FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190607075948e86.jpeg


さあ、なぜためらっているのですか。
立ちなさい。その御名を呼んでバプテスマを受け、
自分の罪を洗い流しなさい。
使徒の働き22章16節


洗礼、バプテスマというのは、
イエス・キリストを信じた人が、
キリストの花嫁になる、キリストとの結婚式です。

それは今までの古い自分に死ぬこと、
つまり古い罪人である自分の葬儀、告別式でもあります。
今まで神様を知らず、
神を信じないで罪の中を生きた古い生き方と決別し、
イエス・キリストの花嫁となり、
生涯イエス・キリスト共に、
主イエスの光と愛の中を生きるのです。

もちろん、私たちは自分の力で、それはできません。
だから、洗礼を受け、キリストの花嫁となり、
イエス・キリストの恵みの中で聖霊の助けをいただいて、
神の愛の中を、神の光の中を歩んでいくようになるのです。

太陽に背を向けて歩くと自分の影を踏んで歩きます。
でも太陽に向かって歩けば影は自分の後ろにでき、
陽の光の中を歩けるのです。

イエス・キリストを信じて
バプテスマである洗礼を受ける時、
私たちは、自分の罪の中ではなく、
主イエスの光と愛の中を歩めるようになるのです。


「聖書つて、こんなにおもしろい。」より
スポンサーサイト




【2019/06/07 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック