FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。

20190926091705d76.jpeg


イエスは彼に言われた。
「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています。」
その人はイエスが言われたことばを信じて、帰途についた。
            ヨハネの福音書4章50節

息子が死にかけていたカペナウムの王室の役人は、
イエスのところに来て言いました。
「主よ。どうか私の子どもが死なないうちに
 下って来てください」
イエスはすぐに飛んでいく代わりに、
こう彼に言われました。
「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています」

彼はイエスに来て欲しかったかもしれません。
来てさえくれれば直ると信じていました。
でも、今イエスは、
もう息子は治っているから帰りなさいと言われます。
彼はイエスの眼差しを見、この方を信じました。
この方がそう言われるなら、
きっと治っているのだろう。
彼はイエスの言われたことばを信じて、
帰途につきました。

彼が家へ帰って行く途中、
彼の家のしもべたちがやってきて
彼に息子が直ったことを伝えました。
この王室の役人は本当に嬉しかったと思います。
イエスの言われた通りだった。
本当にイエスは息子を直してくださった。

彼はしもべたちに、
子どもがよくなった時刻を尋ねました。
「きのう、七時に熱がひきました」
それは、まさにイエスが
「あなたの息子は直っている」と言われた時刻でした。
それで彼自身と彼の家の者がみな信じました。

息子がしにかかるという
父親にとって家族にとっても
この家のもの皆に取っても
最悪のこと、最も悲しいことが、
イエス・キリストのところに行った時、
最高の祝福、喜びに変わったのです。

あなたもあなたにとって
最も悲しく辛いことが起こり最悪と思える時、
イエス・キリストのところに行きましょう。
必ず主イエスは、
そのことを最高の祝福、喜びに変えてくださいます。


「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/09/26 13:19】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック