FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
絶対、帰ってこない!と言っていた夫から3ヶ月目に連絡があり、
6ヶ月目には主が語られた通りに家族の元に帰ってきました。
そして、更に主の不思議をして下さいました。
10年ぶりに私達家族に新しい生命を与えて下さったのです。
次女が生まれ夫は三人の父親になりました。
そしてそんな中で長男の不登校が始まり(中三)いろんな問題が
起きてきました。しかしその事を通して私自身は神に委ねるという
事を学びました。祈る中で神様は中学を卒業後、長男は父親と共に
船に乗るように導かれました。神様は子供とあまり接触のなかった
夫に長男と共に船に乗ることを通して親子関係を回復しょうとして
おられました。一航海終えて長男から「00です。ただいま帰りま
した。」と電話があった時、長男のなかでなにかが起きたことが、
はっきりわかりました。そして今まで見た事もないいい顔をして
帰ってきました。夫の方はこれもまた見た事のない疲れた顔で帰って
きました。女が仕事に口出しするな!といっていた夫が船での事を
話し始めました。「なさけない!俺が今まで仕事を教えてきた中で
一番駄目な奴だ。なさけなくて俺はベッドのなかで泣いたぞ!」と
神様が男としてのプライドや俺は出来るという仕事に対するプライド
を砕いておられるようでした。長男は、「今までお父さんが家で
ごろごろしてテレビ見たり、遊びに行ったりするお父さんしか知らな
かったけど、僕らのためにこんなに一生懸命働いているんだとわかっ
た」と・・・神様は神の方法をもって親子関係を修復し回復してくだ
さっていました。
スポンサーサイト




【2012/09/17 13:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック