FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。

2019082918254113f.jpeg


ただ、おことばをいただかせてください。
ルカの福音書7章7節


ある百人隊長に重んじられているひとりのしもべが、
病気で死にかけていました。
百人隊長は、イエスのことを聞いて、
みもとにユダヤ人の長老たちを送って、
しもべを助けに来てくださるようお願いしました。

イエスのもとに来たその人たちは、
熱心にお願いしてこう言いました。
「この人は、
 あなたにそうしていただく資格のある人です。
 この人は、私たちの国民を愛し、
 私たちのために会堂を建ててくれた人です」と。
それを聞いてイエスは、
彼らといっしょに行かれました。

そして、百人隊長の家から
あまり遠くない所に来られたとき、
百人隊長は友人たちを使いに出して、
イエスにこう伝えたのです。
「主よ。わざわざおいでくださいませんように。
 あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、
 私にはありません。ですから、
 私のほうから伺うことさえ失礼と存じました。
 ただ、おことばをいただかせてください。
 そうすれば、私のしもべは必ずいやされます。

 と申しますのは、私も権威の下にある者ですが、
 私の下にも兵士たちがいまして、
 そのひとりに『行け。』と言えば行きますし、
 別の者に『来い。』と言えば来ます。
 また、しもべに『これをせよ。』と言えば、
 そのとおりにいたします」と。

これを聞いて、イエスは驚かれ、
ついて来ていた群衆のほうに向いて言われました。
「あなたがたに言いますが、
 このようなりっぱな信仰は、
 イスラエルの中にも見たことがありません。」
使いに来た人たちが家に帰ってみると、
しもべはよくなっていました。

この百人隊長は知っていたのです。
権威とはどういうものなのかを。
そしてイエス・キリストには権威があるということを。
だから、ただイエス・キリストのことばを頂ければ、
必ずいやされると信じていました。
そしてその通りにいやされたのです。

イエス・キリストには権威があります。
だからあなたもこの方からことばをいただいてください。
その時、その言葉はどんな重病も、
困難や問題も、癒し解決し
圧倒的な勝利へと導いてくれるでしよう。


「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/08/29 18:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック