FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
ある日Mさん親子が見舞いに来てくださった。ちょうど車椅子で私とトイレに行く時でその様子をみて驚かれ「こんなに回復されてるとは思わなかった。頑張りましたね。」との声かけにポロポロ涙を流し始めた。「一人でトイレに行きたい」と言う一心で、つらいリハビリを頑張ったのだろう。暖かい労いの言葉を受け泣いている。更にMさんが「みんな、祈っていますよ。退院したら歩いて教会にきて下さいね。」と言われたら笑いながら頷いている。以前は私に「お前の教会バカは死なないと治らない」と言っていた夫が頷いているのをみた時、「神の時」がきたのだなあと思った。多くの支えの祈りが積まれて…主の時が来た。「人間をとる漁師にしょう」と言われたみ言葉を信じていこう。
スポンサーサイト




【2012/08/31 10:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック