FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。

201904130702109a6.jpeg


いつもの場所に着いたとき、イエスは彼らに、
「誘惑に陥らないように祈っていなさい。」と言われた。
ルカの福音書22章40節

イエス・キリストは十字架を前にして、
いつものようにオリーブ山に行かれます。
弟子たちも従ってきました。

そして、いつもの場所に着いたとき、
イエスは弟子たちに
「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われました。

それからご自分は、
弟子たちから石を投げて届くほどの所に離れて、
ひざまずいて、祈られました。
「父よ。みこころならば、
 この杯をわたしから取りのけてください。
 しかし、わたしの願いではなく、
 みこころのとおりにしてください」と。
すると、御使いが天からイエスに現われて、
イエスを力づけました。
イエスは、苦しみもだえて、いよいよ切に祈られ、
汗が血のしずくのように地に落ちました。

この祈りが、あの十字架の痛み、
言葉にならない極限の苦しみを超えさせたのです。
神であられた神の独り子であられた方が、
神に捨てられるという、
私たちの理解を超える激しい苦しみと
地獄に落ちていく恐ろしさを
耐え忍び超えていく力を与えたのです。


イエス・キリストが神だから超えられたのではありません。
キリストは人の子として、
あなたと私の罪の身代わりに
あの十字架に架けられ、殺され地獄に落とされたのです。

このいつもの場所であるゲッセマネでのイエスの祈りがあったから、
イエス・キリストは、あの十字架を忍ばれたのです。
そのゲッセマネは、いつも祈っているいつもの場所でした。
イエスは、いつも祈る場所をお持ちでした。
いつも祈っている場所があったのです。

あなたにも、いつも祈る場所がありますか。
もしなければ、いつも祈る場所を見つけてください。
神様に祈り求めましょう。
いつも祈る場所があり、いつも祈っていると、
大切なことの前に祈り備えることができるのです。

そして今、再臨という
とても大切なことの前に時代は近づいています。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/04/13 07:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック