FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20181019164940c74.jpeg


それから、博多駅から折尾までJRで
産業医科大学病院の方へ向かいました。
12時ちょっと過ぎ病院へ到着。

しかし面会時間が1時からのため
姉が作って来てくれたお弁当を
病院のラウンジで食べて姉の為に祈って
病室に・・・

大変な病気なので覚悟して行ったのですが
とても痩せてはいましたけど、意外と元気で
目にも活力があり食事も完食したとの事で
嬉しいでした。

私が入って来た時、一瞬、○オ○が来ると
わかっているのに「母ちゃんが来た」と
思ったそうです。

それくらい私が亡くなった母に、似ているそうです。
しかし三人並べばそっくりで・・と言うことは
三人とも母に似ていると言うことです。

昔話に花が咲き、姉が笑い声を立てています。
まるで病気ではないようでした。
もともとおっとりした姉でしたが・・・


花の写真に、み言葉の書いてある
小冊子を2冊渡すと、これいいねと読んでいます。
本の好きな姉でしたから、これから読むたびに
主が働いて下さいますように。


イエス様の事を語り祈りました。
救いまでには至りませんでしたが
又、引き続き祈っていきます。




スポンサーサイト

【2018/10/19 17:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック