FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20160822030407d0c.jpeg


201608121555039d1.jpeg
術後

証し・・・・No10

手術は3時間半位で終わりました。
「お・わ・り・ましたよ。」という声で
目覚めました。娘の顔と看護師さんの顔が
ぼんやりと見え又眠りました。
娘いわく「お母さん、死んだ様になっちょった」と・・

術後も守られ、全身麻酔特有の副作用の吐き気もなく
酷い痛みもなく本当に皆さんの祈りに支えられました。
ただ尿管バルーンだけが気持ち悪くて、
神様早く尿管バルーンが取れますようにと祈りました。
それも一日するととれ、トイレに自由に行けるようになりました。

ただ年齢のせいでしょうか?
体のだるさがなかなかとれませんでした。( 全身麻酔のため?)
でも感謝です。目は守られて聖書を読む事も本を読むことも
支障がありませんでした。
本当に皆さんの祈りに支えられていました。
スポンサーサイト




【2016/08/24 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック