FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
昨日、ベンジャミン師を迎えての聖会があった。
夫を誘ったのだが、いや、今日は散歩に行ったから
もういい…と断わられてしまった。
夫にとって教会に行く事はリハビリのひとつ???
と?マークがいっぱいついたが感謝した。

そんな私に、憐れみ深い主は サプライズを下さった。
聖会をやっている隣の部屋で祈っていると、
ドアが開き「おかあさん。」と次女が半年ぶり?に
聖会に来た。と顔を覗かせた。びっくりした。
娘の事を祈っていながら驚くという事は 本気で今日来る
と信じて祈っていないという事を教えられた。
主に悔い改めて感謝した。

今一度「信じて祈る」という原点にかえされた気がした。
夫の事も、子供達の事も与えられたみ言葉を信じて祈ろう。
祈り切ろう。平安がくるまで…
幼子のようになって祈ろう。
憐れみ深い主に依り頼んで……
スポンサーサイト




【2013/03/06 09:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック