FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190330073756a7a.jpeg


「立ち上がって、行きなさい。
 あなたの信仰が、あなたを直したのです。」
           ルカの福音書17章19節

イエスがある村にはいると、
十人のらい病人が、遠く離れた所に立って、声を張り上げて
「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください」と叫びました。

イエスは彼らに
「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい」と言われ、
彼らがそのとおりにすると、行く途中で全員いやされたのです。
そのうちのひとりは、
自分のいやされたことがわかると、
大声で神をほめたたえながら引き返して来て、
イエスの足もとにひれ伏して感謝を捧げました。

彼はサマリヤ人でした。
そこでイエスは言われました。
「十人いやされたのではないか。
 九人はどこにいるのか。
 神をあがめるために戻って来た者は、
 この外国人のほかには、だれもいないのか」

それからその人に言われました。
「立ち上がって、行きなさい。
 あなたの信仰が、あなたを直したのです。」

主イエスのもとに戻ってきたこの人は、
この後も将来に至るまで大丈夫だよと、
主イエスから言われました。
ここから立ち上がって行きなさいと。

イエス・キリストの愛とあわれみは深いものです。
感謝を捧げに来なかった9人も完全にいやされたのです。
感謝しに来なかったから、
また病気になったと言うことはありません。

イエス・キリストのところに行き、
心から願い求め叫ぶ時、
主イエスは答えてくださいます。

主の愛の中で答えられいやされた時、
感謝を捧げにイエスのもとに行き、
この後の将来に至るまで、
主の約束をいただく者となりたいですね。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/03/30 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック