FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20160822030407d0c.jpeg

証し・・・・No5

5日目。
救急病棟から形成外科の一般病棟へ
まだ絶食絶飲中ですが、一般病棟へ移りました。
点滴はしているのですが何しろ水一滴も飲めないので
気分が悪くなってトイレに行くにも冷や汗が出ます。
その事を伝えると、食事は駄目ですが飲み物はいいでしょうと
Drから許可が・・・・

6日目の昼食から五分粥の食事が出ました。
ゆっくりゆっくりと美味しくいただきました。
五分粥、七分粥、全粥と進み 8日目には
点滴もはずれ自由の身になりました。

入院3日目からiPadを使ってオンライン礼拝を
しました。
神様の憐れみに依り、眼窩骨折はしたのですが
目の精密検査もし異常がなく聖書も読む事ができました。
神様は何一つ無駄な事はなさいません。
この事も何か意味あって許された事です。
一つ一つを感謝しようと決めました。

そしてマーリン氏の「賛美の力」を今一度、入院期間中に
読み切ろうと思いました。
私自身にも、家族にも神様が何かを始めておられる事が
解って来たからです。
現に教会を離れていた娘が今回の事を通して
教会の祈りに感謝して、病状を報告するという形で
夜の礼拝に出席し始めたからです。

主はいつも最善をなし全てを益としていかれます。
主の深い愛と憐れみを心から感謝します。
スポンサーサイト




【2016/08/23 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック