FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190903162338709.jpeg


約束された方は真実な方ですから、
     私たちは動揺しないで、
しっかりと希望を告白しようではありませんか。
         ヘブル人への手紙10章23節


私たちの信じているまことの神さまは、
約束されたことを必ず守られます。
私たちがどんなに不真実であっても
主イエス・キリストは真実な方です。

ですから、
神さまが語られたなら、
必ずその通りになります。
主イエスが約束してくださったことは、
時が来れば、その約束は成就するのです。

私たちは罪人なので、
待たされたり、
見える状況が約束と逆のようになると、
不安や恐れを感じて
動揺してしまいやすいものです。
サタンも否定的な思いを
私たちの心と思いに入れてきます。
でも、だまされてはいけません。

忍耐を持って主を待ち望み、
しっかりと
主イエスの約束してくださったことばを
告白しましょう。
主が与えられた希望は
決して虚しく終わることはないのです。

私たちが
約束された方である主イエスを見上げて、
与えられたことばを信じて
希望を告白し続けていくなら、
必ず、主は約束を成就してくださるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/09/03 16:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック