FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
私達の体は不思議である。
夫は漁師をしている時は殆ど風邪などひいた事が
なかった。ほとんど薄着で長袖の下着をつけた事も
なかった。若かったこともあっただろうが皮膚が
鍛えられていたのだろう。今寒さに弱く家の外に
出たがらなくなりました。少しずつでも鍛えることは
大切だと思う。私達の心も霊もそうなのではないだろうか。
確かに困難や試練は喜ばしいことではない。
でも感謝して祈っていく時に、主に信頼することを学び
主が生きて働かれる事を知る。
そして心も霊も強くなる。今夫は肉体の弱さを知り
心も体も霊も、主から命を注がれて新しく生まれる
ための準備中である。
スポンサーサイト




【2012/12/12 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック