FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今朝も手を置いて祈る。
今日は病院へ行く日。経済的な事で
夫はバスで私はバイクで行く事にした。
全てを感謝しながら祈っていくと神様の
御計画がわかっつてくる。
きっとこの経済的な問題がなかったら
いつまでも二人で行っていたと思う。
神様は夫が一人で行けるようにしょうと
しておられることに気づかされた。
求めても与えられなかったことをも感謝する
なかで気づかされた(病院代、薬代はあった)

バスは乗り換えて行かなければならない。
夫も少し不安なんだろうか
「どこ行きに乗るんだったかね」という。
説明してメモして渡し私がバイクで先に行き
見届けるからというと安心したようだ。
一度、降車ボタンを押したにも関わらず運転手が
気づかず次の停留所まで行ったことがある。
サッと動けないし「降ります」とすぐ言葉が出ない
そうだ。しかし主の守りは完全。主に感謝。

全てを益に変えて下さる主は素晴らしい。
こういう事がなければ夫が一人で行くというのは
まだまだ先の事にしていたと思う。
神様は一つ一つ整え訓練してくださる。
スポンサーサイト

【2013/05/17 18:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック