FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190509092745e28.jpeg


こうして神のことばは、ますます広まって行き、
エルサレムで、弟子の数が非常にふえて行った。
そして、多くの祭司たちが次々に信仰にはいった。
使徒の働き6章7節

初代教会は、弟子たちが日々増し加わり増えていきました。
するとギリシヤ語を使うユダヤ人たちと
ヘブル語を使うユダヤ人たちの間で問題が起きました。

ギリシャ語を使うユダヤ人たちのやもめたちが、
毎日の配給でなおざりにされていたのです。
十二使徒は弟子たち全員を呼び集めて
「私たちが神のことばをあと回しにして、
 食卓のことに仕えるのはよくありません。

 そこで、兄弟たち。
 あなたがたの中から、御霊と知恵とに満ちた、
 評判の良い人たち七人を選びなさい。
 私たちはその人たちを
 この仕事に当たらせることにします。
 そして、私たちは、
 もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします」
と言って、信仰と聖霊とに満ちた人ステパノ、
およびピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、
パルメナ、アンテオケの改宗者ニコラオを選び、
使徒たちの前に立たせて、
手を彼らの上に置き祈って任命しました。

その後からです。
神のことばは、ますます広まって行き、エルサレムで、
弟子の数が非常にふえて行きました。
そして、
多くの祭司たちが次々に信仰にはいったのです。

教会が成長したとき、問題が起こりましたが、
それを通して、
弟子たちの役割、使命がはっきりとし、
使徒たちは、自分たちの使命である
祈りとみことばに専念することができ、
みことばはますますエルサレム中に広まっていきました。

そして弟子の数が非常に増え、
何とユダヤ教の祭司たちまでもが
多くキリストを信じ信仰に入ったのです。

私たちも、教会が成長し、人々が増えてくるとき、
問題が起こることは避けられません。
しかし、その問題を通して、
神様は、より教会を強くし、
一人ひとりを立つべき場所に立たせて
使命に生きることができるようにしてくださるのです。


そして、教会はますます弟子が増えていき、
他宗教の指導者たちも悔い改め、
偶像をかなぐり捨てて、
キリストを信じる生きた信仰を持つようになるのです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/05/09 09:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック