FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
手を置いて祈る前に「お父さん、倒れてから
1年になるんだよ。去年の今頃は救急センター
に入院していたんだよ。本当によくなって
よかったね。」と言うと「ああ」の一言でしたが
夫なりにいろんな思いがあるのではないだろうか。
本当に主に感謝です。今朝は血圧も正常値より
下がっています。180以上あったのが…足先も血色が
出てきています。

今朝の早天祈祷のデボーションで使徒3:26が
響いてきて夫のための「神からの言」として
受け取った。見ると2012・12・24と夫の名と
ともに書いていた。
神様は真実なお方、再び語って下さっている。
神様は与えた言を成就していかれる。
私の方が忘れている。神の言を信じ告白していこう。

「神は、まずそのしもべを立てて、あなたがたに
お遣わしになりました。それは、この方が
あなたがたを祝福して、ひとりひとりをその
邪悪な生活から立ち返らせてくださるためなのです。」
使徒 3 : 26
スポンサーサイト

【2013/05/10 09:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック