FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
手を置いて祈り始めて12回目
血圧も落ち着きはじめ正常値に近くなってきた。
礼拝のミニストリーで脳梗塞の後遺症の癒しの
宣言もされている。足先もチアノーゼがなくなり
ピンク色になってきた。
神様の癒しが起こっている。

又教会の恵みを思う。聖書にあるように教会は
キリストの満ちておられるところで、
ここに居るだけで主にふれられていきます。
以前、夫は家に居る時より教会にいる時の方が
いい顔をしていると書きました。
私も自然にすっーと横に座れたと…

先日も面白い事がおきました。
第一礼拝が終わった直後に夫がメイン礼拝に
出るために来ました。「あっ、お父さん。おはよう。」と
声かけしている私がいました。
朝早くお互いに起き顔を合わせているのです。
家では「お父さん。おはようございます」とすっーと
出てきません。教会の力って凄いです。
人を素直にする力もあるようです。
夫も私もきっと家では見れない顔をお互いにしているのだと
思います。
主よ。素直になって家でも、どこでも心からの
喜びがあふれますように。
「神は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、
いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを
教会にお与えになりました。
教会はキリストのからだであり、いっさいのものを
いっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」
エペソ1:22 ~ 23
スポンサーサイト

【2013/05/07 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック