FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20160818062131e9b.jpeg

今回の事で
息子も娘も教会によって自分の家族が助けられた
という事を身をもって知りました。

教会の熱い祈りによって両親が助けられ、
自分達もどんなに助けを受けたか知りました。
だから、せめて祈って下さってる皆さんに
母親の状況を伝えなければと夜の礼拝に
行き続けたのだと思います。

息子も当初は、なんで?どうして?という思いだけで
感謝出来なかったのだと思います。
しかし、神様の語りかけによって、母は教会によって守られ、
助けられたのだという事がはっきりわかり
今、少しずつでも神様に従って行こうと思い始めています。

神様は不思議をなさるお方です。
私達の思いを越えて、人知をはるかに越えて最善をなして下さるお方です。
本当に教会から霊的助け、実際的助けをたくさん受けました。
その教会の熱い祈りによって神様は随所に御手を動かして下さいました。

退院した今、もっともっと主が思いの中に語って下さる事を
大切に忠実に従って祈って行きたいと思います。
教会は一つのからだです。神の家族です。
夫も子供達も今回の事を通して、御体なる教会に
しっかり繋がっていって欲しいと思います。

教会に助けられた事を忘れず
教会の一部分として祈る家族になって行けるように祈ります。
今まで告白してきた通り
「私と私の家族は、主を愛し主に仕える家族になります。」

主の十字架の深い愛と憐れみに心から感謝します。
教会の熱い熱い祈りに感謝します。
心から主の御名をほめたたえます。
スポンサーサイト




【2016/08/25 06:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック