FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今日は長崎は曇り。
早天祈祷から帰ってみると、久々に
散歩に行き、夫も帰って来たばかりの
所だった。
そして話してくれた。散歩に行こうと
階段を降りると途中に中学生の男の子が
鞄を下に置き、手すりをつかんでまま
俯いていた。あの子は学校が嫌な不登校じゃ
なかろうか?と…

事実はわからないが、長男の事を思い出して
しまった。彼は中三の二学期に不登校になった。
それも朝、登校時間に家を出て下校時間に家に
帰って来てたので、学校から連絡があるまで気づ
かなかった。愚かな母である。
後で考えて見るとSOSのサインをたくさん出して
いたように思う。
不登校を知って息子が学校へいく迄後をついて行った
事がある。学校が近づくにつれて彼の顔がどんどん
険しくなってくる。それを見た時この子は苦しいだ。
この子なりに戦っている事を知った。

それから「学校に行った。」と聞く事をやめ彼のために
時間を聖別し毎日1時間祈る事にした。
「天のお父様。今、あの子が学校にいるのか、別の所に
いるのか、私はわかりません。しかしあなたは御存知です。
あの子を守って下さい。あなたの御支配の中に生かされて
いますから、神様の青空の神学校で何かを学んでいる事を
覚え感謝します。全てを益にして下さる主よ。感謝します。」
と…この後は又明日書きます。
スポンサーサイト




【2013/06/25 12:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック