FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20191001150700e16.jpeg

見なさい。
耐え忍んだ人たちは幸いであると、
私たちは考えます。
あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。
また、主が彼になさったことの結末を見たのです。
主は慈愛に富み、
あわれみに満ちておられる方だということです。
           ヤコプの手紙5章11節


忍耐という言葉は現在では死語になっています。
「忍」と書くと「忍者」という風に
今の人たちは答えます。
「忍耐」という人は、ほとんどいません。

でも「忍耐」は
信仰においても、愛においても
最も重要なことの一つです。

旧約聖書にヨブという人が出てきます。
この人は潔白で正しく、神を恐れ、
悪から遠ざかっている人でした。
しかし、神の許しのもと、
サタンの試みが始まります。
持ち物、子どもたちを失い、
足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で打たれます。

しかしヨブは、
そのような中で忍耐し忍耐の末に、
彼は二倍の祝福を受けるのです。

アブラハムも忍耐の末に、
約束の子であるイサクを授かります。

私たちには
理解出来ないような困難や問題が許され、
私たちにとっては長いと思える期間、
忍耐しなければならない時があります。
しかし主は忍耐のための忍耐を
強いるような方ではありません。

忍耐を通して、
主イエスは私たちに
素晴らしい祝福と勝利を用意しておられ、
神の栄光を現してくださるのです。


「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/10/15 12:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック