FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
昨夜、訪問者があり私はうたた寝をして
気付かず、何かぼそぼそ話している夫の声で
目覚め、玄関に出てみると、某会社の方でした。
その方が言われるには、
今、ご主人にお聞きしたのですが、脳梗塞に
なられたとか、実は自分の母も脳梗塞になり
半身麻痺で車椅子です。一週間に一度は
会いに行くのですが、いゃ〜ご主人をみて
びっくりしました。全然わからずただ話される
時、言葉が出づらさそうだったので・・・
でも普通に歩いておられるのでびっくりしましたと、
用件はそっちのけで話されてました。

用件をすまされ、我が家の玄関の正面の額縁に
入っている
「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」
というみ言葉を見て、私は仏教なんですがこちらは
クリスチャンですか?」と聞かれ、カトリックと
プロテスタントの違いを聞かれ、夫が脳梗塞で倒れた
時も教会の多くの方々に祈ってもらいこのように回復
した事、車椅子だったけど階段も自分の足で上がって
退院出来た事を話す事ができました。

倒れてから一年と五ヶ月、本当に奇蹟です。
この方のお母さんのためにも祈り、この方もお母さんも
救われるように祈っていきたいと思います。
主の十字架の恵みに、多くの祈りに感謝します。
スポンサーサイト




【2013/10/10 10:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック