FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
私達夫婦は、お互いに気性が激しい。
夫はそれを表に出し、私は内に秘めているだけで…
だから敏感な次女はよく言っていた。
お父さんは怖いけど、本気になったらお母さんの方が怖いと…

いろんな事があったけどお互いに本気の性格なので「離婚」と
言う言葉は口に出さないようにお互いに無意識にしているよぅな
気がする。夫は1~2回出した事はあったが、私は心ではそうしたい
と思いながら、夫には「いや、離婚はしません。神様のみ心でないから」
と言い…神様に泣きながら「もうだめです。やっていけません。」と訴えた。
その度に、神は夫の素晴らしい所をみせ、思い起こさせられた。それは
私にはない部分、私には出来ない部分ばかりだった。

そして知った。夫婦は一体なのだと…
一体だから夫の罪も、妻の罪も自分の罪として悔い改め、
互いに取り成し合うことが必要なのだと主に教えられた。
私達はノンクリスチャンの時に結婚したけれど、神の深い愛と
憐れみによってここまで守って下さっている。

その後、神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは
良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」創2:18
「それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体と
なるのである。」創2:24
主よ。気性の激しさを益に変えて下さって、ふさわしい助け手と
して下さい。
スポンサーサイト




【2013/02/14 10:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック