FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
夫の足元を見てびっくりした。
JRの仕事をしているころ、安全靴を履く時に
使っていた登山用の毛糸の靴下を履いていたから…
寒いの?と聞くと、「あゝ、これが暖かいから…」と
神様は本当に心も体も弱く弱くされているようだ。
男は弱さを見せるもんじゃない!と言っていた夫に
神様は弱さをみせ自分も弱い者である事を教えておられる。
人は自分の弱さを知り、どうにもできなくなって始めて
自分の傲慢さを知り、神様から離れて生きていた事を知り
神の愛に触れ、悔い改めがおき主を「我が主」としていく。
心も弱くされている夫はテレビをみながら涙を流している
本当に悲しい時苦しい時は、涙も出てこない。
泣くことで心の癒しも始まっている。
結婚当初、出航前に大きなお腹を抱え不安で涙ぐんだ私を見て
「漁師の妻が、泣くな!」と一喝された。
イエス・キリストを信じてからだんだん悲しい時より主の愛に
触れ、涙が流れる時の方が多くなってきたように思う。
イエス・キリストの深い深い十字架の愛に気づいた時
夫はどうするだろうか? 時が近づいている。
スポンサーサイト




【2013/01/31 09:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック