FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
ある日友達と約束したからと一人で電車に乗り出かけた。
大丈夫かな?と少し不安だったが祈って主に委ねる事にし私は教会へ
お昼自宅へ帰って見ると戻ってきていた。
聞くと帰りはバスで帰ってみようとバスに乗ったら乗りちがえて
見知らぬ所で終点です。と言われてびっくりして運転手に聞いて
乗りなおして帰ってきたと・・・主よ。守って下さって感謝します。
ふと机の上を見ると煙草が・・思わず「脳梗塞には煙草が一番悪い
って言われたでしょう!」と取り上げた。後で夫は怒りながら「嫌が
らせ見たいな事をするな!」と言った。数日すると散歩の帰りに又
買ってきて吸っていた。それを見て悲しくて悲しくて「お父さん、又
あんな辛い思いをしたいの?私は嫌だ!」と言いながら涙がとまらなく
なった。雨がひどく降っていたけれど傘を差し外に出た祈るために・・
一つ一つを泣きながら感謝していると、イエス様の愛の深さを想わされた。
私達は主の善くして下さった事をすぐ忘れてしまう者でも主は私達がどう
であろうと愛しぬかれた聖書には「その愛を残るところなく示された」とある
その愛の深さを想うとき次から次へと涙があふれた。
すると不思議な平安がきた。主は最善を成しておられる。
煙草を吸い始めた夫を今も変わらぬ愛で愛しておられる。
感謝しょう。主を信じて感謝しよう!
スポンサーサイト




【2012/09/07 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック