FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今朝も早天祈祷から帰ってみると
散歩をすましていた。
今の季節は暑くもなく寒くもなく
一番散歩にはいいかもしれない。

夫にとって散歩している自分なんて
以前は想像もつかなかったのでは
ないだろうか。散歩とは程遠い生活を
していた。好きな事をやり、やりたい様に
やってきた。しかしその為に仕事は精一杯
やっていた。焼酎を飲んでそれで死んでも
本望だと言っていた。

しかしこの世に生かされている以上一人一人に
神様のご計画がある。そのご計画に従って歩む
事が最善の道であり祝福の道である。
焼酎を飲んで死んでも本望だと言っていた夫が
脳梗塞で倒れ半身麻痺になり、回復し歩ける様に
なって笑いながら言った。
「お酒と煙草と相撲をとって敗けた。もうこんな
試合はしちゃいかん!」と…
お酒は完全に辞め飲まなくなった。
煙草ももうすぐ要らなくなるだろう。

憐れみ深い神様は、神の方法をもって人の思いを変え
神の計画へと近づけて下さる。
夫が神の言を受け神の計画の中を歩む日が、
一日近づいた。
主よ。私自身もふさわしい助け手になれますよぅに。
スポンサーサイト




【2013/06/07 09:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック