あなたに今日も語ってくださいます。
「あなたの信じたとおりになるように」と。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/01 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
2C39730B-CC24-41A1-89BD-4B9FE2E35FF0.jpeg


D436B01C-B87F-4E2E-A15E-E01AA352FF37.jpeg
「御輿来海岸」おこしきかいがん

AAAE0179-55E8-4B61-8DB7-967F624F33AB.jpeg
ムツゴロウ

1B5F3A2A-4D44-40C8-AD00-C96A4E98CA57.jpeg


珍しいムツゴロウ。
どのようにして食べるのか?と
インターネットに調べて見ると

肉が柔らかくて脂肪が多い。
新鮮なうちに蒲焼にするのが一般的で
死ぬと味が落ちるとありました。

ムツゴロウの蒲焼は佐賀県の郷土料理の一つ
とありました。
どんな味か一度、食べてみたいものです。

【2020/09/01 11:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
0EE428C5-832A-47AA-99E8-9F2BC97C4E1E.jpeg


ただ、おことばをいただかせてください。
そうすれば、私のしもべは、直りますから。
       マタイの福音書8章8節後半



しもべのために
イエスのもとに
癒しを求めてきた百人隊長。

彼はとても謙遜で、
すぐに来てくださる
と言われたイエスに、
自分にはイエスを家に
お迎えする資格はありません、
と言いました。

しかし、
イエスを屋根の下に
お入れする資格はないと言いましたが、
さらに続けてこう言ったのです。

「ただお言葉をいただかせてください。」

これは、
もう少し原語に近いニュアンスにすると、

「一言でいいのです。
 一言仰ってください。
 そうすれば私のしもべは直りますから。」

と言ったのです。

一言でいい。Only One Word と。
イエス・キリストが一言語られれば、
それで、このしもべは直る
と百人隊長は信じていました。

なぜ、彼はそう信じることができたのでしょう。
続けて百人隊長は、こう言っています。
「と申しますのは、
 私も権威の下にある者ですが、
 私自身の下にも兵士たちがいまして、
 そのひとりに『行け。』と言えば行きますし、
 別の者に『来い。』と言えば来ます。
 また、しもべに『これをせよ。』と言えば、
 そのとおりにいたします。」

当時のローマの軍隊は最強でした。
強い軍隊の特徴は
秩序がしっかりしていて、
命令が通るのです。

百人隊長は百人の部下がいましたが、
その部下に『行け』と言えば行くし、
『来い。』と言えば来る、
さすがはローマの軍隊です。

私でさえ、そうなのだから、
ましてイエス様、
あなたには権威がある。
病気であろうと、
悪霊であろうと、
自然であろうと、
その法則であろうと、
イエス様、あなたが一言、仰っれば、
一言命令してくだされば、
私のしもべは直るのです。
そう百人隊長は信じていたのです。

確かに
イエス・キリストには
権威があります。

天においても地においても、
いっさいの権威が
イエス・キリストにはあるのです。

この地上で
イエス・キリストの権威に
従わないものはないのです。

百人隊長は異邦人でしたが、
それを知っていました。
そして、信じていたのです。

イエスは、これを聞いて驚かれて、
ついてきた人たちに、こう言われました。
「まことに、あなたがたに告げます。
 わたしはイスラエルのうちのだれにも、
 このような信仰を見たことがありません。」と。

百人隊長は
イエスから願った通りに言葉をいただき、
しもべはいやされます。

あなたもイエスにことばを求めましょう。
信じて求めましょう。

一言でいいのです。
イエスが一言語られれば、必ずそうなりますと。
信じて求めましょう。

必ずイエスは語ってくださり、
そのことば通りに癒し奇跡を行われます。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2020/09/01 10:30】 | 未分類
トラックバック(0) |