FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
昨年の今頃は夫はまだ車椅子でした。
発病して1年と少し…あっという間の
1年でした。
ここまで回復するとは思いませんでした。
主の助けと多くの方々の祈りの支えがありました。
本人の自分の足で歩き、自分の事は自分でやれる
ようにという強い願いもあり頑張りもあったのだと
思います。からだは回復に向かっています。

こんどは、心の癒しだと思っています。
毎週礼拝するなかで、神様にふれられ神の言が
霊に入っていくようにと祈っています。
今迄生きてきた中でいろんな所を通って来たのだと
思います。妻の私にもわからない所を、理解できない
ところを、人との関係のなかで傷つき、傷付けそれが
神を神としないがゆえに、自分中心の歩みのゆえである事を
気づかないままに、以前の私もそうであったように…

イエス・キリストの十字架でしか癒やす事のできない
人間の罪ゆえの傷、私の罪を赦し癒して下さった
イエス・キリストに憐れんで下さいとすがり祈るのみです。
しかし、その夫を主はすでに捉えて下さっています。
神の計画をもって、全てを益に変え用いようとして
下さっています。
夫自身に「わたしについて来なさい。あなたがたを
人間をとる漁師にしてあげよう。」と語って下さる日が
近づいてきています。
感謝をもって主を待ち望んでいきます。
スポンサーサイト

【2013/05/31 15:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック