FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。

自閉症ではないか?という不安と恐れの中で

立ち上がれたのは、ある宣教師夫人の講演会で

話された言葉だった。

「お母様方、どんな障害をもって生まれた子でも

それはあなたなら大丈夫。あなたなら育てられると

思われてあなたに与えて下さったのです。

自信をもって育てて下さい」と・・・

その人自身鉄道自殺をして両足膝下切断、左手肩下切断

右手指二本切断した方だった。

しかし、光り輝いていた。私はその時思った。

その神様がおられるなら信じてみようと・・・
スポンサーサイト

【2015/12/10 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック