FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今年は夫にとって初めての礼拝、初めてのキャンプと、新しい事づくめ。
出発の日、煙草をどうするのかな?(持っていくのかな?いかないのかな?)
と思っていたら持たずに迎にきて下さった車に乗り込んだ。
教会の方々と一緒に車に乗るのも初めて・・・
教会も夫の事を考えて下さり親子三人、同じお部屋にして下さった。
親子三人泊まるのも初めてである。夫にとって何もかも初めてで、団体行動が
得意でない人がよくきたなあと思う。
私は祈りの奉仕もあり、いろんなプログラムの時は長男に託した。
疲れたら部屋で休んでいてもいいよ。と伝えていたのだがほとんどのプログラム
に参加し後の方に座って見ていた。朝は自由に散歩したり、朝のつどいでラジオ体操
したり夫なりに楽しんでいた。一番感動したのが「ゴスペルタイム」の時だったよ
うで「あんな小さい子がマイクを握って歌うのにはびっくりした。」と感動してい
た。(親子で子どもたちをメインに賛美された)
k牧師がミニストりーの時を持ってくだり、長い時間夫の話を聞いて下さった。
夫が「神がいる事はわかっています。いつかは信じないと思っています。」と言うと
「じゃ、今信じましょうか」と言われると「ちょつとお尻が痛くなったので、帰る」
とするっと抜けてしまった。主を信じてあわてず、あせらず、神の時を待とう。
主はもう十字架の愛で、包んでいて下さるのだから・・・・
スポンサーサイト




【2012/09/08 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック