FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
人と関わるという事はとても大切な事だと思う。
関わるという事は傷つく事や煩わしさも出てくる。
しかし関わったぶんだけ愛が深まるような気がします。
夫婦でも親子でも他人でもそれは同じだと思う。
特にクリスチャンになってからは面識のない人でも
祈りの要請があり祈っていくと、祈る度ごとにその人に
対する愛が深まっていく。それは神様の導きによる祈り
となって神ご自身がその人を愛しておられるからだろう。
夫がよく言っていた。子供達が大きくなって、いろんな
事がある時、「俺は子供達に、あれをするな、これをするな
と言われん。何もしてこんかったから」と・・・・
船に乗っていた事もあり、子育てに関わらなかった故だと思う。
でも、大切な時は父親に聞くようにしていたが・・・・
「お前がいいと思うならそれでいい。」と子供達には答えていた。
長男が船に乗り関わりができてから、親子共に変わっていった。
長女や次女は小さい時もあまり関わりがなくもう少し時間が
必要なようだ。私達夫婦も関わりが少なかったと思う。
だからこの病気も通して今まで出来なかった事をさせて下さって
いるような気がする。
そして、私自身が主に、教会に逃げてた部分、悔い改めを与え
こうして関わらせて下さっている。神の助けを受けて深い祈りや
実際的手助けができている。
夫も長女や次女に出来なかった事を主の方法で関わりをさせて
下さり神の愛の注がれた親子関係として下さるだろう。
スポンサーサイト




【2012/12/04 13:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック