FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
先日の礼拝に、オンライン礼拝をしておられる方々が
来られ共に礼拝し、祝福の時となった。
又いつも夫の事を祈っていて下さっていて、挨拶したいと
言われ、夫の座っているソファーの所に行き「お父さん、Sさん
です。この間お菓子を送って下さった方」と言うと頷いていたが
Sさんが「Sです。いつも奥さんには、お世話になっています。」と
言われると、みるみる目に涙がたまり泣きそうになっていた。
びっくりしてしまった。Sさんは一言も「祈っています。」と言われた
わけではない。今迄、祈ってますよ。と言われて涙ぐむ事はあっても
何も言われないのに涙ぐむと言う事はなかった。
このSさんは脳梗塞を起こす前から救いのために祈って下さっていたので
神様は全てをご存知。初めて出会う時、祈られている事がなんらかのかたちで
主が臨みわかるのだなあと思わされた時だった。
スポンサーサイト




【2013/02/12 12:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック