FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
一人でバスに乗った事がいい自信になったのだろう
何かが夫のなかで変わったような気がする。
今朝も早天祈祷から帰って見ると散歩に出て
いなかった。
散歩から帰り暫く休んでから自分で血圧も計っていた。

真の生きる目的がわかったらもっと変わるだろう。
イエス・キリストの十字架の愛を知ったら更に
夫らしくもっと生きれるだろう。
良いものをたくさんもっているのだから…

罪は神をも見えなくし本来の自分の姿さえ見えなくしてしまう。
だから人はイエス・キリストの十字架の愛にふれた時
罪がわかり、悔い改めがおきる。誰に言われなくても…
そして何もかも新しくなってしまう。
夫にもその時が近づいてきている。感謝して待ち望もう。
スポンサーサイト




【2013/05/21 12:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック