FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
人は、病気になったり、心が傷ついたりすると、
「いのち」「死」「生きる」これらの言葉に敏感に
なってくるような気がする。
夫は、これらの言葉に敏感に反応する。
テレビでこれらに関連する番組があると顔をくしゃくしゃに
して涙を流す事が多い。
私にも覚えがある。クリスチャンになってから、いろんな事があり、
誰にも会いたくない。と思った時があり、その頃は空を見ても花を見ても
飛んでる蝶を見ても涙が出た。
台風で倒れた木々を見て、あの森と私とどっちが早く立ち直れるだろう?
とおもっては涙が流れた。
そして数ヶ月して 主は「私が主である」と語られた。
私は主がおられるのに、教会に来れなくなってしまった人達の事を
何とかしようとしてしていた自分に気づかされ、悔い改めに導かれ
涙が止まらなかった。そして暫くして主の十字架クリスチャンセンターに
導かれ、主に聞き従う、主に委ねる事を知った。
そして今がある。
だから夫が涙を流す時、主が触れて癒して下さっている事がわかる。
夫は、今迄は泣く事も出来ない突っ張って生きて来たから…
病気を通して弱くされ、いのちを、死を、生きると言う事に直面し
いろんな事を思い出し涙が流れるのだと思う。
主の時が近づいている事を思います。
慌てずに心も体も癒して下さる主を待ち望んでいます。
スポンサーサイト




【2013/02/09 14:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック