FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
2019071109393510a.jpeg


御国が来ますように。
ルカの福音書11章2節後半

イエスさまが弟子たちに教えられた「主の祈り」は、
まず「父よ。御名があがめられますように」と祈った後、
さらに続けて、こう祈りなさいと主は言われました。
「御国が来ますように」
これは天で御心が行われるように、
このサタンが支配している地上でも、
父なる神の御心が行われるように祈りなさいと言われたのです。

つまり、神が完全に治められて、
神の完全な支配が現されるようにということです。
支配というと日本人は悪いイメージを持ちますが、
そういう意味ではありません。
愛である憐れみに富んでおられる神さまの
最善にして最高の御心が、
この地上に現されてくるようにということです。

聖書のまことの神様は、
私たち一人一人を命をかけて愛して下さっています。
この上もない最高の愛で、愛して下さっています。
ですから、この方の御心がなる時、
必ず一人一人に
最善にして最高の御業と導きが与えられるのです。

ですから、そのことを祈った上で求める時、
求めた通りのものが与えられる時もあれば、
求めたこととは違う導きが現される時もあります。
しかし、それこそが実はその人にとって最善なのです。

私たちは自分にとって
何が一番良いかをよくわかっていません。
でも神様は知っておられます。
そして
その一番良い最高のものを与えてくださり導いてくださるのです。

だから「御国が来るように」と祈り、
それから求めるのです。
とはいえ、思わずも主に向かって、
心から求めたり、助けてと叫ぶとき、
主は順番が違うなどとは言わず、
その心の叫びと求めを聞いてくださいます。

安心して求め叫んでください。
ただ毎日の祈りの生活の中で、
この「主の祈り」を、
その意味の深さを知って心を込めて祈る時、
より大きな神の愛と恵みに預かることができるのです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト

【2019/07/16 18:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック