FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
医師の言われた言葉が夫も気になっているのだろう。
先日の礼拝には第一礼拝の半ば過ぎには来ていた。
私の方が驚いた。そのままメイン礼拝へ…
礼拝後に「足の事祈ってもらおう」と言うと素直に
頷き順番を待って祈ってもらった。
癒しの祈りと、煙草がもう吸いたくなくなるように
要らなくなるようにと祈って下さった。

教会の祈りは勿論だが、以前から私自身が夫の足に
手を置いて祈るという促がしを感じながら仲々踏み出
せないでいた。他の人はすぐに祈れるのに…
今朝、主から知恵をもらい早天祈祷から帰ってすぐ
「足の調子はどう?」と靴下をぬがせ足をさすりながら
そのまま祈った。(祈っていい?と聞き、いやいい!と
言われたらそれまでなので…今迄何度か失敗している)

祈り終わって「毎日、祈っていったら違うから」と言うと
「ああ」と…
散歩にいったら足も温かくなるからと自分から散歩に出た。
主よ、生きて働いておられる主よ。
癒して下さい。注いで下さっている主の愛を受け取れますように。
「病人に手を置けば病人はいやされます。」マルコ16:18

スポンサーサイト




【2013/04/09 09:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック