FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
どんな心の傷であろうと、イエス・キリストの十字架の愛を
信じた者は傷が癒され、傷みを知っているが故に、苦しみを
知っているが故に深く祈る者にされ、十字架の愛を通して
御霊によって祈る者とされます。
今、夫は涙もろくなっています。テレビを見てもすぐ涙ぐんで
います。涙が出るという事は感謝です。
本当に苦しい時、悲しい時は涙が出ません。泣ける時、涙が出る時
いやしが始まっているのだと思います。そしてそれが今度は
主の愛を知り、感謝の涙、喜びの涙へと変えられていきます。
主よ。夫の涙があなたへの感謝と喜びの涙となりますように。
スポンサーサイト




【2012/12/02 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック