FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
私達の群れでは「雲の間にある虹」という月刊誌を出している。
12月号に証しの要請があり夫の事が載せられたので、以前
お世話になった方に読んで貰おうと思い、住所をある方に聞き
送ろうとしていた矢先、その方から000さんの事を聞きました。
遅ばせながらお見舞いです。と蜜入りのりっぱなりんごが届いた。
吃驚してしまった。その方ご夫妻には非常にお世話になった。
夫が船を降りて就職先がなかなか決まらない中で、あまりにも
常識はずれをやる夫をみて(十代から船にのり一般常識とは
かけはなれた生活が長かった故)ご主人が普通の社会に溶け込める
ように1年間は受け取ります。と言って下さりいろんな問題を
起こしたが忍耐を持って受け取って下さった。ご夫妻とも
クリスチャンだった。
そこがあって次の仕事へと踏み出せた。これまで多くの方々の
助けを受けている。
主よ。夫がお世話になった方々の所に福音のプレゼントをもって
いけますように。
スポンサーサイト




【2012/12/19 14:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック