FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190610143143ea1.jpeg



勇気を出しなさい。あなたは、
 エルサレムでわたしのことをあかししたように、
 ローマでもあかしをしなければならない。」
             使徒の働き23章11節

パウロというと、いつも大胆で、恐れることなく、
福音を語りイエス・キリストを
命がけで宣べ伝えていたようなイメージがあります。
しかし、実際はそうではなかったようです。

この時も、パウロは、エルサレムで
イエス・キリストのことを証ししたように、
ローマでも証しすることを
主イエスに語られ命じられていますが、
パウロにも恐れがあったようです。

だから、主イエスはパウロに
「勇気を出しなさい。」と
まず語られたのでしょう。

私たちも、
主イエスを愛しているのに、
福音を語りたいと願っているのに、
恐れにとらわれてしまったり、
尻込みしてしまいそうになることがあります。

そんな時、自分を責めたり
自分はダメだと落ち込まないでください。
パウロでさえ、
そういうところを通ったのです。
主イエスは、あなたを責められるのではなく、
あなたを励まし強めてくださいます。

「勇気を出しなさい」と。
そして、
あなたに聖霊を注ぎ、
福音を語り、イエス・キリストを
宣べ伝える勇気を与えてくださいます。

パウロのように
あなたも主の言葉に励まされ、
勇気を出して、
あなたのエルサレムに、
そしてあなたのローマへと
イエス・キリストを
証しするために進んでいきましょう。
必ず主が共にいて勝利を与え、
救いの実と栄光を表してくださいます。


「聖書つて、こんなにおもしろい。」より
スポンサーサイト




【2019/06/10 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック